2015年04月27日 (月) | 編集 |
4月24日に4月14日にTNRした仔達の術後経過を見てきました。

今回は普段の行動を知らない仔達なので出会えるかわかりませんでしたが、TNR場所へ行くと餌やりさんが少し前にご飯をあげに来たところらしくたくさんの猫達が...。

20150424_173330111.jpg

びっくりしました。本当に多い。写真に写っていませんが半径20メートル以内に20匹はいます。幸い赤ちゃん猫の姿や鳴き声は聞こえず。パッと見では明らかに妊娠してる仔はいなさそうですが私がわからないだけできっといるでしょうね。

肝心のTNRした仔達は...いました!まずは白黒ちゃん。

20150424_173400111.jpg

写真ではわかりづらいですが猫風邪でグジュグジュだった鼻もほぼ治っていました。良かった~。でも周りの仔達でグジュグジュの仔や鼻の通りが悪い仔もちらほら。今後もTNR時にコンベニアが必要な仔は積極的に打っていきたいです。

手術痕は見れませんでしたが歩き方も体調も問題なさそう。

20150424_173709111.jpg

三毛ちゃんもいましたが近くでは写真を撮らせてくれず。でも白黒ちゃんと一緒に写ってくれました。この仔も大丈夫そうです。

しかし本当に辛い...。100匹以上いるのはわかってたけど一ヶ所にこんなに集まるとは。TNR組を撮影する横で交尾しだす仔もいるしこれは5月に集中してTNRしないと。ただ5月も実費でのTNR...。最低5匹はしたいですが一度に5匹できたとしても3万ちょっといりますね。しんどいですが5月には妊娠してる仔もいるだろうし頑張るしかないですね。


2015年04月22日 (水) | 編集 |
捕獲時のご飯172円
レンタカー4,880円
高速代往復2,790円
ガソリン1,090円
不妊手術(メス2匹)10,000円
コンベニア(1匹)2,000円
堕胎費用(2匹)1,000円
火葬費用700円
経費折半-4,380円
合計18,252円

Nさんと折半したおかげでかなり安く済みました。今後も近隣でTNRされている方がいらっしゃったら共同TNRしていけたらと思っています。


2015年04月19日 (日) | 編集 |
2015年4月14日(火)に第6回TNR活動を行いました。

今回も貝塚市のNさんと共同TNRでした。前日当日の天気が雨の予報だった為TNRする場所に悩んでいましたが今回は職場を出て以前から考えていた泉南市某所にしました。ここは本当に猫が多い。このエリア内に推定100匹以上います。TNRの許可は取っていないのでエリア周辺で目星をつけていた場所へ。数ヶ月に一回通るか通らないかの場所ですが、通る度にご飯やトレイがありいつも猫ちゃんがいます。定期的な餌やりさんがいるよう。ここなら公道がすぐ横にあるのでTNRしても問題なさそうです。

近づくと数匹の仔が近寄ってきてくれました。
20150414_074847111.jpg

捕獲器を2台設置しましたが、普段からご飯をもらっている仔達はなかなか入ってくれない仔が多いです。ただその分人懐こい人馴れした仔も多くいます。写真の一番手前の白黒ちゃんは一番に近寄ってきてくれました。顔を見ると右の鼻の穴あたりがグジュグジュしており呼吸もしんどそう。顔からオスかと思いメス優先で考えていましたが、不妊手術専門病院でもワクチンや抗生物質の投薬はしてくれるのでこの仔を連れて行くことに。捕獲器の前に来てくれましたが無理に入れるのもと考えキャリーケースを持ってくると自ら入ってくれました。

さてあと1匹は連れて行きたい。数匹いるうち2匹が近づいてもあまり逃げないので三毛猫ちゃんをターゲットに。捕獲器は今回意味を成さないのでタオルでくるんで自分で入れる作戦に。はっきり言ってこの方法は無理があるんですが長期戦が無理な日は仕方ありません。何度かトライして捕獲できました。その間引っかいたり咬んだりなどは一切なく最後は後ろから両脇を抱っこで大丈夫でした。やっぱりある程度人馴れしてます。

あとはNさんの元へ。Nさんは前日捕まえられなかったらしく、捕獲器が一つ空いたのでお貸ししました。NさんのNTR場所に行きセットすると5分もせずに三毛猫ちゃんが入ってくれました。当初の予定の3匹を捕獲できたのでいざ病院へ。

以前からお世話になっている大阪市のありす動物病院へ。2匹とも猫風邪的な鼻水が気になったのでよりひどい白黒ちゃんはコンベニア(抗生物質注射剤)を打ってもらうことに。手続きを済ませお願いしました。
20150414_102315111.jpg

