2017年06月08日 (木) | 編集 |
私たちは公益財団法人どうぶつ基金が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回泉南市のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から3頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。

banner2.jpg



2017年5月31日(水)に第49回TNR活動を行いました。5月はどうぶつ基金様より無料不妊手術チケットを3枚いただくことができました。どうぶつ基金様、ご寄付いただいた皆様ありがとうございます。

5月は予定していた3日の捕獲日である2日は捕獲できず、次の10日も8日にムギチャを保護し翌日病院へ連れていく為キャンセル。17日は病院が休みで次の24日の捕獲日である23日は職場にたまに現れる仔の捕獲に失敗し他も捕獲できず、結局ギリギリの31日なってしまいました。

今回はいつもの餌場にいる固定メンバー以外の仔を予定していました。やっぱり餌場なので匂いに釣られて普段は見ない仔を何回かに一回見ることも増えてきました。その見かける固定メンバー以外の仔もいつも同じ仔なので毎日来てるのかも。ただ固定メンバーには受け入れられていないからみんながいない隙を見てきてるのか会えることがそんなに多くありません。こういう会えるかどうかわからない仔をTNRするって計画性がなくて駄目なので今後は控える予定です。

案の定2日も23日も会えずでチケットは残ったまま最終日に。このままだとチケットが無駄になってしまうので別の場所の仔をTNRすることに。職場関係者の方の仕事場にいつも猫が来るそうで4月に一度見に行ったりもしました。その時に明らかに妊娠してる仔がいたんですが、そのすぐ近くにあるお宅に出入りしてる仔とのこと。お庭でご飯をあげているようでこの時に関係者の方にそのお宅に話をつけてもらうよう言っていたらよかったのに逃げ腰になってしまい言えず。

結局1ヶ月経って今回そこでTNRすることに。25日に関係者の方にそのお宅のことを聞き口添えしてもらえないか相談するとご近所でいい方だし問題ない、話しとくとおっしゃっていただきました。翌日全く問題ないし逆に助かると言ってると聞き、なんで4月中に勇気を出して言わなかったんだろうと後悔。私も含め餌やりさんは厄介な人が多いので逃げてしまったけどいい人や話のわかる人もいるんだし、結局関係を持つなら早く持っていたらいい話なのにね。

そして捕獲日の5月30日の夕方、今回の現場へお邪魔すると小学生の女の子がお庭にいました。ご近所の子で自由に出入りできるみたい。その先には灯篭に入った1頭の仔猫が。仔猫と遊んでいたようでその仔猫を残りの仔達のいる所に一旦戻してもらいました。

20170530_173446.jpg
ほわぁ~!きゃわいい!

6頭おりみんな健康状態もよさそうでした。歯も生えており生後1ヶ月といったところか。いっちょまえに可愛い威嚇と空気砲を打つ仔もいましたが母猫を待つ間捕獲用のご飯をあげると尻尾を震わせながら食べていました。その後は威嚇なし。そして母猫登場。

20170530_174513.jpg

君も可愛いね~♪グレーというかシロクロ混じりというか不思議な毛色。ちょっと警戒していましたがご飯をあげるとすぐゴロニャン。グレー母猫の前で仔猫達を触っても起こりませんでした。

20170530_180419.jpg

女の子に抱っこしてもらって母猫のおっぱいチェック。仔猫達はまだまだおっぱいメインなのかな?

グレー母猫を見ていたらこのおうちのKさんご夫婦が来られ今いる猫の状況などお聞きしました。最近までもっといたが少し前に7頭ぐらい一気にいなくなったそう。もしそれがオスなら発情期のメスを求めて旅に出たのかなとも思いますが性別は把握できず。そして他にも仔猫と母猫がいるとのことで仔猫の元へ。

20170530_175605.jpg

物陰に隠れていた仔猫。グレー母猫の仔達よりひと回りほど大きく生後1ヶ月半ぐらい。こっちは3頭いるらしいですが全頭警戒心が強くすぐに逃げていきました。母猫は不在。

思ったより成猫が少なくこの2頭の母猫以外は夜にならないと来なさそうなのでまたKさんご夫婦とおうちの前に座ってお話。このおうちの周りは空き家も多く猫の出入りも多いそう。つい庭先でご飯をあげてしまい今更やめれなくてと悩んでいたと。ならせめて増えないように不妊手術すればご近所にも迷惑をかけることを少なくなるし特定の仔が定着すれば新しい仔が来ることも少なくなる。その協力はできるのでとさせて下さいとお話ししました。

そんなこんなで待っていると3頭の母猫が。

20170530_175745.jpg

こんにちは~。とても小さいキジトラ母猫。足や尻尾が濡れている・・・。なんでもこの仔はいつも溝を通っているそう。比較的綺麗な溝ですが自分から入っていくってすごいなぁ。

