2015年11月19日 (木) | 編集 |
私たちは公益財団法人どうぶつ基金が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回泉南市のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から5頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。

banner.jpg



2015年11月11日(水)に第22回TNR活動を行いました。

少し前からの捕獲にかかる時間と気温が下がってきたのを考慮して、今回は前日夕方に捕獲できる仔は捕獲することに。前日夕方、いつものB地点へ。いつもと違う時間帯ですがほぼほぼいつものメンバーの姿が。ほとんどはTNR済み。何度か姿を見かけたサビはおらず。しかし今回はずーっと捕獲できなかったクロネコくんがターゲットです。

この仔は今までのTNR活動でも近づいてきてご飯をねだりますが決して触らせてはくれず、捕獲器の手前のご飯だけ食べて離れるという手ごわい仔。たぶん第13回TNR活動の時に捕獲器で捕獲したものの一度逃がしたクロネコくんではないかと予想。捕獲器の中にいたのは数十秒とはいえ怖かっただろうから今の警戒も当たり前のことですね。

とりあえず駄目元で捕獲器をセットし、この場はいつもご協力いただいている餌やりさんに任せ前回チャシロちゃんを捕獲した小屋へ。ここいるサビをなんとかしたく1時間ほど粘りましたが断念。戻るとクロネコくんが捕獲器に!

その日はクロネコくんのみにし一晩車で過ごしてもらうことに。これから春までは車で一晩待機も可能な気温なので活用していきたいと思います。ただ一点の不安は・・・うんちをしてしまうこと。ペットシーツを敷いてはいるものの狭い捕獲器の中、きっと猫がうんちまみれになってしまうと思うので。

そんな心配をしていたら翌日案の定健康的なうんちをたっぷりしていたクロネコくん・・・。がっつり体についてまっせ~。捕獲器など取れるところは取って我慢してもらうことに。

うんちの処理をしていざ捕獲へ。B地点で捕獲器をセットし、前日捕獲できなかったサビのいる小屋へ。ものの30分ほどで捕獲できひと安心。メスを捕獲できるとかなり嬉しいです。

その後B地点へ戻りましたが収穫無し。今回も行き当たりばったりで探しに行くことに。車で適当に走り猫を見かけたら捕獲器セット→見守る→場所変えを繰り返しまずは1頭捕獲。野良ちゃんとは思えない可愛いグレーシロのハチワレです。

20151111_113020.jpg

グレーシロ捕獲後、餌やりさんから電話が。小屋近くで抱っこできる仔がいるから来てほしいとのこと。急いで小屋へ向かうとジャケットに包まれて抱っこされているであろう猫。ただキャリーケースへ入れる段階でかなり暴れ、結果捕獲できましたが私は指を少し引っかかれ、餌やりさんは顔に見事な三本線の傷が・・・。

餌やりさんには『馴れていても野良猫だから身の危険を感じたら凶暴になる。馴れている仔なら捕獲器でも大丈夫だろうから無理しないでください』と伝えできれば病院で消毒してもらうようお願いしました。

捕獲できたのは小さめのキジシロ。キャリーケースの中では大人しく鳴くこともありませんでした。

今回5頭予約しているのであと1頭!この時点で8時前。なんとか5頭捕獲したく時間ギリギリまで頑張ることに。

ただそこから2時間以上は捕獲器セット→見守る→場所変えを繰り返したでしょうか。捕獲できずそれでも車でグルグルと捕獲範囲を走っているとなんとなく猫のいる場所がわかりいい情報収集になりました。お初のさくらねこも1頭見つけたし♪

結局はグレーシロを捕まえたところで大きなチャトラを捕獲。本当に簡単な時は5分もかからず捕獲できます。しかしこの仔は捕獲器の中で暴れまくり。運んでいる最中壊れて飛び出さないかとヒヤヒヤしました。扉をロックするものを用意せねば。次回は同じ場所でグレーシロの兄弟らしき仔と他に見かけた仔を捕獲できるか挑戦してみるつもりです。

