FC2ブログ
2017年12月25日 (月) | 編集 |
私たちは公益財団法人どうぶつ基金が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回泉南市のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から1頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。

banner2.jpg



2017年12月20日(水)に第54回TNR活動を行いました。12月はどうぶつ基金様より無料不妊手術チケットを1枚いただくことができました。どうぶつ基金様、ご寄付いただいた皆様ありがとうございます。

12月もいただけたチケットは1枚。どうぶつ基金さんの予算の関係もあるかもしれませんが発行枚数が少ないのは申込み先の病院が受け入れ数の制限をかけているよう。だから別の病院にすればもっと発行されるかもしれませんがどうしてもありす動物病院がいいんだよなぁ。しかし新入りのオスや新しい親仔も見つかっている状態。2月からは大阪ねこの会さん主催の『やるで!大阪さくらねこプロジェクト!』に申請しようと思っています。1月に開催されるか12月上旬にHPをチェックしてたけど更新されず。なんやかんやで応募期間が過ぎた後にチェックしたら1月も開催されるという・・・応募したかったなぁ。2月分は忘れずに応募せねば。

まずチケット分の仔を捕獲する前にご相談いただいていたKDさんのお宅へ。お父さん猫とメスの仔猫がいるとご連絡いただき私でお手伝いできることをお伝えしました。その後ご自宅へ入れる前提でKDさんが動物病院に連れていきウイルス検査をしたところエイズが陽性。すでに先住猫も2頭いて気難しく年齢もいっているようなので残念ながら受け入れは断念されTNRすることに。

19日の夕方にKDさん宅へ伺うとKDさんと猫ちゃんの姿が。しかし私が近づくと逃げてしまう為捕獲器を設置し5分もせず入ってくれました。

20171219_184232.jpg
絶賛イカ耳警戒中!

少しお話させてもらいましたがご自宅に来られる野良猫ちゃんのことを考えられていて嬉しい。猫と暮らしていても野良猫はどうでもいいという人も多いし自宅の猫さえ大事にしない人もいるし。手術費用と支援物資(ありがとうございます!)を受け取りキジトラちゃんをお預かりして私のほうの現場へ。

12月もチケットは1枚だろうなと予想してたので連れていく仔は決めていました。いつものB地点に夏から秋に新入りさんが数頭加わりその中に生後2、3ヶ月のキジシロの姿も。その仔はB地点から少し離れたところで生まれた仔のよう。第53回(2017/11/15)経費でどなたかがTNRしてくれていた尻尾が真っ直ぐなほうのキジシロちゃんと姉妹だと思われます。初めて会ったのは10月中旬だったかな。出会った当初はご飯を置いても常にこちらを警戒しながら食べては逃げを繰り返していましたが12月中旬には私を見つけると走ってきてすぐ目の前で食べて撫でたりお尻トントンできるぐらいにはなっていたのであとは捕獲日に会えるかどうか。

B地点に行くとキジシロが一番にお出迎えしてくれたー!しかしすぐ他のTNR済みの仔達もワラワラと集まり捕獲器をセットしても肝心のキジシロが捕獲器に辿り着けないような状態。いつもどおりご飯を置いて食べている時に抱っこして捕獲する作戦へ。しかしまずは試しにと軽くおなかを抱えて下ろしたのが悪かったのかその後撫でてもすぐ引いたり猫パンチしてきたりと少し警戒するようになってしまった・・・。これ以上警戒させるのはマズイと思い一気に抱っこして捕獲することに。結構暴れましたがキジシロも私も怪我することなく捕獲できました。

20171219_195422.jpg

警戒してても可愛いよ~。生後4ヶ月以上は経ってると思うんだけど結構小さい。車に運ぶまでは暴れていたけどそれ以後は鳴くこともなく大人しくしていました。

そして今回もいただいている寄付金でもう1頭TNRをと別の現場へ。母猫と5頭の仔猫がいるのを見つけ前回オスのシロクロの仔猫をTNR。今回はミケのメスを連れていきたいと思っていました。現場へ着くとチラホラと仔猫達の姿が。私より以前からご飯をあげてくれている方がいらっしゃるようですが私のご飯も食べてくれるぐらい食べ盛りな時期。まずは捕獲器で1頭捕獲できてからご飯をあげることに。

前回母猫含め6頭いるところで捕獲器を作動させたので警戒して全く近づいてきてくれないかもと思いましたがやはり食欲が勝るのか2頭ほど捕獲器の周りをウロウロ。捕獲器の入り口や真ん中のご飯をくわえて出てはまた入りを繰り返し。しかしミケが興味津々で積極的だから少し期待しながらもその場を離れて待機。しばらくして捕獲器が作動する音がしたので見にいくと無事1頭入っていました。

20171219_202924.jpg
念願のミケ!可愛い!

