2016年06月05日 (日) | 編集 |
私たちは公益財団法人どうぶつ基金が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回泉南市のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から4頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。

banner.jpg



2016年5月25日(水)に第31回TNR活動を行いました。

日が暮れる時間が日に日に遅くなり、仕事終わりすぐの捕獲は結構目立つ感じに。とりあえず捕まえれていないサビーズが集まる駐車場へ行くも姿はなく。一旦帰宅して日が暮れてから捜索しようと自宅へ。家に入る前に自宅周辺の猫達の様子を見ている時にMさんから電話が。

今回は元々Mさん組の仔を一緒に連れていく予定だったんですがちょうど今その仔と一緒にいるとのこと。うちの仔達にご飯をあげてからMさん達のところへ。到着すると人懐こくめんこい仔達がお出迎えしてくれました。

そこで猫達にご飯をあげたり様子を見られている餌やりさんとMさんと猫談議。風邪をひいている仔が本当に多くてかなり憂鬱。ご飯は多いけど衛生面や健康面が心配な場所でした。お話をしながらも今回連れていく予定だったキジトラの長毛のメスを捕獲。元飼い猫らしくとても穏やかで人懐こい。キャリーケースに入ってからは時々切なげに鳴いていました。

私の5月分のチケットは残り4枚。私側での4頭の捕獲自体が大変そうなのと前回の情報不足による出産間もない母猫のTNR、そして無計画な捜索で足を痛めてしまっていたので今回はこちらの猫達をTNRさせてもらうことにしました。

さて残り3頭、こちらではそれぞれの猫達の健康状態や性格をある程度把握されている餌やりさんとMさんからどの仔にするか聞き捕獲開始。

まずは生後半年ほどとまさに妙齢のキジトラのメス。お母さんが警戒心が強いらしくこの仔も近くまでは寄ってくるものの手を伸ばすと逃げる。何度か挑戦し捕獲器に入ってくれました。

20160524_191025.jpg

可愛い・・・。まだ小柄ですが半年後にはしっかりとした成猫になっているんだろうなぁ。

お次は初めましての私でもお触りし放題のチャトラのオス。この仔もキジトラ長毛と同じく捕獲器ではなくキャリーケースへ。

あとはMさんのところで怪我しているオスを夜捕獲する予定なので3頭を預かり、夜または明日受け取るということで解散。生後3ヶ月にもなっていない仔猫も多く、今後こちらでもTNRしていきます。

解散して数時間、Mさんより『全頭こっちのん(私よりMさんの方が関わっている仔達)やから明日は私が連れていくよ』とLINEが。たしかに。もし逆の立場だったら私も同じように言ったので今回はお願いすることに。

結局怪我しているオスではなく別のオスを捕獲となり無事4頭を連れていくことが出来ました。

1465007520988.jpg

キジトラ長毛は初期の妊娠の為堕胎となり、全頭コンベニアを打って麻酔が覚めてからリリースしてもらいました。

今回は本当に助かりました。捕獲が難しいのもありますが歩き過ぎて足を痛めていたので捜索・捕獲がいつもより大変になっていたと思うので。年だし体重も落とさねば・・・。

次回6月分のチケットは7枚いただきました。今回のようにMさんと私で交互に病院へ走る予定。最近覗いていなかったB地点などで新しい仔も見かけるのでそこを中心に捕獲していく次第です。


テーマ:動物保護
ジャンル:福祉・ボランティア
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可