2016年11月08日 (火) | 編集 |
私たちは公益財団法人どうぶつ基金が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回泉南市のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から3頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。

banner.jpg



2016年11月2日(水)に第41回TNR活動を行いました。11月はどうぶつ基金様よりさくらねこTNR不妊手術無料チケットを5枚いただくことができました。どうぶつ基金様、ご寄付いただいた皆様ありがとうございます。

11月1回目のTNR。今回も以前から捕獲できていない仔を継続と新しい仔を捕獲予定で挑みました。

今回のTNR予定日から一週間ほど前、いつものB地点の様子を見に行き缶詰をおすそ分けしていると上の方から声が。見上げると木に登っているチャトラが。見たことがない仔で耳先Vカットもありませんでした。缶詰あげるよ~と地面付近に差し出すと3メートルほどの高さを降りようとしては落っこちかけ登りまた降りを繰り返し何とか地上へ。しかしいつものメンバーを威嚇したり威嚇されたりなのでつい最近このB地点に来たよう。その後はB点で見かけることはありませんでしたが捕獲日の前日にB地点から少し離れたところでまた見かけました。が、やはりそこにいる別の仔とうなり合い。

別の場所から流れ着いたのかなぁ、うまくやっていってくれないかなぁと心配ながら捕獲日にこのままいたら捕獲しようと決めました。そして捕獲日、前日に見かけた場所へ行くとチャトラではなくキジシロの姿が。

この仔は私がTNRを始める前からいる仔。餌やりさんにご飯をもらっているのである程度定位置が決まっていてよく見かけていました。撫でさせてくれる仔なので過去に2回捕獲を試みましたが捕獲できず。以前は風邪をひいて顔が汚れていましたが今回は綺麗。良かったよぉ。そしていざ3度目の捕獲に挑戦。

以前から捕獲器には入らない仔だったので今回も抱っこで捕獲することに。美味しいご飯をちょびちょびと与え試しに持ち上げてみるとすんなり。これは大丈夫そうだと大きい捕獲器を縦に置いて上から入れることに。しかし道路の反対側に行ってしまいこっちに戻るよう促すも戻ってくれず。仕方なくバスタオル越しに抱っこし道路を横断して捕獲器へIN。暴れることなく捕獲できました。

20161102_085113.jpg

数年野良生活を送っている仔らしい風格と風貌ですが実際はおっとりののんびり屋さんです。

しかしこの仔、耳先Vカットはないものの不妊手術済みではないかと少し思ってもいました。発情出産シーズンを含め1年の間に1ヶ月ぐらい連続で見かけないこともあったんですが母親特有の気難しいところを見たことがなかったのと、以前同じような状況のミケを捕獲しようとした時に耳先Vカットはないけど不妊手術済みらしいという情報をいただいたこともあり。ただこのままでは私以外の人がTNRする可能性もあるのでここは真偽を確かめる為にも連れていくことにしました。

キジシロを車に載せ例の新入りチャトラを探していると車のすぐそばに来ていました。改めて顔をしっかり見たんですが可愛い・・・。生後1年未満か小柄な成猫か。初めて会った日にメスだと確認できていたので優先的にTNRをしたかったので捕獲へ。捕獲器を前にしても人懐こいままで逃げず。そのままスルッと入ってくれたので仕掛けを使わず手動で扉を閉めて捕獲完了。

20161102_085125.jpg

可愛い。画像は撮影翌日朝のものですが人懐こく人を信用してる仔って捕獲直後でもこうやって捕獲器の手前まで躊躇なく来るんですよね。なんでこんな仔が野良なのか。そしてこの仔、アメショ寄りみたいで顔が横に長いタイプ。だから余計に可愛く見えるんでしょうね。

おしゃべりなチャトラを車に載せいつものB地点へ。しかしこの日はTNR済みの仔が数頭いるだけでお目当てのサビは現れず。次に先月新たに出会った母猫と仔猫数頭がいる場所へ行くもそこも空振り。私自身の風邪による体調不良も続いていたので今回はこれでいいかと思いましたが念の為A地点へ。

ここは私がTNRを始めた頃は十数頭、もしかしたら30頭近くいたんではないかという餌やり場でしたが今はその時の半分以下。私が知ってる仔も少しずつ場所を移動しているようですが全く見かけなくなった仔も多数・・・。ここ数回のTNRでも覗きに来たりはしていたんですが未TNRの仔を見つけることができていなかったので今回は缶詰の差し入れでもと。