20151111_073859.jpg

5頭捕獲した時点で10時30分。病院までは渋滞などなければ50分ほどですが12時までに持ち込みが必要なので急いで出発。事故や渋滞もなく11時半には病院へ到着しました。白い鼻水を出していたクロネコくんにコンベニアを、他は必要であればとお願いし時間まで駐車場で爆睡。14時半に完了の電話があり引き取りに。

20151111_161230.jpg

サビとグレーシロがメスで妊娠もなし。12月から2月頃までは妊娠の可能性も少ないと思うのでこの期間にしっかりメスを捕獲できたら一番いいですね。コンベニアはクロネコのみでした。

捕獲場所へ戻ったのは16時。この時間でも日が落ちてきています。リリースするとみんなしっかりと走っていきました。

今回も約10時間ほどの長丁場でした。すごく理想的なのは朝6時頃から2時間ほどで捕獲し9時に病院、頭数などにもよりますが2、3時間で手術を終え12時~13時の間にリリース。これだと猫も人もとても楽なんですがなかなかそうもいかず。

まぁ時間がかかってでもできる日にできるだけの頭数をするのが一番なので頑張ります。

10月から再開したTNR活動ですが今回で11月の予定は終了。もしかしたら別のボランティアさんのTNRで1、2頭お願いするかもしれませんが。次は12月に詰め詰めで入れてるのでとりあえずそれまでは休息です。

無料不妊手術チケットがあるとはいえ交通費やレボリューション代など結構な出費には変わりなく大変。それでもチケットがないとそもそもこれだけの頭数をこなすことは無理です。これもどうぶつ基金様のチケット交付のおかげです。もしこのブログを読んで自分自身はTNRはできないけど何か力になりたいと思っていただける方がいらっしゃいましたら、どうぶつ基金様へご寄付していただけたらと思います。小額からご寄付可能ですのでどうかよろしくお願い致します。


テーマ:動物保護
ジャンル:福祉・ボランティア
2015年11月15日 (日) | 編集 |
チケット着払い756円
捕獲時のご飯1,047円
高速代1,860円
不妊手術(オス4頭・メス1頭)無料不妊手術チケットで0円
レボリューション(5頭)5,000円
コンベニア(オス1頭)2,000円
合計10,663円

捕獲しづらくなってきた為ご飯は多めに買いました。TNR済みの仔が捕獲器に寄ってくるので離す為に使ったり、失敗も多いので今後も多く必要になるかもしれません。


2015年11月14日 (土) | 編集 |
私たちは公益財団法人どうぶつ基金が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回泉南市のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から5頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。

banner.jpg



2015年11月4日(水)に第21回TNR活動を行いました。

相変わらずのいつもの時間、いつもの場所へ。前回は捕獲にてこずった為、ここはご協力いただいている餌やりさんにお願いして100mほど少し下ったところへ往きました。前回TNRした仔かな?チャトラシロの女の子が人懐こく着いてきてくれました。餌やりさんいわくそこに仔猫が4頭ほどいるとのこと。そこは畑や小屋があり野良猫達にとっては住みやすく隠れやすい場所でした。

20151104_061940.jpg
可愛いねぇ。君は家猫向きの仔なんだけどなぁ。

チャトラシロちゃんにちびちびご飯をあげていると少し離れたところに生後半年前後と思われるキジシロの姿が。近づくとその分離れていきます。手ごわい。ただそれだけ警戒心を持ってくれていると捕獲しにくい反面、虐待や悪戯目的で捕まえようとしても難しいので安心です。

捕獲器をセットし小屋の影から監視。捕獲器には近づきますがなかなか。その間に兄弟と思われるサビやチャトラシロが1頭ずつ順番に近づいては離れ。いいところまでいってもそのタイミングで散歩や通学で人が通りまたやり直し。少し奥の方へ移動させしばらくすると何とか捕獲成功。ここまでで1時間かかりました・・・。

餌やりさんのところへ戻りましたがやはり捕獲できておらず。時間帯の問題なのか未TNRの仔があまり出てこず。メスが残っているのも原因でしょうか。とりあえず通勤通学で人通りが多くなる時間帯に近づいていたのでその場は一旦引き上げることに。

次は以前よくTNRしていたところへ。10頭ぐらいいたのかな?ほぼTNR済みのよう。諦めかけたところに小柄のキジシロが現れたので捕獲を試みると15分ほどで捕獲成功。

