2017年05月14日 (日) | 編集 |
3月21日に捕獲できず約3週間後に再会した時にまさに臨月を迎えていたチャトラシロ。次こそ捕獲できなかったら出産するという状況だったので急遽4月19日に手術予約を入れました。

20170321_175751.jpg
捕まらないからね!

手術予約日前日の4月18日。よく見かける時間帯に現場へ。4月14日は見かけたものの判断を誤ってその場を離れてしまいその後会えずでしたがこの日はいてくれました!息子だと思われる同じチャトラシロジュニアと一緒でしたがジュニアが母チャトラシロにスリスリしにいくと毎回威嚇。もう次の仔を妊娠しているから母は仔離れしたけどジュニアは母離れできていないよう。

20170418_194449.jpg

そして早速捕獲器を設置するも画像のように絶対に捕獲器の手前までしか来てくれない。でもおなかは空いてるから私の近くにはいるけど2メートル以内には近寄らせてくれず。捕獲器を放置して車で待機するも車のそばで出てくるのを待ってるし。

やっぱりこの仔は捕獲器では無理な仔なんだなぁと絶望的に。捕獲器での捕獲を諦めて、というか捕獲自体ほぼ諦めて今後の為に残りのご飯をちみちみあげること数十分、手を伸ばせば触れれる距離まで近づいてくれるように。

20170418_201353.jpg

右がジュニア。パッと見では見分けがつかないですがジュニアは尻尾の途中がひしゃげているというか平たくなってて少し特徴があるので遠めでも判断できるようになりました。母チャトラシロは目の前にご飯を置いたらその場で食べてくれてる状態。

思いの外近くに来てくれるようになりちょっと光が差したんじゃないかと思いましたが今度は私の準備不足。買おう買おうと思いながらも先延ばしにしていたタモ網、もちろん買ってませんでした。現場から3分の釣具屋へ行くもドデカイ数万円の物しか取り扱っておらず。職場に小さいのがあったことを思い出し職場へ。網部分は直径30センチなのに竿部分は2メートルという捕獲には不向きなタモ網でしたがないよりはマシと急いで現場へ。まだいてくれたので試してみたもののもちろん入らず・・・。

『こんなチャンス滅多にない、というかもうないのに。いつ帰ってしまうかわからんしどうしよう』と悩んだ末、毛布をかぶせて捕獲する方法に。かぶせることはできましたが彼女が毛布から這い出る前に四方を押さえることができずやっぱり失敗。問題ないサイズのタモ網があれば絶対捕獲できるという状態だったので本当に私はバカだなぁと。さっきの毛布をかぶせられたのはやはり怖かったようで数メートルの距離をあけられるようになってしまいました。

希望のタモ網が売っている所へは往復で50分ぐらいですが買いに行くことに。こんな失敗をして手遅れになってから買いに行くんだったら最初から行けよと自分を罵倒しながら現場に戻るともちろん2頭ともおらず。結構ご飯もあげてたし1時間近く待ってくれるわけもなく。

おなかいっぱいでいなくなった仔を探すのは無理なので翌朝の一発勝負に賭けることに。

翌朝昨晩と同じ現場へ行き20分ほどウロウロしながら待っていると遠くにチャトラシロの姿が。

20170419_093543.jpg

尻尾を確認すると母チャトラシロ。私の姿を確認すると母チャトラシロのほうから道路を渡ってこっちに来てくれました。しかし私への不信感が残っていてまた2メートルぐらいの距離で付かず離れず。ご飯をあげてちょっとずつ警戒心を緩めていく作戦に。

20170419_093814.jpg

おなかが空いてるのか這うような低姿勢で植木から出てご飯をつまんで植木へ。その後も植木→ご飯→植木を何度も繰り返しました。

20170419_094155.jpg

ご飯をあげつつ何とも言えない違和感・・・。

20170419_094530.jpg

違和感・・・というか現実を受け入れたくない・・・。

20170419_094607.jpg

アウトー!普通の体勢で歩いたら一目瞭然でした。昨晩の捕獲失敗から朝までの間に出産したようです。出産してしまったんならしっかりと育ててもらってその仔達が生後3ヶ月ほどになったら母チャトラシロも含めて一斉にTNRできたらと考えています。

ただ今回の出産に関してはもしかしたら元々この日に生まれる状態だったのかもしれないけど、私が毛布をかぶせて驚かせたりストレスを与えたことによってもしかしたら予定より早く出産したのかもとちょっと考えさせられることに。ハッキリ言っていつ生まれてもおかしくない状態だっただろうなとは思っていますが私が要因である可能性も捨てきれず。あともちろんですが赤ちゃん猫達の安否は確認できておらず。どこか安全な場所で育てていたらいいんですが。

しかし昨晩捕獲できなくて良かったと心から思いました。もし捕獲器でもタモ網でも捕獲していたら翌朝捕獲器の中で出産済みとなっていた可能性が高かったから。人懐こい仔なら母仔含めめちゃくちゃ大変ですが自宅で保護することはできたと思います。ただ微妙ながらも警戒心があるこの母チャトラシロだと自宅での保護は無理だし捕獲器の中でそのまま数日保護というのも無理。かといって現場でリリースしても赤ちゃん猫達を育児放棄する可能性もかなり高く・・・。

そう思うと本当にもっともっと早くTNRできていればと後悔ばかりですが次に活かしていくしかないですね。

出産後5日間ほど連続でご飯をあげることができたのでおなかの状態を見れていたんですが警戒して低姿勢の為乳首等は確認できず。でも結構おなか自体が垂れた状態だったのでお乳で張っていたと考えていいのかな?以前赤ちゃん猫達の安否がわからないのと寝転んだりしてお乳の状態を見せてくれないのでこればっかりはわかりません。

20170503_194459.jpg

出産から半月後の母チャトラシロ。出産数日後の時よりすこしおなかの垂れ具合が収まってきたように感じますがいいことなのか悪いことなのか。あと2ヶ月ほどして元気な仔猫の姿が見れるよう祈りながら母チャトラシロの様子も見ていけたらと思います。



 
テーマ:動物保護
ジャンル:福祉・ボランティア
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可