着くとどの仔も姿もありませんでしたがすぐに草むらからTNR済みのミケちゃんが2頭。すると小さな声がするので振り返ると生後半年前後と思われるキジトラが。すごく可愛い顔です。これまた人懐こいのなんのって。足にまとわりつき用意した捕獲器にもスリスリ。この仔も仕掛けを使わずに捕獲。

20161101_193253.jpg
20161102_085628.jpg

捕獲器ないでも『かまえ~出せ~』と動きまくり。ここまでとてもスムーズに捕獲できたので今回は3頭で終えることにしました。

翌朝出発前に3頭の様子を覗くとみんな元気・・・なのは嬉しかったんですが久々のうんこテロが。キジトラだけでしたが過去最大級の量と軟度と被害が。そのままにはしておけない状態だったので別の捕獲器に入れ替え。幸い人懐こい仔だったのですぐ移動できましたがこれが普通の仔なら更なる大惨事だっただろうな・・・。

色々と匂う車内とおしゃべりな3頭のハーモニーの中病院へ出発。高速がかなり渋滞していて普段なら50分ほどなのが1時間半かかって到着。

前回は混んでいた病院もこの日は少なめらしくそんなに時間はかからないとのこと。コンベニア等いつも通りのお願いをして電話待ち。

2時間で連絡が来て引き取りに。そしてまたしても・・・

『2頭が手術済みでしたよ』

NO-----!!!!キジシロちゃんはそんな予感してたけど!もう1頭はチャトラちゃんでした。3頭ともコンベニアは必要なくそのまま引き取り。

帰りの高速も工事渋滞でいつもより30分多くかかって地元へ到着。手術済みで開腹もしていないのでいい天気のうちにキジシロからリリース。

20161102_141743_20161108110927eea.jpg

小走りで離れていきました。次は会う時はちょっと警戒されるかな?

お次はチャトラちゃん。

20161102_141813.jpg

近い近い(笑)。この仔も開腹しておらず麻酔の覚めもバッチリ。

しかしキジシロちゃんは数年前からここにいてきっとある個人の方が飼えないけどキジシロちゃんを愛していて手術をしたんだろうなぁと推測できるんですが、チャトラちゃんは一週間ほど前に急に餌場に現れ他の仔達と馴染まずでも人懐こい、そこに不妊手術済みとなると飼い猫であった・または飼い猫で現在家出・迷子中の可能性が高かったんですが保護できないのでリリースしました。

20161102_141818.jpg

できれば飼い主さんやこの仔を知ってる方がいるかもしれないのでいくつか画像を載せておきます。

20161102_142017.jpg
20161102_142516.jpg

と、この記事を書いていた11月5日時点から状況がちょっと変わりましたが詳しくは下記と次の記事にて。

最後はキジトラ。

20161102_142242.jpg

画像だとものっそブサイクに見えますが実際はチャトラちゃんと同じぐらい可愛いルックスです。

リリース時もスリスリゴロゴロ。ご飯をあげようと歩いている足に絡んできて蹴ってしまいましたがそれでも構わずスリスリゴロゴロ。

20161102_143408.jpg

同じ場所にいるミケちゃんやシロクロくんと。ただ可愛がられてるとかではないので心配ですが怪我もしていないのでちゃんと他の仔との距離感をわかってるのかな。

この後は急いで捕獲器を洗浄しTNR活動は終了となりました。



この記事を書いていた11月5日までの間にキジシロちゃんとキジトラちゃんの姿は確認できていました。2頭とも警戒もなくそばに寄ってきてくれました。今後もちょくちょく見ていきます。

20161104_175442.jpg

そして問題のチャトラちゃん。リリースから3日間初めて会った場所と捕獲・リリースした場所を毎日見に行っていたんですが姿を確認できず。やっぱり状況的に飼い猫としか思えずリリース後からずっと悶々としていました。保護できないのでリリースしたものの何か方法があったんじゃないか、もしかしたら半外猫で家に帰っているかも、でも見つかったところでどうするのかとそればかり考えていました。

そんな悶々とした日々でしたが11月6日に状況が変わりました。詳しくは次の記事にて・・・。


テーマ:動物保護
ジャンル:福祉・ボランティア
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可