20151104_064713.jpg

この時点で7時半過ぎ。以前のTNRの時から考えていたのですがそろそろ捕獲範囲を広げていこうと思っていました。今までしていた2ヶ所(仮にA・B地点)は私がTNRをしたいと思っていた場所の中心地から半径400mほどのちょうど外周になります。A・B地点は比較的私が普段通ったりするので状況を一番把握できておりスタートしましたが、そろそろ外のから中へ進む時期が来たのかなと。

ただ何といっても中の方へ進むに連れてどうしても人目が多くなってしまうので捕獲時間や方法も少し考えていかねばなりません。通勤通学の時間帯を避ければいけそうですがそうなると8時~11時の間になってくるので今後のTNRはリリースが夕方になりそうです。

少し歩けばすぐに猫は見つかるのでとりあえずB地点を離れて猫を探しに。早速クロネコを発見。近づくと逃げるけど甘えた声で寄ってもくるので大丈夫そうと捕獲器セット。数分で入ってくれました。

あと2頭。その日にできる限りの頭数をTNRしたいので時間ギリギリまで粘る事に。次は毎日通っているC地点。日が昇るとみんな日向ぼっこしに来るところでだいたい5頭前後見かけますが、そのうち3頭ほど片耳や両耳をVカットされています。過去にA・B地点で私がTNRした仔がいるかもしれませんが両耳カットの仔は確実に私がしたTNRした仔ではないので、私以外にTNRしてくれている人がいるんだと確認できとても嬉しくなります。

早速その中からまだの仔を。大きなチャトラさんに近づくとご飯くれ~と寄ってきてくれました。ただ目が濁っていて鼻もグジュグジュ。くしゃみもしてるのでしんどそう。この仔はコンベニアをしてもらう為にも絶対捕獲と意気込みましたが難なく捕まってくれました。

20151104_075312_201511100835368ef.jpg

さて残すは1頭。同じくC地点で未TNRのシロさんに目をつけて捕獲開始。警戒心が強くなかなか手ごわかったですが捕まっていただけました。

20151104_084222.jpg

5頭捕獲までに約3時間。大変ですがいい運動にもなりますね。その後すぐに病院へ行きお預け。引き取りまではのんびりと買い物なのでブラブラとしていました。

手術完了の電話をいただき15時半頃に引き取りに。メスは1頭のみでしたが妊娠もなくひと安心。チャトラさんは猫風邪の他に歯肉炎がひどく口元が腫れていました。コンベニアで良くなってくれるといいんですが・・・。

全頭16時半頃にリリース。今回もみんな元気にダッシュで安心しました。

20151104_152025.jpg

捕獲から約11時間でTNRは終了。これからの季節はTNR終了時間が夕方にずれて込んでいくと思います。貴重な休みをTNRに費やすのは問題ないのですがそれが原因で体調や仕事に影響が出るのは大問題なので体調管理には気をつけていかないとですね。


テーマ:動物保護
ジャンル:福祉・ボランティア
2015年11月06日 (金) | 編集 |
捕獲時のご飯509円
高速代1,860円
不妊手術(メス3頭)無料不妊手術チケットで0円
レボリューション(3頭)3,000円
洗車場(捕獲器洗浄)400円
コインランドリー(バスタオル洗濯)700円
合計6,469円


2015年11月02日 (月) | 編集 |
私たちは公益財団法人どうぶつ基金が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回泉南市のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から3頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。

banner.jpg



2015年10月28日(水)に第20回TNR活動を行いました。

5時半過ぎにいつもの捕獲場所へ。今回は3頭だし前回はめちゃくちゃ順調にいったので今回も楽々スピーディー♪・・・とはいかず大変でした。

TNR済みの仔達と未TNRの仔達と半々ぐらいで姿を現してくれました。始めは今日はメスを優先するぞと余裕をかましていたんですが、30分経てど1頭も捕獲できず。捕獲器の手前やいっても中頃までしか入ってくれず。7時過ぎぐらいからは通勤通学で人通りが激しくなるので焦るばかり。