20170530_181858.jpg

ご飯をあげると可愛い声で催促。座る私の膝に登る勢いで何度もねだってきました。その後はKさんご夫婦にはもし夜にこの2頭の母猫以外に捕獲できなかったら翌朝2頭を捕獲して夜リリースしますとお伝えし、他の猫が現れるまで近くの職場関係者の方と日が暮れるまでお話し。

実はキジトラ母猫を待っている間にグレー母猫にそっくりな仔を発見したんですが左耳にVカットらしきものが。警戒心が強く近寄れず屋根の上に登ったりでしっかりとは見れませんでしたがたぶん手術済み。しかし左足に怪我をしてたので心配ですが。

20時頃にKさん宅へ行くも他の猫の姿はなく。上記にも書きましたが思ったより猫がおらず拍子抜け。というのも6月はどうぶつ基金のチケットをいただけなかったのでいっぱいいたらどうしようかと思っていたので。結局その後はオスらしき仔を1頭見かけましたが捕獲できず。いつもTNRしているA地点やB地点へ行くもおらず。翌朝に持ち越しに。

翌朝まずはグレー母猫の元へ。

20170531_081516.jpg
あら、

20170531_081530.jpg
昨日のおばさんじゃない♪

グレー母猫はおらず仔猫達だけ。6頭寄り添って寝てました。まだ夜から朝は寒いもんねぇ。仔猫達にa/d缶をあげると美味しそうにムシャムシャ。しかしこの仔達どうしようかなぁ。どうしようっていうか現時点では何もできないんですよね。ムギチャもいるし私が保護するのは無理だし里親募集するにも病院で検査などしてまたここへ戻すというのも無理で。かなり悩みどころです。

キジトラ母猫の姿もなくまだ出発のタイムリミットまで2時間ぐらいあるけどどっちも現れなかったらやばいな~と思っていたらすぐにグレー母猫が。捕獲器を置いてご飯をあげているとキジトラ母猫も。2頭は仲がよくないみたいでちょっとした小競り合いをしてました。

2頭現れてくれたのはいいけどどちらかが捕獲器に入って捕まったところを見ると片方が捕まえられないかもと内心冷や汗。この2頭なら仕掛けを作動させなくてもご飯で誘導して手動で扉を閉めれると思っていたのでまずは2頭を引き離すことに。

20170531_082417.jpg

車へもう一つ捕獲器を取りに戻るとグレー母猫だけ着いてきてくれたので捕獲開始。すぐに捕獲できました!そしてキジトラ母猫もすぐ捕獲。

20170531_082515.jpg

2頭ともとても鳴いていましたが暴れることなくとてもいい仔でした。

さて心配なのは仔猫達。少なくとも10時間以上は母猫がいない状態になります。なぜ10時間以上かというと5月8日に保護したムギチャも去勢手術することになっており予約の関係でムギチャは天神橋バンビの森どうぶつ病院さんで手術なので引き取りが18時以降。なのでどうしてもこっちに戻ってくるのに10時間以上は空いてしまうのでした。

キジトラ母猫の仔猫達は警戒心も強く生後1ヶ月半は経っているのでそこまで心配しなくても大丈夫そう。ただグレー母猫の仔猫は警戒心より好奇心が強く1頭でもガンガンいろんな所へ震えながら歩いていくので半日母猫なしはかなり不安。検討した結果・・・

20170531_091429.jpg

帰ってくるまで大きいタイプの捕獲器の中で過ごしてもらうことに。Kさん宅に犬用ケージもあったんですが柵の間から出れそうな感じだったので。他の猫やタヌキ、カラスや蛇が心配なのでちょっと窮屈ですが我慢してもらいます。キジトラ母猫の仔猫達にもご飯を置いておきました。

無事2頭を捕獲したもののチケットはまだ1頭分残っていました。昨日のTNR済みと思われるグレーとオスっぽい仔が現れましたがどちらも近寄ってこず捕獲もできず。結局最後まで捕獲できずいただいたチケットを1枚使用できずとなってしまいました。

渋滞や事故もなく11時頃にありす動物病院へ到着。授乳中のワクチン接種はお勧めではないようなので小さい怪我が絶えなさそうなグレー母猫にはコンべニアを、キジトラ母猫は状態を見てワクチンかコンべニアのどちらかをお願いし次は天神橋バンビの森どうぶつ病院へ。

とてもいい病院なのでもちろん混雑気味。30分以上待って診察室へ。保護のことや検便は問題ないが軟便気味であることを伝えて術後に抗生剤とビオフェルミンを処方してもらうことに。ムギチャを見て『男の子なんですね~。この毛色で珍しい』と。三毛猫のオスまではいかなくてもムギワラ(サビ)はやっぱりあまりいないんですね。そして背と腹で二色(二柄)になっていることも『アビシニアンの血が入っていたりするとこういう半分に分かれることあると思います』とのこと。初めて見た時シンガプーラに見えたしなんとなく洋猫っぽいしね。

