2016年10月20日 (木) | 編集 |
2016年9月30日に保護した仔猫。サビ柄の女の子でとりあえずビーコと呼んでおり、現在保護から20日経過しましたが順調に育っています。

20161019_233526.jpg
[続きを読む...]

テーマ:動物保護
ジャンル:福祉・ボランティア
2016年10月18日 (火) | 編集 |
『ご自宅の猫ちゃんが使わない猫グッズや食べないフードをお役に立てていただけたら』とコメントをいただきました。今回もですがお役に立てていただけたらだなんて!ブログを見ていただいているだけでも感謝しているのに!ご連絡をし後日お会いしたら・・・

20161013_200613.jpg
20161013_200811.jpg

ベッド・クッション・袋系フリース等の寝具類、温暖ヒーター・冷却マット等の季節用品、吸水タオル・ノミ取り櫛・爪とぎ等の身だしなみグッズ、一段タワー、システムトイレ、ねずみのおもちゃ、ドライフード・パウチ系・猫草・またたび等のフード類などなど大小合わせて約50点!写真に納まりきらず。

フード類はTNRした術後経過組やこれからTNRする予定の仔達に、寝具等その他は保護猫や保護猫の里親さんが決まった際にご希望される物があればお譲りすることに。一部は私宅の仔達に使ってもいいとおっしゃっていただきおもちゃ等で遊ばせていただいています。

A様、本当にありがとうございます。今後もお譲りできる物ができたらご連絡をいただけるとのことで大変感謝しております!


2016年10月18日 (火) | 編集 |
捕獲時のご飯480円
高速代1,860円
不妊手術(メス2頭)無料不妊手術チケットで0円
レボリューション(2頭)1,800円
コンベニア(メス1頭)2,000円
洗車場(捕獲器洗浄)400円
合計6,540円


2016年10月16日 (日) | 編集 |
私たちは公益財団法人どうぶつ基金が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回泉南市のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から2頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。

banner.jpg



2016年10月12日(水)に第40回TNR活動を行いました。10月はどうぶつ基金様より無料不妊手術チケットを7枚いただくことができました。どうぶつ基金様、ご寄付いただいた皆様ありがとうございます。

さてさくらねこ不妊手術無料チケットは残り2枚。この2枚分は捕獲できたらこの仔達にと目星を付けていました。日が落ちてからまずはいつものB地点へ。

まずは第36回TNR活動(2016/9/7)でTNRしたシロクロ・チャトラの5兄弟の残り。この時点で5頭中2頭がTNR済、2頭が姿を確認、1頭が姿は未確認の状態。姿を確認しているチャトラシロとシャム系のどちらかでもいてくれたらなぁと見にいくといつものメンバーの中にシャム系が。

この仔は初めて姿を確認した10/4の時にすでに風邪気味だったんですがこの日も目や鼻が怪しい状態。会うのは3回目ですがこの日はとても人懐こかったので普通に撫でさせてくれました。ご飯を使って捕獲器へ誘導。入ってくれたので手動で扉を閉めて捕獲完了。

20161011_185800.jpg
[続きを読む...]

テーマ:動物保護
ジャンル:福祉・ボランティア
2016年10月13日 (木) | 編集 |
捕獲時のご飯720円
高速代1,860円
不妊手術(オス3頭・メス2頭)無料不妊手術チケットで0円
レボリューション(5頭)4,500円
洗車場(捕獲器洗浄)400円
合計7,480円


2016年10月09日 (日) | 編集 |
私たちは公益財団法人どうぶつ基金が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回泉南市のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から5頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。

banner.jpg



2016年10月5日(水)に第39回TNR活動を行いました。10月はどうぶつ基金様より無料不妊手術チケットを7枚いただくことができました。どうぶつ基金様、ご寄付いただいた皆様ありがとうございます。

10月1回目のTNR。TNR当日はまたまた台風が近畿を通過するタイミングでした・・・。それでも前日は曇りで捕獲はしやすい日和。今回はある程度どの仔にするか目星を付けていたもののうまくいくかわかりませんでした。

まずは職場北側。第35回TNR活動(2016/7/13)でTNRしたハチワレくんの兄弟と思われる2頭。これまでに数回ですがグレーキジトラとシャム系を確認していました。お昼休憩の時に捕獲器を3台セット。ハチワレくんも捕まってしまうかもしれませんがそこは仕方なし。

仕事が終わって17時過ぎに行ってみるとあの独特の『ナァーォ』という声が。3台中2台に捕まえたかった2頭が入っててくれました。

20161004_171208.jpg
[続きを読む...]

