2015年07月15日 (水) | 編集 |
私たちは公益財団法人どうぶつ基金が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回泉南市のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から4頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。

banner.jpg



2015年7月8日(水)に第14回TNR活動を行いました。

当初7月3日(水)を予定していましたが当日の暴風雨でやむなく中止。1回でも遅れると残りの休みとTNR日を調整しないといけないのでかなり大変です。梅雨や風のきつい季節は難しいですね。今年1月から始めたばかりなので今年の残りの季節や月ごとにまだ私の知らない問題が出てきそうで不安です。

今回の捕獲場所も前回と同じ。通勤通学者が多いのでこの日は朝5時前に現地へ。それでも5分に1人は散歩される方が通行するので今度からはもっと早くにしようかな。

現地に着くと早速1頭の猫ちゃんが(写真1枚目の左)。細身で小さいので生後半年~1年ぐらいかな?捕獲器をセットしその場を少し離れるとすぐ入ってくれました。その間にもTNR済みの仔や生後2ヵ月ぐらいの仔の姿が・・・。私がまだ出会っていない仔達がたくさんいるんだからそりゃ出産してるだろうけど、実際仔猫を見ると切なくなります。

捕獲できた1頭目を車へ運ぶ際に他の捕獲器もセット。戻ってくると小さな仔猫が1つの捕獲器に2頭入っていました。すごーく微妙なサイズ。今回のありす動物病院さんは850gから不妊手術が可能ですがたぶん生後3ヶ月ぐらいじゃないと適応体重にならないし、ましてや野良の仔、十分な栄養も摂れていないかも。とりあえず車へ運びこの後の捕獲状況によって連れていくかどうか決めることに。

20150708_051441111.jpg

残り2台の捕獲器を未TNRの仔の近くに置いて様子を見ていると新たな餌やりさんと知り合うことができました。しかも食べ残しなどもちゃんと掃除されてる餌やりさんです。猫達の状況や捕獲場所近くまで車を移動できる手段などを教えていただきとても参考になりました。今後も捕獲時に色々とお世話になると思います。

やはり猫達の餌やりさんへの信頼度は高い。お話の間に未TNRの仔が5頭以上ぐらい集まりました。急いで先程の2頭の仔猫を解放し捕獲器を3台設置。サビとミケがいたので優先して捕獲に挑みましたが結果はチャトラ・ミケ・シロクロの3頭捕獲。

20150708_091519111.jpg
みんなかわいーねー(*^◇^*)

捕獲開始から1時間弱で予定の4頭捕獲できました。毎回これぐらい楽だったら・・・。餌やりさんにお礼をし連絡先を交換して帰宅。出発までしばしの休憩。8時過ぎに出発。途中不穏なというか嫌な臭いが・・・。これはおしっこの臭いだと言い聞かせながら運転士9時過ぎにありす動物病院に到着。タオルをめくると、あちゃー(ノ∀`) TNR初のダップンダをされておりました。軟便なのは普段からか緊張からか。隣りの仔は車酔いかダップンダの臭いのせいか少しだけ嘔吐してました。

ありす動物病院では先月からどうぶつ基金の無料不妊手術チケットを使用する際にはレボリューションが必須となったので全頭分のお願いと、シロクロは猫風邪で鼻がグジュグジュだったのでコンベニアを、あと他の仔は妊娠していた場合と獣医さん判断でのコンベニアをお願いしました。

引き取りの電話が来るまでは保護しているシャム氏を一犬猫病院へ連れていき3種ワクチン接種。あとは車にETCを付ける為にオートバックスへ。これで高速も快適になります。

引き取りOKの電話があったのでありすへ。1頭が妊娠していた為堕胎となりました。お会計をし泉南へ。

20150708_142534111.jpg

リリース時確認すると4頭中3頭がメスでした。ラッキー♪捕獲場所に車は入れないので数十メートル離れたところに1頭ずつリリース。麻酔が少し残ってて足取りがおぼつかない仔もいましたがみんな元気に戻っていきました。リリース後捕獲器やタオルを洗ってやっとTNR終了です。

今の季節は捕獲してからエンジンをかけていない車に数時間放置するのも難しいですし、エンジンをかけていてもみんながいるトランク部分までクーラーの冷気が行き渡らないので気分が悪くなったり熱中症の危険もあります。しかも捕獲器には薄手ですがバスタオルをかけているので尚更です。今後は保冷剤を上に置いたり色々工夫してTNRしていきます。


テーマ:動物保護
ジャンル:福祉・ボランティア
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可