2016年05月20日 (金) | 編集 |
捕獲時のご飯1,196円
高速代1,860円
不妊手術(オス1頭・メス1頭)無料不妊手術チケットで0円
レボリューション(2頭)2,000円
堕胎費用(メス1頭)500円
洗車場(捕獲器洗浄)400円
コインランドリー(バスタオル洗濯)900円
合計6,856円

捕獲器1台6,490円
ドライブシート2,680円
その他捜索捕獲活動資材計2,729円
合計11,899円

総合計18,755円

TNR活動経費自体は通常かな。最近ご飯代がちょっとかさんでいますが。さらに今回は今使っている捕獲器と同じ物ですがひと回り大きいものを購入しました。大柄の仔でも頭を下げるだけで入れるぐらい間口が大きいです。これは次回以降なかなか捕獲器に入ってくれない仔に使う予定。なんとかこれで捕獲できればいいんですが。


2016年05月15日 (日) | 編集 |
私たちは公益財団法人どうぶつ基金が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回泉南市のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から2頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。

banner.jpg



2016年5月5日(木)に第29回TNR活動を行いました。

前日の第28回TNR活動(5/4)でリリース後の夜19時から捜索を開始しました。今回は職場の方のご自宅や納屋、駐車場によく野良猫がいたり通り道になっているということなので捕獲器を置く許可をいただきました。

まずは1件目の納屋と周辺に計3台設置。捜索がてら周辺を散歩して戻ってきたらちょうど猫が入ろうとするところ、そして問題なく捕獲。

こちらの場所は私の職場近くなのですでにTNR済みの仔も何頭かいるのでまずは耳先Vカットがないかチェック。首輪等飼い猫らしい物を付けていないかチェック。授乳中でないかおっぱいをチェック。全て問題なかったのでTNRすることにしました。

20160505_102446.jpg

ムギワラサビなのでほぼメスで間違いない。確実にメスとわかっている仔を捕まえられるとホッとします。

引き続きその場で見張っているとまたも捕獲器に入ろうとする猫の姿が!今回はサクサク捕獲できちゃうかな~と喜んだんですがよく見ると・・・第27回TNR活動でTNRしたチャトラくんやないかーい。

20160504_195747.jpg

こらこら。前回拉致されたことをもう忘れたのか。しかし近づくと私を覚えているのかサッと姿を隠しました。すぐ近くで「ご飯くれ~」と野太い声を出されたので引き離し用として離れたところにご飯を献上。その後は捕獲器に近寄ることはありませんでした。

しかし順調だったのはここまで。捕獲器をそのままにして少し離れた別のお宅の駐車場へ。道がてら車の下にいる猫を見かけたら捕獲に挑戦したもののうまくいかず。駐車場には3頭おりサビネコが捕獲できたんですが残念ながらTNR済み。風邪気味っぽいからTNR済みじゃなければコンベニアも打てたのになぁ。今後は捕獲用のご飯に抗生物質を仕込むことも検討しつつリリース。

残念ながら他の猫達はサビネコが捕まるところを目撃したようでそれ以後捕獲器には近づかず。他の仔はTNRしていないので今後も同じ場所で試していく予定です。

2時間ほど職場周辺で捜索しましたが始めの15分ほどで捕獲した1頭のみ。次回以降も捕獲器設置の許可はいただいているので別の場所へ移動しました。しかしいつもの場所で捜索し始めたものの一向に猫の姿は見つからず。こちらでも2時間ほど捜索しましたが捕獲できなかった為翌朝に持ち越しとなりました。

TNR当日。カラスからの妨害があるので早朝からは捜索せず前回同様8時半頃から。しかしまだ1頭・・・できるなら最低でもあと1頭は捕獲しないとなんだか交通費も時間も勿体ないので時間ギリギリまで捜索することに。

車で捜索していると白っぽい猫の姿が。

20160505_083612.jpg

シャム系・・・シュシュに似てて見た瞬間胸が締め付けられました。耳先Vカットも首輪もないし見る限り野良猫。近づいた分だけ逃げる感じだったのでご飯と捕獲器を近くに置いて様子見。10分ほどで入ってくれました。

20160505_102512.jpg

捕獲直後は捕獲器内でワニのデスローリングの様に縦に回っててちょっと笑ってしまった。とりあえず授乳中でないかおっぱい確認も問題なし。警戒心も程よく強くすぐに車へ。

その後しばらく車でグルグルと周ったものの見つけられず。前回(昨日)からの疲れもあり今回は2頭で捜索を終え病院へ。事故・渋滞もなく10時半には到着。

20160505_1024531.jpg

2頭とも風邪も引いてなさそうで顔も綺麗だったのでムギワラサビの方が妊娠中期以上で堕胎したらコンベニアをお願いしました。

1時間半で完了の連絡があり引き取りに。ムギワラサビは妊娠初期で堕胎となりました。シャムは術後麻酔から覚めてはいましたがまだボーっとしていました。麻酔の効き具合や覚め具合は個体差が激しいですね。