テーマ:動物保護
ジャンル:福祉・ボランティア
2016年10月04日 (火) | 編集 |
9月30日(土)
夜21時ごろにいつものように第36回TNR活動(2016/9/7)でTNRした仔達のところへ。

いつも日が落ちてから行くので懐中電灯を持っていくんですが、遠めから軽く照らしてみんながいるか確認します。光に反射する2つの目がチラホラ。TNR以後ほぼ日参しているので小さいチャトラや大きな仔は顔を覚えてくれて寄ってきてくれます。基本的に術後経過を見ているので缶詰1つを持参しTNRした仔や他の仔に数口分ずつ分けてあげており、この1ヶ月でだいたいいつもいる仔が把握できてきました。

いつものメンバーの姿を確認しご飯をあげている定位置まで移動する中、数十メートル先の薄暗い光の中でアスファルトより少し黒い小さな影が一つ。嫌~な予感。ライトを照らしてみると光に反射する目・・・が1つ。その時点で『あぁ片方だけしか開いていないんだな』と。

近づくと初めましての黒い仔。他の仔達に缶詰を分け分けしその仔にも。目がぐちゃぐちゃで鳴き声もなく時折聞こえる鼻づまりの音。試しに撫でてみようと手を伸ばすも小走りで逃げ。

これはもう保護するしかないなとキャリーケースを取ってきていざ捕獲。ギリギリ手の届く距離までは近づけるので後ろから素早くタオルで包んで無事捕獲。軽くてちっちゃー!他に兄弟がいないか見てみましたが見当たりませんでした。

即行帰宅。うちの仔達にご飯をあげ、押入れのケージの清掃と準備。まずはノミも心配だったし体もほんのりとしか体温を感じなかったのでお風呂へ。ノミは一匹もおらず逆に心配に。本当にガリガリで骨川筋衛門さん。ノミがいない原因はガリガリだからかそれとも少し前まで家にいて捨てられたのか。入浴中は弱々しく嫌がって逃げ、この時初めて小さな鳴き声をあげました。

20160930_215016.jpg
20160930_215028.jpg
20160930_215034.jpg
[続きを読む...]

2016年10月01日 (土) | 編集 |
昨年7月に私の職場に突如現れ、奇跡のような縁でとてもいいおうちのご家族の一員になったタヌーさんこと三郎が、2016年7月11日に天国へ行きました。

6月始め頃から熱が出たりひいたりし食欲がなくなり、血液検査で白血球の数値が高くコンベニアを打ったりと治療をされたそうですが熱がひいても食欲が出ず、腹水が溜まりFIP(猫伝染性腹膜炎)と診断されたそうです。それからは輸液やステロイド注射など最善の治療も。

それでも食事をせず強制給餌はとても嫌がり、最後は三郎の好きにさせようと嫌がることはせずに過ごされたそうです。トイレ以外で粗相をしてしまう仔だったのですが掃除すればいいしとケージから出して過ごされたと。

食べないからどんどん痩せていくのに腹水でお腹が重くなり歩く時にフラフラしているのは見ていてとても辛かった。最後は私を呼ぶので撫でてあげていましたとメールに書いており、読んでいるだけで私も泣いてしまいました。そんな三郎の姿を間近で1ヶ月見続けたAさんはもっともっと辛かっただろうなと。

三郎はここにいて幸せだったのかなとも書かれていましたがもちろん幸せだったに決まってます。

元々野良猫だったのか飼い猫から家出したのかわからない仔でしたが、私の職場は車の通りも多く色んな人が来る場所だったので危険も多くとても心配していました。そんな危険な場所から猫の楽園のようなAさんのおうちの仔になりAさん達ご家族に愛されて過ごした9ヶ月は短い時間だけどたしかに幸せだったと。

里親募集もしておらずAさんからご連絡をいただいた時はこんな事があるのかと。いくつかの条件をクリアしてトイレの粗相などAさんご家族に妥協していただいたりと決してスムーズにはいかなかったけど、正式にご家族の一員になった時には私も幸せになりました。

Aさん、Aさんご家族には感謝の気持ちしかありません。三郎も今はお庭からAさん達を見守っていると思います。本当にありがとうございました。

そして三郎、頑張ったね。ゆっくり休んでね。幸せをくれてありがとう。おやすみ。

20151230.jpg


テーマ:動物保護
ジャンル:福祉・ボランティア