2015年01月21日 (水) | 編集 |
今日は以前から予定していた職場の野良猫、通称ミケのTNR!

しかし...またもや捕まえられず...。
慣れてきていたキャリーケースにご飯を入れ、食べ始めた隙に横と上の扉を閉めるという寸法でしたが、やはり警戒はしていて後ろ足は外に出たまま。
私の覚悟が足らず押しきられて逃げられました。
その後つかず離れずなのでもう一度ご飯を食べている時にたもを使ってみましたがやはり無理でした。


二度の捕獲で距離をとるミケさん。ジト目が痛い...。

もうミケさんに関しては普段から捕獲できそうな時に捕獲し、なんとか当日か翌日に手術してくれる病院を探そうかと思います。
そうなると良心的な手術費用のところは無理かもですが、一日でも早くTNRした方がいいですしね。

さぁ今日はもう手術予約はキャンセルかなと思ったのですが、せっかくの予約がもったいない!

そこで職場の事務所まわりが終わったら攻めようと思っていた職場の北側に行ってみることに。野良猫が多い職場ですが、北側はあまり行くことがなく現状もしっかりとは把握できていませんでした。

そしてまず最初に見つけた1匹目の野良猫さん。

はじめまして!

捕獲器もないし無理かなぁと思ったのですが...

いきなりのナデナデ催促!

なんとも人懐っこい女の子で早速キャリーケースを持ってきて試しに抱っこしたところ、軽くシャー言われましたがおとなしく捕獲されてくれました。

今日は近隣の動物病院へ。申込書に記入して後は夕方までぶらぶらと。前回の病院もですが、不妊手術をメインとした病院は本当にあっさりと受付が終わりますね。いいとも悪いとも言えませんが...。それとも野良猫だからかな?

引き取りの時間になり病院へ。元いた場所に戻りキャリーケースを開けるとバビュンッと出ていきましたが、数メートル行ったところで麻酔から覚めきらず本調子でないのか若干おぼつかない足取りでこちらに戻ってきて...


ナデナデ催促ー!

TNR活動は猫に嫌われるの上等!だと私は思っています。そりゃいきなり巨人に拉致されて頼まれてもいないのに気がついたら不妊手術済み。憎まれこそすれ感謝されるわけもなく。

しかし今回のこの仔は猫の甘えたがりの部分を詰め込んだような仔でした。

耳先カットは両耳されていました。これは病院によって違うのかな?おぼつかない足取りながらも1メートルの段差を降りたり登ったりとしていたので本日のTNR活動はこれにて終了となりました。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可