2017年01月21日 (土) | 編集 |
2015年8月上旬に突然私の職場に現れたチャトラの成猫のオス、通称ドラちゃん。ご飯をあげると半月程で馴れてくれその後は出勤日の朝夕にご飯を、2016年からは私(ご飯)を待っていてくれている姿に心打たれほぼ毎日朝夕とご飯をあげていました。

20160402_180710.jpg

そんな生活も約1年3ヶ月経ち、途中でクロネコのボブも加わりまた冬が来てしまったなぁと思っていたらドラちゃんの記事にコメントをいただきました。

『この子の現況について(お尋ね)

はじめまして。 こんにちは。

この猫ちゃんなのですが、存じております。 昨年から、度々この子がいる場所に遊びに行っており、(1週間1度程度)ずっと飼い猫ちゃんなのか、 野良猫ちゃんなのか区別がつかず、心配しております。

ここ数週間は、行っても会うことができず、一緒にいた黒猫ちゃんも姿が見えないので大変心配しておりました。 元気ならばよいのですが…

この子については、もし本当に野良猫ちゃんならば、保護したい、とも思っております。(もちろん主人とよく相談の上なのですが…)

この子は現在も元気でいるのでしょうか? それだけでもお聞きしたくて、コメントいたしました。

よろしくお願いいたします。 』

普段から観光的な感じで来られる方に可愛がってもらったりご飯をもらうこともありその中のお一組のよう。教えていただいたアドレスへ最近のドラちゃんのことをメールしました。そして『保護したい』とおっしゃっていただいた件も旦那さんとご相談していただけないかも。

そしてすぐにご返信いただき条件が整えば里親になりたいとおっしゃっていただきました!ご連絡いただいたOさんご夫妻はお若いですがご結婚されて4年目、泉南市から1時間半程の北摂の分譲マンションにお住まいで飼育・住宅環境も申し分ない!2015年10月頃にドラちゃんと出会い月に数回会いに来てくれていたとのこと。コメントにもありましたが放し飼いの飼い猫なのか野良猫なのか見当が付かず迎え入れるに至らなかったんだとか。
[続きを読む...]

テーマ:動物保護
ジャンル:福祉・ボランティア
2017年01月19日 (木) | 編集 |
1月11日より募っている寄付金・支援金ですがご寄付いただいた分も含め月末または翌月初にご報告する予定でしたが、今回早々にご寄付いただきまずはお礼を申し上げたくご報告致します。

1484629101905.jpg

1月10日
K.R様 10,000円 (2016年12月にいただいた分)

1月12日
I.M様  5,000円

1月16日
N.T様  3,000円

本当にありがとうございます!大事に大事に使わせていただきます!
引き続きご支援の程よろしくお願い致します。



 
テーマ:動物保護
ジャンル:福祉・ボランティア
2017年01月11日 (水) | 編集 |
2日に一度TNRした仔達の様子を見にいっています。全ての箇所ではありませんがだいたいの仔達がいるところ。とくにB地点は私がTNRした仔が一番いる場所です。ここ最近だと第36回TNR活動(2016/9/4)のチャトラ・シロクロ達や第40回TNR活動(2016/10/12)のシャムがいます。この3頭は兄弟でした。

2016年12月17日。ちょっとしたご飯を持ってB地点へ。寒くなってきたのでいる仔もまばらで数日に一度か1週間に一度程度しか会えない仔も。でもぼちぼちいつものメンバーを数日かけて確認はしていました。この日はチャトラ・シロクロ兄弟の姿が。この仔達は比較的いつも会える仔です。

ご飯をおすそ分けしようとするとこっちでクシャミ、あっちでもクシャミ。シロクロは目頭から鼻の横にかけて目ヤニで汚れて目を瞑ってスンスンいってました。猫風邪が流行ってしまってるんだな、栄養あるもの今度から持ってこないとなと思い翌日また会いに行くと・・・

20161218_164039.jpg

シッシロクロくんっ!昨日は目を開けなかったものの腫れていなかったのに今日はひどい結膜炎。急いで家に戻りちょうどうちの仔が結膜炎にかかったのでもらっていた抗生剤の錠剤と抗菌製剤オフロキシン眼軟膏を持ってシロクロくんへ。うちの仔の中には匂いで嫌がって飲まない仔もいますがシロクロくんはちゃんと飲んでくれました。無理かな~と思いつつも眼軟膏を塗ってみるとほとんど嫌がらず目の中に塗らせてくれました。兄弟であるチャトラくんや同日にTNRしたキジシロくんはクシャミの症状があったのでこの2頭にも抗生剤を。

猫風邪ってウイルスが原因ですが種類は様々。正直私は詳しくないんですが大きく3種類の風邪があり、その種類によってインターフェロン・抗ウイルス剤・抗生剤と投与するものが違ってくるようです。シロクロくんの症状としては『鼻詰まり・クシャミ・食欲不振・結膜炎』。発熱や下痢、口腔内の炎症に関してはあるのかわかりませんでした。

とりあえず上記の症状だと当てはまるのはヘルペスウイルスかクラミジアによる猫風邪。ヘルペスウイルスなら抗ウイルス剤、クラミジアなら抗生剤。どちらかわかりませんが病院に連れていけないので抗生剤を投与して様子を見ることに。

うちの仔かかりつけの病院は最近行ったばかりで野良猫の為に薬くださいとは言い出しにくかったので急いで通販で抗生剤を注文。それでも海外からだから1週間前後時間がかかる。多めに抗生剤をもらっていたので届くまではそれでしのぐことに。ただ本当なら1日2回投与が必要な薬ですが会えないこともあるのでいつも仕事帰りのみだったのをしばらくは出勤前にも行くことに。それでも会えないこともあり2日間で3回などちょっと不規則なあげ方にはなってしまいました。

翌日12月19日

20161219_100423.jpg
[続きを読む...]