ムギチャを預けあとは時間まで暇つぶし。ありす動物病院からは12時半に電話が。預けて1時間半、さすがです。しかしすぐに引き取りに行ってその後暑い車で待機させるのは無理なので引き取りに行ったのは16時。2頭ともしっかり覚醒してました。キジトラ母猫には3種混合ワクチンを接種したとのこと。

お会計を済ましお次は天神橋へ。引き取りまでまだ時間があったので近くのネカフェへ。18時に病院へ向かうもやはり混雑気味。30分ほどで先生がムギチャを連れてきてくれました。手術は14時半頃にしたそうですがキャリーケースの中のムギチャは麻酔が抜け切っていないようで意識朦朧。お薬をもらいお会計し急いで岐路へ。

20時にKさん宅へ到着。まずはグレー母猫の仔猫達の所へ。仔猫達の前でリリースしましたが走っていってしまいました。仔猫達を段ボールへ移してご飯をあげ次はキジトラ母猫。この仔はリリース後すぐに寄ってきてご飯をねだってきました。

20170531_200612.jpg

a/d缶をガツガツ食べ仔猫も3頭ともおり一緒に食べていました。しばらくグレー母猫を待ちましたが帰ってこず。Kさんご夫婦に朝までには帰ってくると思う、私も明日仕事が終わったらもう一度伺いますとお伝えし自宅へ。

自宅へ帰ってムギチャをキャリーケースから出すもフラッフラ。ご飯をあげるも食べず。しばらくしてちゅーるを舐めてくれましたが全部吐いて水も吐いて。翌日も食べずで術後は下痢でお尻もただれてしまいかなり心配な状態に。金曜は代休をもらい午前中に病院へ行き点滴と抗生剤・吐き気止めを注射してもらうとその日の夜から少しずつ食べてくれるようになりました。現在は手術前より食に対して貪欲になり体重も増加中です。

TNRの翌日、仕事が終わってからKさん宅へ。お庭へ行くとグレー母猫と仔猫達の姿が。戻ってきててよかったー。

20170601_173955.jpg

一発シャーと威嚇されましたが寝床の段ボールの所へ行きご飯をあげるとゴロニャン化。

20170601_174957.jpg

Kさんご夫婦によると朝には帰ってきていたそう。みんなこの日も食欲旺盛。ただグレー母猫はレボリューションしたけど仔猫達にはノミがいるのでどうしたものか。まだフロントライン等もできない年齢だし、フロントラインスプレーやシャンプーはハードルが高いしで悩みが尽きません。

お次はキジトラ母猫と仔猫達の所へ。

20170601_174230.jpg
あ、昨日のおばさん!

もぉ、この仔はまた足濡らしてからに。キジトラ母猫は元々ゴロニャンなのですぐに寄ってきてくれました。仔猫達は一瞬で軒下へ避難。4頭分のご飯を置いて様子見。

20170601_175059.jpg

やっと3頭の全貌が明らかに。キジトラ2頭とクロネコ1頭。隙を突かないと姿が見れないのでいい警戒心です。

Kさんご夫婦にまた7月にこの仔猫達をTNRできるようであればしますとお伝えし、今回のTNR活動は終了しました。

5月は計画性のなさからいただいたチケットを初めて使い切れず返却となってしまいました。大変申し訳ございません。今後はこのようなことがないよう気をつけます。あと前述しましたが6月はチケットをいただけませんでした。審査に通らなかったのかなぁとへこみましたがいつもお願いしているありす動物病院さんが6月は長期休診されるとのこと。なので6月のチケット申請時にありす動物病院を選択した人はもしかしたらチケット発行がなかったのではないかと。申請時に選択できたので申請締め切り後に休診が決定したんだと思います。

いつもの現場のメンバーもほぼ固定でたまに新しい仔を見る程度なので6月はチケットの発行がなくて逆によかったと思っていたんですが、この記事を書いている最中にA地点で悩ましいことが色々起こっておりやっぱりチケット欲しかったなとなっております。6月は妊娠していたどうしても6月中にTNRが必要な仔がいたら寄付金でTNRさせていただこうと思っています。いなければちょっとお休み期間に。

そして7月のチケット申請時にはありす動物病院が選択できなかったので天神橋バンビの森どうぶつ病院を選択。7月には今回のグレー母猫やキジトラ母猫の仔猫達は手術できる大きさになっていると思うので可能であれば一気にTNRしたいと思っています。



 
テーマ:動物保護
ジャンル:福祉・ボランティア
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017/06/09(Fri) 11:39 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可