2016年10月20日 (木) | 編集 |
2016年9月30日に保護した仔猫。サビ柄の女の子でとりあえずビーコと呼んでおり、現在保護から20日経過しましたが順調に育っています。

20161019_233526.jpg

保護し即半日入院、その時に駆虫薬を投与しそれから二週間後に検便した結果、卵等は見当たらないとのこと。ただうんち丸々を持っていった訳ではなく直腸検温時に取れたうんちでの検便だったのでたまたま見つからなかった可能性も。また近いうちに現物を持って再度検便する予定です。

そしてその一週間前にはうちの仔のロク助のお尻から瓜実条虫らしきものが出てきていたので慌てて9頭分のプロフェンダースポットを注文、ビーコの検便の結果が出る数日前に投与。瓜実条虫はゼリー状に溶けて排出されるらしく猫砂の影響もあり出たのかわからず、あと誰のかわからないけど1つのうんちには回虫の亡骸も。投与から2回ほどうんちをした後に猫砂全換えとトイレ掃除。9頭とも下痢も嘔吐もなかったので虫飼いさんがどれだけいたのかもわかりませんがこの仔達の分も近いうち検便する予定。

とりあえず先住猫も保護猫も隔離の範囲を下げてもよさそうなのでビーコは押し入れからお引っ越し。ワンルームから3段ケージへ。

20161015_203045.jpg

しばらくは毛布で覆ってお互いが慣れてきたら徐々に拡げていきます。

20161016_180531.jpg
20161015_203056.jpg

1段目はご飯とトイレ。まだ小さいのでダイソーの金網フェンスを斜めに立て掛けて2段目と行き来しやすいように。

20161018_210537.jpg

2段目が寝室。A様よりいただいたミニハウスをダイソーのハウス(800円・・・解せぬ)の中に。ビーコにはまだ普通のハウスは大きいのでこうすれば気密性が増して中はホカホカです。下には人の椅子用ホットカーペットを敷いています。フェレット用のハンモックも設置。はじめは怖々と近寄りませんでしたが猫じゃらしで誘導するとすんなりと。しかし設置から30分でおしっこされてしまった・・・。

20161019_185358.jpg
20161019_185432.jpg

3段目は遊び場に。こちらも引っ越しから2日ほどは全く寄り付かなかったのが慣れたらあっという間。ハウスを使って登ったり降りたり。『新入り親善大使』のロク助も気になって上から覗いております。

20161018_211031.jpg

ビーコ自身は体重も800gを越えました。まだ細身ですがいい感じです。

20161018_211408.jpg

心配な右目は精密検査はしていませんがおそらく小眼球症かと。成長の見込みはなさそうですが今のところ目ヤニが多いとか炎症が起こったりはなく。両目とも目ヤニ自体出ておらず。ちゃんとまばたきも出来ます。いつ見てもまぶたの中が白いのは眼球が小さいので常に瞬膜に覆われている状態だからだそう。鼻づまりもなくなりました。

20161019_232244.jpg
20161019_233523.jpg

体毛も生え揃いました!皮膚も問題なさそう。いつくかの写真は加工して光を飛ばしているのでわかりにくいですが毛色は黒に近いこげ茶で、全体的に白い毛が混じっていて首回りに特に多いかな。

ウイルス検査ですがまだ小さく採血も難しいので11月に入ってからを検討中。人懐こさもしっかりとありケージに近づくと聞こえないぐらいの声ですがニャーと鳴いて擦り寄ってきます。家猫修行も順調です!検査結果が出てから里親募集を開始しようかなと。

3段ケージにお引っ越し後、日々やんちゃ度が増してます。ガチャガチャドタバタと音が聞こえ覗くとケージクライミングや天井でクリフハンガーしてたり、見る度に昨日出来なかったことが出来るようになってたり。なんとかいい家族を見つけてあげられたらと思います。


テーマ:動物保護
ジャンル:福祉・ボランティア
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可