ほぼメスで間違いないミケが入ってくれてよかった~。ただまた数頭の前で捕獲したから今後の捕獲に影響が出ないか心配。車へ運ぶと赤ちゃんのような小さい声で鳴いていました。

これでこの日の捕獲は終了。とてもスムーズで助かった。もうかなり寒いので私自身も待機できる限界が来るだろうし猫達がご飯を食べ終わって引くタイミングも今までより早いだろうから。この後hibinecoシェルターへ行って猫達と遊んだり爪を切ったりして帰宅。

翌日7時某所へ。上記のKDさんと同時期にご相談いただいていたTNさんがおり職場内や職場周りでいるメス2頭オス2頭のTNRを考えられていたそうで伺うといたのはメインクーン・・・。あまり詳しくお聞きしなかったので純血かどうかわかりませんがメスでも結構な大きさでした。

あらかじめ建物内のケージに入れてくれており、チャシロの母猫はおっとりな性格だったので捕獲器へ誘導し難なく入ってくれました。次は娘のチャイロの仔。ただ私を警戒しており他にもオス2頭が建物内で忍者のように逃げ惑いチャイロを捕獲器に誘導できず。そんな中オスだと思っていた小さいチャシロの仔はメスだったようなので最悪この仔を連れていきましょうと計画変更したものの捕獲器はあと1台しかなくチャイロはキャリーには入ってくれないだろうからとまずはチャイロに集中。3頭をバラけさせたりと苦労しましたが無事チャイロを捕獲。その後小チャシロは警戒心<食欲だったのでキャリーで捕獲できました。

20171220_094043.jpg

捕獲前に画像を撮っておけばよかった。とても綺麗な仔達です。母チャシロが4、5才、チャイロが生後6ヶ月、小チャシロは生後4ヶ月ぐらい?ややしいけどチャイロは一世代前に生まれて小チャシロは妹みたい。ちょっと時期がおかしいけどもっとちゃんと聞けばよかったな。小チャシロのお父さんは普通の日本猫みたいでお父さんの血が濃く出て短毛のよう。しかしこんな仔達がほぼ野良生活・・・。たまになんでこの仔が野良猫なんだろうという柄や猫種の仔を見かけますがこうやって純血の血がつながっていくんだなぁ。

計6頭を連れてありす動物病院へ。うちのTNR組含め全頭いつもどおりコンベニアor3種混合ワクチンをお願いしてゆっくり休憩。完了の電話をもらって15時過ぎに引き取りに小チャシロ、やっぱりオスでした。私がタマタマを見落としてメスだと思ったらやっぱりオスだった。でも今回オスだと連れていく予定ではなかったので勘違いしてよかったかも。

そして母チャシロちゃん、妊娠してました。しかも8頭も。妊娠初期とのことで堕胎した仔達が入った段ボールも重みを全く感じないぐらい軽かった。しかし8頭も出産となっていたら母チャシロはとてもしんどいだろうしもし生まれていたら里親探しやTNRも大変だっただろうな。8頭もの命を奪ってしまったのはいつもながら辛いと思う資格はないけど辛いもんは辛い。

幸い全頭コンベニアを打つような状態ではなかったので3種混合ワクチンを接種。術後の様子も大丈夫そう。お会計を済ませ泉南市へ着いたのは夕方。夜TNさんとKDさんのところへ猫達を引き渡しに行き翌朝リリースをお願いし帰宅。

20171220_185400.jpg
TNさん組

3頭とも元気でご飯もしっかり食べていたそう。後日捕獲器を引き取りに行った際に綺麗なミニシクラメンをいただきました。ありがとうございます!玄関に飾ってます。さらに寄付金もいただきました。本当にありがとうございます。また12月の収支報告で改めてお礼とご報告させていただきます。

20171221_201700.jpg
KDさん組

リリース後また戻ってきてくれるか心配だったそうですが夜には母猫と一緒に戻ってきたとのこと。可愛い!私へ向けていたイカ耳警戒顔はどこへやら。母猫はとても警戒心が強くたまにしか会えないそうでTNRは難しいかもしれませんが何かあればご相談に乗りますので。そしてKDさんからも寄付金をいただきました。本当にありがとうございます。KDさんの分も同じく12月の収支報告にてお礼とご報告させていただきます。

私のTNR組は翌朝出勤前に捕獲した場所でリリース。2頭ともしっかりと走っていきました。キジシロちゃんはその日の夜の現場回りにていつもと変わりなく走ってきてくれました(下記写真)。ミケちゃんはまだ姿を見れていませんので今後の現場回りでしっかりと確認したいと思います。

20171221_200127.jpg

実はこのキジシロちゃんの姉妹であろう仔がこのB地点から左右2、300メートル先にそれぞれ1頭ずついます。尻尾が真っ直ぐなキジシロちゃんともう1頭はミケちゃんでこちらもたぶん同じ方がTNR済み!しかしテリトリーの関係かこの2頭はそれぞれ常に1頭で過ごしているようで不安。キジシロちゃんはご飯時に他の成猫が来たら今は喧嘩せずにいるけど現れる時は草むらから常に1頭だけで走って出てくる。ミケちゃんも植木の下に常に1頭でいて周りには寒い夜でも寄り添えるような仔は他にはいなさそう。キジシロちゃんはもう私に馴れているけどミケちゃんは近いけど常に触れない距離を保ってるのにずっとミーミー鳴いてて辛い。生後4ヶ月ぐらいだと思いますがこの冬を越えれるのか心配。今後の様子次第で保護も検討しなければいけないのかなと。

後日捕獲器とキャリーを引き取り洗浄。全頭うんこテロがなくてよかった。最悪6頭うんこする可能性もあったから内心ビクビクしていました。でもほぼ二晩出てないってことはうんこしたくても我慢してたりストレスで出せないってことですよね。そこは本当に申し訳ない。可能であれば手術日当日朝に捕獲できたらいいんですがそれはそれで捕獲から時間が短すぎて体調面が見れなかったり最悪捕獲できず活動中止など色々と問題が。TNR活動に関してはどこかに何かしらの我慢や問題は出てしまうものだと思うので極力猫達に負担がかからない方法を探していけたらと思います。



 
テーマ:動物保護
ジャンル:福祉・ボランティア
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017/12/27(Wed) 15:05 |   |  #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017/12/31(Sun) 00:38 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可