2015年07月16日 (木) | 編集 |
私たちは公益財団法人どうぶつ基金が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回泉南市のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から2頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。

banner.jpg



2015年7月9日(木)に第15回TNR活動を行いました。

今回は先月お知り合いになったTNRの先輩MさんがTNRでありす動物病院に行かれるのでうちTNR組を連れていってもらうことになりました。こちらとしてはとても助かる!私がTNRする時はMさん組を預かったりとお互いにしていく予定です。Mさんありがとう!
今月使用可能な無料不妊手術チケットはあと4枚。当日は仕事もある為2頭を予約しました。

朝5時過ぎに継続中の捕獲場所へ。そこまでの道で以前から狙っていたムギワラサビがいたので捕獲器を設置。いつも近づくと逃げるので物陰にしばらく放置する事に。

捕獲場所ではいつも見る仔や仔猫が。なんとか未TNRの仔が捕獲器に入るように場所を変え変えしているとシロクロが入ってくれました。これまた何とも個性的な柄です。

車まで戻ると放置していた捕獲器にも狙いのムギワラサビが入っていました。

20150709_055247111.jpg

ムギワラサビはメスだし絶対妊娠していると思っていたので捕獲できて嬉しかったです。捕まったことで今後警戒してますます人に近づかないようになってくれるといいなぁ。今回も1時間ほどで『T(捕獲)』は終了しました。

Mさんが職場まで迎えに来てくれるので出勤。8時半頃引き渡しましたがMさん組は6頭、うちと合わせると8頭なので引き取りまで結構な時間があると思います。大阪市内なので駐車場代も高いし待ち時間は結構苦です。ご飯でも食べて映画1本でも見たいところですがそれだけで4,000円以上かかるだろうなぁ。夏場はエンジンかけてずっと車にいる訳にもいかないので今後暇つぶしできるスポットを探しておかなければ。

Mさんから連絡があり16時過ぎに落ち合いリリース場所へ。

20150709_163617111.jpg

ムギワラサビはやはり妊娠していました。受け取った胎児が入った段ボールはすごく軽かったので妊娠初期だったのかな。母体への影響が少ないと思うのでそれがせめてもの救いです。

シロクロは麻酔が完全に覚めきっていないようでちょっと瞬膜が。よく見ると綺麗なオッドアイの持ち主でした。

2頭とも元気に捕獲器から飛び出していってくれて安心。いつもどおり捕獲器等の洗浄をし今回のTNRは終了しました。

手術の翌々日にはいつもの場所にムギワラサビを発見。近づくとしっかり逃げてくれました。その後もほぼ毎日見かけるので術後経過は問題なさそうです。


テーマ:動物保護
ジャンル:福祉・ボランティア
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可