20151028_054356.jpg

そんな中ここ数ヶ月手伝っていただいている餌やりさんのおかげでなんとか1頭捕獲。あと2頭は時間をおいてか別の場所で捕まえることにし車に運んでいる戻るともう1頭捕獲器に。2頭とも兄弟だとわかる大きさと柄。小柄なので生後半年ぐらいではないかと。2頭とも餌やりさんが捕獲してくれました。

この餌やりさんはとても節度のある方で、置き餌はせず食べきらない分は処分、散らばった餌や糞も片付けて衛生にも気を使ってくれる本当にとてもいい方です。餌は置きっ放し、挙句の果てには餌の袋や空き缶詰をその場に放置していく最低な人も多いですが、この方のおかげで猫が多い場所ですが衛生面も見た目もかなり綺麗なほうです。

1時間半ほどで2頭捕獲でき、残り1頭は少し離れた以前TNRした場所へ時間をおいていってみることにし餌やりさんとお別れ。時間をおいて9時頃に再度捕獲へ。餌やりさんから聞いた少し離れた公園に行きました。ちょうど別の餌やりさんが数匹の茶トラにご飯をあげていました。初めて見る餌やりさん。手術するので捕まえますと言っても無関心。いい餌やりさんかどうかまだわからず。

仔猫を連れた母猫がいたので捕獲したかったのですがお尻が出た状態で捕獲器が閉まり逃げられてしまいました。かなり残念でしたが逃げる母猫に生後3ヶ月前後の仔猫が2頭くっついていったので捕獲できなくて良かったかも。6時間ほどとはいえまだ母猫と離すのも不安だったので次の機会に。ただ捕獲器に警戒して捕まってくれないかもなぁ。

失敗してしまったのですぐ近くの以前TNRしたロシア猫達がいた場所へ。三毛や茶トラの姿がありますがTNR済み。ロシア猫はおらず。どこかへ散歩中なのかもうすでに以前からいないのか。過去にTNRした仔達の姿がないといらぬ不安や悲しい気持ちになります。

猫を探していると朝手伝ってくれた餌やりさんがいたので協力依頼。先ほどの出来事を話しもう一度公園へ。少し待っていると餌やりさんのところにクリームシロの大柄なオス猫さんが。結構お年を召してるのかも。でも太っているので安心しました。この仔は捕獲器ではなくキャリーケースで大丈夫そうと車に取りにいっている間にまたも餌やりさんが捕獲器に入れてくれてました。

結局今回は3頭とも餌やりさんが捕まえてくれました。私1人だったら3頭捕まえられたかったんじゃないかな。本当に助かりました。

20151028_102821.jpg

早速出発し10時半に病院へ到着。見た限り風邪ひきさんはいなさそう。先生にお願いし時間までブラブラと。今回は3頭だし1時間ぐらいかなと思ったら予想通り12時前に電話が。

そして引き取りにいくと、なんと3頭ともメス!特に目立った怪我などもなかったので手術とレボリューションのみ。堕胎もありませんでした。クリームシロ、オスだと思ってごめんよ。捕獲が難しかったのもみんなメスだったからですね。朝もサビ猫が2頭いましたがバリバリ警戒心が強く、獣医さんもメスは最後まで残るとおっしゃってました。

14時前に捕獲場所へ戻りそれぞれリリース。3頭ともしっかりダッシュ。拘束時間は捕獲からリリースまで平均9時間ほど。猫達の負担もまだ少ないほうではないかな。

20151028_135353.jpg

ただ今回の捕獲難航をふまえて次回は前日夜の捕獲も検討しないといけなくなりました。というのも11月の病院の予約がすでに全て埋まってしまっているから。キャンセルなどは基本当日にしか出ないので、私が予約している2日間で8頭分完了させなければなりません。今後はできる限り予約を早くして必要なくなればキャンセルもすぐにするようにしていきます。

そして今回でTNRした猫の数がちょうど50頭となりました。TNRした中には死んでしまった仔や行方のわからない仔もいますが、これまでの活動で不幸になるかもしれない猫が生まれてくるのを少しでも防げたかなと。それでもどこかしこで仔猫の姿を見、いたちごっこかもしれませんがやらないよりやるほうが全然いいのでこれからも頑張って継続していきたいと思います。


テーマ:動物保護
ジャンル:福祉・ボランティア