1時間ほどで地元に戻りました。大抵の仔は術後1~2時間である程度しっかりと目が覚めるんですが、今回のシャムは術後2時間以上経っているのにこの状態↓。

20160505_135255.jpg

もちろん麻酔だけじゃなく車酔いしてしまっている可能性もありますが。過去に麻酔が覚め切っていないと気付かずにリリースしてしまったことがあり、その時は本当にフラフラしていてとても後悔しました。今はできる限り車や涼しいところで待機してもらい、夕方から夜の間にリリースしています。秋や冬なら翌朝まで車で待機させれるんですが。

20160505_1515081.jpg

こちらの画像は先ほどの半覚醒の画像から1時間20分経過した物。シャムは瞬膜が収まりましたね。でもこの見た目だけでは本当に覚醒しているかどうかわからないのでもう数時間待機してもらいリリースしました。

これで今回のTNR活動は終了。病院からの帰り道では今回のシャムを捕獲して普段より強くシュシュのことを思い出してしまい号泣しながら運転していました。捕獲器のシャムを運ぶ時にズシッと4キロ以上の重みを感じて『シュシュは3キロぐらいだったな。今も生きていたらこの仔ぐらい大きくなっていたのかな。』とか色々と考えてしまって。この記事を書いている今も思い出して号泣してしまっていますが。TNR活動をしていれば姿や性別は変わるかもしれないけど生まれ変わったシュシュにまた会えると信じて頑張っています。辛いことや悲しいこともあるだろうけど出会いや嬉しいこともあると思うので続けていきます。なんか最近感傷気味なことばかり書いてるような・・・。

次回は来週を予定。あと2回で計7頭を捕獲せねば。


テーマ:動物保護
ジャンル:福祉・ボランティア
2016年05月15日 (日) | 編集 |
捕獲時のご飯1,294円
高速代1,860円
不妊手術(オス2頭・メス1頭)無料不妊手術チケットで0円
レボリューション(3頭)3,000円
コンベニア(オス2頭)4,000円
合計10,154円


テーマ:動物保護
ジャンル:福祉・ボランティア
2016年05月11日 (水) | 編集 |
私たちは公益財団法人どうぶつ基金が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回泉南市のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から3頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。

banner.jpg



2016年5月4日(水)に第28回TNR活動を行いました。

5月にいただけたチケットは12枚。月末までの天候や体調を考慮してできるだけ早めの日程でスタートさせました。

今回も手術の前日19時から獲開始。朝だとカラスが寄ってきてしまい満足に捕獲ができなくなったきたからです。猫達よりも積極的に捕獲器やご飯に群がるカラス達を見ると彼らも生きるのに大変なんだなと思いつつめちゃくちゃ邪魔だとも思ったり。後で別でご飯をあげるから捕獲時は遠慮していただきたいですがもちろん聞き受けてくれるはずもなく。そしてカラスは賢い。私が毎週か半月に1回現場に現れることをしっかりと覚えています。なので今後もカラスが眠り猫が行動する夜をメインに捕獲していくことになりそう。

いつもの捕獲場所へ行き、猫の姿はないものの捕獲器を設置。近くで車から見張るかと車に戻ると人懐こい初めましてのキジトラが。ご飯への食いつきも良くすぐに捕獲器に入ってくれました。信頼して寄ってきてくれたのにごめんね。

順調でしたがこの日は強風の上小雨が降ったり止んだり。いつ中止するかもわからない状態で始めましたが1頭捕獲してしまったら後はできる限り捕獲しなくては。1頭だけで大阪市内へ行くのはやはり勿体ないので。

この天気で猫達が出てきてくれるか心配でしたが屋根のあるところに捕獲器を設置すると今度はサビネコを捕獲。端折ってますが2頭目までで約1時間が経過。

その後も1時間ほど車でグルグル回り、猫の姿を探し続けました。やっと見つけたシロクロ。この仔も食いつきが良くすぐ捕獲器へ。

20160504_105031.jpg

なんとか最低目標の3頭を捕獲。この時点で21時45分。時間がかかってはいるものの1頭1頭の捕獲には10分もかかっておらず。猫さえ見つかればという状態でした。あわよくばあと2頭捕獲できればと23時まで頑張ったものの猫の姿もなく雨も強くなってきた為捜索終了。翌日の朝に持ち越しました。

翌朝は1頭でも捕獲できたらなぁという気持ちだったので8時半頃から捜索開始。しかし見かけるのはTNR済みの仔達ばかり。2時間ほど歩いたり車で探したりしましたが見当たらず。普段は11時前まで粘るんですがこの日は祝日。高速の渋滞状況などが心配だった為10時には病院へ出発しました。病院へはいつも通りの時間に到着。交通量は逆に普段より少なくて快適でした。