10時半にお願いして引き取りOKの電話が12時40分。私達の前にも1匹術中の仔がいたのに2時間ちょっとで終わりましたが引き取りにいくと衝撃の事実が。私の方の2匹は妊娠していて出産しててもおかしくなかったとのこと...。白黒ちゃんはオスだと思ってたし、三毛猫ちゃんは今まで妊娠してた仔達と比べてもほっそりしていたしびっくりでした。猫達と胎児を受け取りお会計を済ませ帰路へ。

貝塚市に着きNさんの三毛猫ちゃんを解放し、私の方の堕胎した胎児を火葬しに斎場へ。今までは自分で埋葬していたのでちゃんと火葬してくれるとなると安心です。

Nさんと別れ、TNR場所へ。
20150414_150957111.jpg
20150414_151016111.jpg

出産間近の手術にも係らず2匹とも足取りはしっかりしていました。白黒ちゃんはすぐに納屋の安全なところに登っていき、三毛猫ちゃんは離れたところでおなかを舐めてました。どの口がと言われますがゆっくり療養してほしい。

本当に今出産シーズンなんですね。ということは今までの例だと泉南市では早い仔だったら大体1月中旬には発情期が始まる。TNRは年間通して行いますが発情期前にする方がいいので、今後は5月6月と11月12月に特にメスを多くTNRしていけるようスケジュールが組めたらと思います。


2015年04月12日 (日) | 編集 |
職場で仔猫を保護してから20日、退院し自宅での生活は17日目となりました。

とりあえずですが保護名は『穏(おん)』となりました。威嚇ばかりでこの先怯えながら暮らしていくかもしれないと思い、穏やかで幸せに生きていってほしいという願いを込めて名づけました。一応反応してくれるのですが果たして定着していいものなのか...このままうちの仔になってしまいそうな予感もしますが。

家猫の一番下のロク助との触れ合いを契機に私にも馴れてきていたのですが、4月5日の明け方に突然の下痢と嘔吐。その後も6時間の間に嘔吐を1回、下痢を3回したので日曜日でしたが急いでかかりつけの動物病院へ。明確な原因はわかりませんがシリンジを使って下痢止めと抗生剤を飲ませてもらいそのまま預かっていただくことになりました。翌日仕事が早番で連れて行くことができなかったので助かりました。近所に良心的な動物病院があると安心です。

翌日体調を確認するととりあえず下痢も嘔吐も治まったようなので退院。それから数日は軟便でしたがこれは私が一度にあげるご飯の量が多かったからのようです。仔猫は食欲があれば出された分だけ食べちゃうんですね...。

今現在は体調も回復しドタバタと走り回っています。二番目のうに(♂)ははじめ穏に威嚇していましたが今では尻尾を使って遊んであげてくれてます。一番上は猫嫌いで他2匹とも折り合いが悪いので穏とも仲良くならないでしょうが怪我をするような喧嘩さえしなければいいかな。近づく度地響きのような威嚇をされて怯えてますが、こういう猫もいるとわかっていいんではないかと。

穏の近況はこんな感じです。体も少し大きくなり模様も出てきました。画像ではいつも黒く移りますが、背中以外はうっすらとグレーの縞模様で首周りの毛がフサフサなので将来はフッサーラになるかも。長毛種は手入れが大変そうですが上品で憧れますね。

20150406_182943111.jpg
20150406_182218111.jpg
20150408_211018111.jpg
20150408_210724111.jpg
20150411_004217111.jpg


2015年04月12日 (日) | 編集 |
不妊手術(メス)8,000円
堕胎費用6,000円
3種混合ワクチン3,000円
合計17,000円

かなり高額になってしまいました。やはり堕胎費用が大きかった。母猫の堕胎による体への影響も大きいのでこれを教訓に早め早めにTNRしていきます。


2015年04月06日 (月) | 編集 |
2015年4月4日(土)に第6回TNR活動を行いました。

今回は以前から捕獲に失敗し続けていたサビーの仔のミケちゃん。数週間前から何だかおなかが大きいな...と思っていたのですが捕獲できないのもあり延ばし延ばしにしていました。ですが4月2日にいつものように3ニャンズにご飯をあげる際にサビーと並んで歩いているのを上から見たら、明らかにおなかの幅がサビーの2倍ぐらいある...。たしかに前よりはふっくらしてきたと思ってたけど。毎日見てるからこそ変化に気づきにくいものですがこの時ばかりはやっぱりミケちゃんは妊娠しているんだとはっきりわかりました。しかも近いうちに出産するんじゃないかってぐらいだと。