テーマ:動物保護
ジャンル:福祉・ボランティア
2017年01月11日 (水) | 編集 |
2015年11月、ブログに

『ご自宅に人馴れした野良猫がおり去勢手術して我が家に迎え入れたい。ただすでに先住猫がいるのでウイルス検査等結果次第で迎え入れるのかTNRするのかを検討する形になってしまう。泉州地域で野良猫を見てもらえる良心的な病院はないでしょうか』

という内容のコメントをJさんからいただきました。この時はメールで病院の紹介をし、結果ウイルスのダブルキャリアだった為TNRとなりました。その後はJさんに見守られながらJさん宅のお外で野良猫生活を送っていたそうですが3ヶ月ほどで姿が見えなくなったとのこと。新しい場所を見つけたのか、それとも天国に行ってしまったのかわかりませんが区切りがついたようでした。

そして2016年6月、今度は別の仔のことでご連絡が。

『首輪を付けてる子猫がおり外飼いかと思っていたが首輪がたすき掛けになり背中に掛かる首輪は血に染まって異臭もしている。首輪を外してやりたくても威嚇され餌で誘き寄せも警戒される。捕獲出来ればTNRして首輪も外してあげれるのですが』

とのこと。東北地震の時に家猫や半外猫の飼い主が被災し満足にご飯をもらえず痩せてしまいたすき掛け状態になってしまった犬や猫がたくさんいたそうです。この仔も小柄か生後1年未満ぐらいの体格でなってしまった模様。首輪の血と異臭を考えると結構危なそう。異臭は皮膚が壊死した時などにも出ますし。

とりあえず捕獲して病院へ行くしか解決方法はなかったので捕獲器の貸し出し場所を調べ、私もJさんも以前親身になってくれお世話になった病院に相談し連れていくことに。幸い捕獲器も借りることができ捕獲を開始したその日に無事捕獲されました!

20160617_200000.jpg
[続きを読む...]

テーマ:動物保護
ジャンル:福祉・ボランティア
2017年01月03日 (火) | 編集 |
2016年6月、ブログに

『泉南市の某施設にいつも同じ時間帯にいる猫ちゃんがいる。いつも両目をつむっていて弱っているようで何の病気かわからず、病院に連れていくにもフェンスに囲まれていて捕まえられない。なにかアドバイスを』

という内容のコメントをTさんからいただきました。同じタイミングで別の地域の方から保護関係の相談があったのと自身のTNR活動もいっぱいいっぱいだったので悩みましたがとりあえず聞けることを聞いて私ならどうするかを伝えようと連絡を取りました。

ラインでその仔の状況を聞き画像を見た限り私は『疥癬』だろうなと推測。ちょうど1ヶ月前に保護したニンちゃんが『疥癬』か『蚊アレルギー』のどちらかの診断を受けてその症状や画像をネットで見まくっていたのでその仔の見た目がまさにドンピシャでした。

ただご連絡をいただいたTさんはご自宅で保護することはできないとのことでTNRするのかそれともなんとか保護するのか方向性が決まらないままでご連絡から2日後にTさんとその仔のいるところで待ち合わせをすることに。

お会いするまでにわかったことは
・フェンスで囲われた施設内でほとんどを過ごしている
・気付いたのは2ヶ月ほど前(4月頃)
・Tさん以外にご飯をあげたりしている人がいる
・皮膚病っぽい
・首輪はしていない
・人懐こくフェンス越しにスリスリしてくる
・うんちは下痢気味の軟便であること
・食欲は旺盛
・ただよく寝ていて走ったりと元気なところを見たことがない
などなど

その仔がいる施設が市の管轄施設なのでいつ捕獲されて保健所に連れていかれるかわからないのが一番のネックかなと思いました。

待ち合わせ当日、仕事が終わってから現場へ。到着するとTさんはすでにおりご挨拶。その仔(以下ポンちゃん)はやはり施設内に。人の気配や出入りがほとんどない施設で周りもフェンスなので入ることはできず。ご飯をあげている方達もフェンスの下からお皿を入れたりフェンス越しに指先で触ったりされているよう。

私も早速ポンちゃんとご対面。

20160620_164802.jpg
[続きを読む...]

テーマ:動物保護
ジャンル:福祉・ボランティア
2017年01月03日 (火) | 編集 |
捕獲時のご飯720円
高速代1,860円
不妊手術(オス2頭)無料不妊手術チケットで0円
レボリューション・3種混合ワクチン(2頭)無料不妊手術チケットで0円
洗車場(捕獲器洗浄)400円
合計2,980円