20160504_105053_001.jpg

キジトラは風邪か仔猫の時の影響かわかりませんが眼に薄い膜が。前回のキジトラくんにコンベニアしなかった後悔があるのでこの仔はもちろんコンベニアを。シロクロにもコンベニアをお願いしましたが、今このブログを書いている時点ではなんでシロクロにもコンベニアしたのか思い出せない・・・。ちょっと風邪気味だったからだと思いますが記憶がおぼろげで。

上記をお願いし引き取りまで待機。1時間半ほどで引き取りに。

20160504_1248371.jpg

結果はオス2頭メス1頭でした。メスのサビちゃんは妊娠もなく授乳中でもなく安心しました。

地元へ戻り車で待機してもらい夕方リリースしました。さすがに術後5時間経っているとみんな足取りもしっかり。メスで中期以上の堕胎がある時はできるだけリリースは夜にしています。

これで今回のTNR活動は終了しました。が、実は翌日の5日にも手術予約を入れており、4日組をリリース後また次の捕獲を始めました。連チャンでしたが活動できる日に限りがあるので実施することに。結果はまた次の活動報告にて。


テーマ:動物保護
ジャンル:福祉・ボランティア
2016年05月07日 (土) | 編集 |
捕獲時のご飯977円
高速代1,860円
不妊手術(オス3頭)無料不妊手術チケットで0円
レボリューション(3頭)3,000円
洗車場(捕獲器洗浄)400円
コインランドリー(バスタオル洗濯)400円
合計6,637円


2016年05月04日 (水) | 編集 |
私たちは公益財団法人どうぶつ基金が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回泉南市のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から3頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。

banner.jpg



2016年4月29日(金)に第27回TNR活動を行いました。

本当はチケット分の残り3頭を20日(水)に予定していたんですが体調が思わしくなく延期しました。月の前半での延期ならまだいいんですが今回は29日が最終。もし天気が悪かったりTNRできないような体調だったら中止になるのでハラハラしていました。

1週間前の天気予報ではTNR前日は雨、当日も雨時々曇りといった予報。頑張れば雨でもできる!と気合を入れて過ごしました。

その中止になった数日前に第25回TNR活動で大きなおなかでTNRし堕胎した1頭目のシロクロちゃんが!こちらが探そうとすると見つからないのは世の常でしょうか・・・・気を抜いていたらポッと目の前に現れてくれました。

20160418_201420.jpg

相変わらず小さい体と小さいけれど必死な声。ちょっとご飯をご奉仕させていただきました。保護したい気持ちがうずうずと湧いてたまらなかったですが『うちの仔を一番に!』を考えると緊急以外は我慢せねば。顔も綺麗で猫風邪もひいてなさそうで足取りも問題ないので安心しました。ありす動物病院さんは信頼できます。

それ以後シロクロちゃんを見かけれていませんがまた会えると思います。

さてTNR前日、雨は降るものの昼以降も小雨で降ったり止んだり。逆に人通りが少なくなる利点もあり奮起して捜索開始。

すると職場周辺で時々見かけていたチャトラを発見。職場の方や周辺にお住まいの方から野良猫と情報をいただいていたので捕獲開始。

まぁチャトラとクロネコは人懐こい仔の多いこと。ほぼ初めましての私にも甘い声をかけていただきました。もちろん首輪なし!立派なタマタマを確認!早速捕獲器を設置。設置から30秒ほどで捕獲でき今までで一番早かったかも。

20160428_1732.jpg

捕獲後はずーっと『ナァーォ・・・アーォ・・・ナァォ・・・(出してよぉ)』と鳴き続けてて心にダメージが。ごめんよ。

その後はいつもの捕獲場所をグルグル周りました。ただ風が強く気温もいつもより低い為捜索は難航。やっと捕獲器に入ってくれた仔がいたのにご飯の引っかかりが悪く捕獲器が作動せず。焦ったりちょっと気を抜いているとこういう凡ミスをしてしまいます。

途中で第26回TNR活動でTNRしたチャトラくんの姿を確認。

20160428_1807102.jpg

実際はこの画像よりさらに遠くから撮影。わからないとは思いますがしっかりと確認できました。俊敏に逃げていたしいい警戒心!

