2015年11月19日 (木) | 編集 |
私たちは公益財団法人どうぶつ基金が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回泉南市のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から5頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。

banner.jpg



2015年11月11日(水)に第22回TNR活動を行いました。

少し前からの捕獲にかかる時間と気温が下がってきたのを考慮して、今回は前日夕方に捕獲できる仔は捕獲することに。前日夕方、いつものB地点へ。いつもと違う時間帯ですがほぼほぼいつものメンバーの姿が。ほとんどはTNR済み。何度か姿を見かけたサビはおらず。しかし今回はずーっと捕獲できなかったクロネコくんがターゲットです。

この仔は今までのTNR活動でも近づいてきてご飯をねだりますが決して触らせてはくれず、捕獲器の手前のご飯だけ食べて離れるという手ごわい仔。たぶん第13回TNR活動の時に捕獲器で捕獲したものの一度逃がしたクロネコくんではないかと予想。捕獲器の中にいたのは数十秒とはいえ怖かっただろうから今の警戒も当たり前のことですね。

とりあえず駄目元で捕獲器をセットし、この場はいつもご協力いただいている餌やりさんに任せ前回チャシロちゃんを捕獲した小屋へ。ここいるサビをなんとかしたく1時間ほど粘りましたが断念。戻るとクロネコくんが捕獲器に!

その日はクロネコくんのみにし一晩車で過ごしてもらうことに。これから春までは車で一晩待機も可能な気温なので活用していきたいと思います。ただ一点の不安は・・・うんちをしてしまうこと。ペットシーツを敷いてはいるものの狭い捕獲器の中、きっと猫がうんちまみれになってしまうと思うので。

そんな心配をしていたら翌日案の定健康的なうんちをたっぷりしていたクロネコくん・・・。がっつり体についてまっせ~。捕獲器など取れるところは取って我慢してもらうことに。

うんちの処理をしていざ捕獲へ。B地点で捕獲器をセットし、前日捕獲できなかったサビのいる小屋へ。ものの30分ほどで捕獲できひと安心。メスを捕獲できるとかなり嬉しいです。

その後B地点へ戻りましたが収穫無し。今回も行き当たりばったりで探しに行くことに。車で適当に走り猫を見かけたら捕獲器セット→見守る→場所変えを繰り返しまずは1頭捕獲。野良ちゃんとは思えない可愛いグレーシロのハチワレです。

20151111_113020.jpg

グレーシロ捕獲後、餌やりさんから電話が。小屋近くで抱っこできる仔がいるから来てほしいとのこと。急いで小屋へ向かうとジャケットに包まれて抱っこされているであろう猫。ただキャリーケースへ入れる段階でかなり暴れ、結果捕獲できましたが私は指を少し引っかかれ、餌やりさんは顔に見事な三本線の傷が・・・。

餌やりさんには『馴れていても野良猫だから身の危険を感じたら凶暴になる。馴れている仔なら捕獲器でも大丈夫だろうから無理しないでください』と伝えできれば病院で消毒してもらうようお願いしました。

捕獲できたのは小さめのキジシロ。キャリーケースの中では大人しく鳴くこともありませんでした。

今回5頭予約しているのであと1頭!この時点で8時前。なんとか5頭捕獲したく時間ギリギリまで頑張ることに。

ただそこから2時間以上は捕獲器セット→見守る→場所変えを繰り返したでしょうか。捕獲できずそれでも車でグルグルと捕獲範囲を走っているとなんとなく猫のいる場所がわかりいい情報収集になりました。お初のさくらねこも1頭見つけたし♪

結局はグレーシロを捕まえたところで大きなチャトラを捕獲。本当に簡単な時は5分もかからず捕獲できます。しかしこの仔は捕獲器の中で暴れまくり。運んでいる最中壊れて飛び出さないかとヒヤヒヤしました。扉をロックするものを用意せねば。次回は同じ場所でグレーシロの兄弟らしき仔と他に見かけた仔を捕獲できるか挑戦してみるつもりです。

20151111_073859.jpg

5頭捕獲した時点で10時30分。病院までは渋滞などなければ50分ほどですが12時までに持ち込みが必要なので急いで出発。事故や渋滞もなく11時半には病院へ到着しました。白い鼻水を出していたクロネコくんにコンベニアを、他は必要であればとお願いし時間まで駐車場で爆睡。14時半に完了の電話があり引き取りに。

20151111_161230.jpg

サビとグレーシロがメスで妊娠もなし。12月から2月頃までは妊娠の可能性も少ないと思うのでこの期間にしっかりメスを捕獲できたら一番いいですね。コンベニアはクロネコのみでした。

捕獲場所へ戻ったのは16時。この時間でも日が落ちてきています。リリースするとみんなしっかりと走っていきました。

今回も約10時間ほどの長丁場でした。すごく理想的なのは朝6時頃から2時間ほどで捕獲し9時に病院、頭数などにもよりますが2、3時間で手術を終え12時~13時の間にリリース。これだと猫も人もとても楽なんですがなかなかそうもいかず。

まぁ時間がかかってでもできる日にできるだけの頭数をするのが一番なので頑張ります。

10月から再開したTNR活動ですが今回で11月の予定は終了。もしかしたら別のボランティアさんのTNRで1、2頭お願いするかもしれませんが。次は12月に詰め詰めで入れてるのでとりあえずそれまでは休息です。

無料不妊手術チケットがあるとはいえ交通費やレボリューション代など結構な出費には変わりなく大変。それでもチケットがないとそもそもこれだけの頭数をこなすことは無理です。これもどうぶつ基金様のチケット交付のおかげです。もしこのブログを読んで自分自身はTNRはできないけど何か力になりたいと思っていただける方がいらっしゃいましたら、どうぶつ基金様へご寄付していただけたらと思います。小額からご寄付可能ですのでどうかよろしくお願い致します。


テーマ:動物保護
ジャンル:福祉・ボランティア
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可