結局ちょくちょく家に帰りまた捜索しを繰り返し0時ぐらいまで頑張りましたが捕獲できず。翌日に持ち越しに。

TNR当日の朝。残り2頭ですが寝過ごし8時半頃から開始に。ただでさえ難航してるのに何してんだよ私!しかも前回前々回と捕獲できなかったオスのキジシロがやっと捕獲器に入って仕掛けのご飯に口を付けたのにまたもご飯の取り付けが甘く体半分の状態で作動。このせいでもう捕獲器には近づいてもくれないかもしれない。本当に時間と心に余裕がない時は何をしてもうまくいきません。

そんな中嬉しいことも。第16回TNR活動でTNRしたキジシロくんとムギワラサビちゃんに会えました。実に9ヶ月ぶり。

20160428_17320212.jpg

撮影しようとするとムギワラサビちゃんは逃げてしまいました。でも2頭とも健康そうで安心。TNR時も一緒にいたもんね。もしかして兄妹等の血縁かな?それか元々カップルだったのかも。数ヶ月以上前にTNRした仔の生存を確認できると本当に嬉しい。1年3年5年後も同じように姿を見かけれたらもっと嬉しいな。

しかし喜びもつかの間、10時前の時点でまだ1頭も捕獲できず。TNR仲間のMさんにLINEでチケット無駄にしてしまうかもと相談すると近くの場所を教えてもらいそこへ移動。しかし観光客が多い日だったので目立つこともはばかれて結局断念。祝日なので高速の渋滞も考えると諦めて出発するしかないかなぁと思いながら元の場所に戻るとしれっと横を通り過ぎたグレートラ。ご飯でご挨拶すると可愛い声を出して恐る恐る近づいてきてくれました。仕掛けのご飯をしっかりと確認し捕獲器を設置。数分ほど離れて戻るとちょうど入ろうとしていてその後すぐ入ってくれました。

20160429_102132.jpg

よっしゃー!と喜んだところにもう2頭の姿が。こちらもものの数分でキジトラを捕獲できました。残りの1頭はたまに見かける仔なので次回捕獲できたらと。

捕獲した2頭はどちらも大柄。なんとかタマタマ確認し今回は3頭ともオス。いいんです。今TNRしなければ秋までにどれだけの仔を妊娠させるかわかりませんから。

なんとか10時45分に出発。高速が渋滞や事故があったらアウトでビクビクしていましたがいつもより交通量も少なくスムーズにありす動物病院に到着。チャトラくんのニャーとは聞こえない野太い声とキジトラくんの超ハスキーボイスの合唱の方が心臓に悪かった。

20160429_113531.jpg

みんなTHE・オス!って顔です。捕獲器を提げた時もズシッと重みがあり腰にくる。

いつも通りの措置をお願いし時間まで待機。2時間半で終了し引き取りに。特に怪我などもなく手術のみ。でも後でキジトラにはコンベニアをしておいてもらったら良かったと後悔。風邪っぽくはないんですが目に膜が張っており、それがコンベニアで治るものかどうかも私にはわかりませんが今後またこの仔を捕まえる事はおそらくないだろうから。措置関係でするかしないかをちょっとでも悩んだらする方を選ぶようにしていきたいです。

20160429_150117.jpg

みーんなこんなに可愛いのに何故里親さんが現れないんだろう。普通の人が聞いたら猫好きのたわ言でしょうね。

車で待機してもらいその後リリース。3頭とも足取りしっかりダッシュについ笑顔に。捕獲器等を洗浄しTNR終了となりました。

TNR活動を始めた頃からしばらくは餌やり場に集まる仔が中心でしたが最近は野良猫であると確認した仔をTNRしていました。ですが最近の捜索・捕獲の難航具合からそろそろ計画的にしないと難しくなってきました。私は餌やりさんとの交流がほとんどないので今後はコンタクトを取ってTNRの理解や情報・捕獲の協力をお願いしたり、職場の方のご自宅などに出入りする野良猫のTNRを検討中。どうせ捕まえるんなら保健所に連れていってくれやという事も言われるんだろうなと思うと憂鬱ですが。

4月はどうぶつ基金様より計12枚の無料不妊手術チケットをいただき、5月も12枚いただくことができました。5月以降はますます暑くなってTNR活動が辛い時期。状況次第ですが6月~9月の間は申請するチケット数も少なくする予定です。それでもできる限りのことはしていきます。

正直TNR活動の日が近づいてくると憂鬱気味になったり前日・当日は辛いです。体力的にもですが捕獲できるか・いただいたチケットを全て使い切れるかなどの精神的な疲れの方が多いかな。それでも野良猫の姿を見かけたり、発情期の鳴き声を聞いたり、猫関係の悲しいニュースを見たりすると頑張らねば!と思えます。それでもやっぱり辛ければ昨年TNRした時に保護し私が里親になったシュシュ(昨年永眠)のことを思い出してさらに頑張ろうと思います。私と出会った時は衰弱していました。それまでの生活がどんなものだったか想像もつきませんが決して幸せではなかったと思うから、今後生まれてくる仔達が辛い生活を送らないでいいように、疎まれて生きていかなくていいように頑張って活動していきたいです。


テーマ:動物保護
ジャンル:福祉・ボランティア