4月のTNR活動は特に日程を決めていなかったのでどこも手術の予約はしていませんがとりあえず捕獲を優先。翌日5日に朝から捕獲器を設置しおびき寄せました。今までなら警戒して入らなかっただろうけど、妊娠していてご飯を食べようと必死だったのかすぐに入ってくれました。とりあえず職場の空いている倉庫に置かせてもらいました。

捕獲はしたものの肝心の手術の予約ですが幸運にも予約枠を譲っていただけました!譲っていただいたのはTNRを始めたいとこのブログにご連絡いただいた貝塚市のNさん。私のやり方ではありますがTNRの方法や行っている病院を紹介し、ちょうど4日にメス猫2匹の予約ができたとおっしゃっているのを思い出しお電話。聞くと前日時点ではまだ1匹しか捕獲できていないとのことで譲っていただきました。

4日の朝8時にミケちゃんの元へ向かうとすごい鳴き声。急いで車へ運びNさんの猫を迎えに貝塚へ。ずっと鳴きっぱなしのミケちゃんは声も枯れ枯れ。少しでも私の声を聞かせると余計に『出してー!』という感じの鳴き声に。Nさん側の猫を受け取り泉佐野市の動物病院へ。

20150404_094000111.jpg
20150404_093946111.jpg
とにかく叫んでます

きっと麻酔がかかるまで叫んでたんだろうな...。この日は仕事だったのでひとまず職場へ。私は引き取り時間までに迎えに行けないのでNさんにお願いし、仕事が終わってすぐに病院へ。先生によると2匹とも妊娠しており、もし産まれてたら生きていけるぐらいに成長していたとのこと。どちらも3匹ずつ。たしかに新聞紙に包まれた胎児は今までになくずっしりと重みがありました。2人で暗い気持ちになりながらNさんのお宅へ。Nさんは即解放せずしばらく自宅で様子を見るそう。また次の合同TNRをしようとお話しお別れしました。

私はミケちゃんを解放する為職場へ。いつもの住み処で解放すると後ろ足ががに股でヨタヨタと頼りない足取り。麻酔が抜けていないとかではなく、おなかから大きな赤ちゃん達がすっぽりいなくなってしまったからだと思います。それだけ体に大きな負担がかかる手術だったんだろうな。足取りは心配だけどご飯をあげるとしっかりと食べ始めました。堕胎した赤ちゃん達を埋葬する為ひとまずその場を後に。

今回も今までのTNRで堕胎した胎児と同じ場所に埋葬。ここはもうスペースがないので次回埋葬する必要があったら市の清掃課でお願いすることに。ただ清掃課は野良猫に対してなのでこちらがTNRで堕胎させた猫に関してはどうなるか相談してみないとわからないので、無理なら環境整備課に有料で引き取りになるかも。清掃課とか環境整備課とか嫌な名前ですね...。

埋葬する為に改めて胎児を持つとなんだかさっきより重みを感じました。新聞紙から取り出すと手のひらの半分ぐらいの膜に包まれた楕円形の胎児が3匹。膜は透明ではなかったのではっきりとした姿は見えませんでしたが、今までのピンポン玉のような形ではなく『赤ちゃん』というフォルムでした。今回も赤ちゃんを殺す結果となってしまった。先生も何百回、何千回も手術しているだろうけど、赤ちゃんを取り出すのは本当に辛いことをしてもらってると思います。

ちゃんと埋葬してからもう一度ミケちゃんの元へ。サビーもクロちゃんもいました。さっきミケちゃんはご飯を食べてくれたから安心しつつも嫌われたかなと手を伸ばすと撫でさせてくれる。

頬も頭も首も肩も背中も。撫でさせてくれるというより撫でてくれと押してくる。

その時は先程の胎児を持った時に感じた重みよりも、私にとってはとてもとても大きな衝撃だった。

手術前までの数週間はあまり撫でられるのを好まず数回撫でたら軽く猫パンチを出してきていたのに。今はもうおなかから赤ちゃんがいなくなったとミケちゃんはわかってる。妊娠中の過敏な神経がなくなったからなのか、それとも少しでも癒しが欲しいからなのか撫でて撫でてとせがんできました。

TNR活動を始めたからには堕胎させることは割り切ってきたけど、この時ばかりは何とも言えない罪悪感が。どうしてもっと早くTNRしなかったのか、死ぬ気で頑張れば早々に捕獲できてたんじゃないか、妊娠前もしくは妊娠初期にできていればここまでダメージもなかったんじゃないか。考えればきりがありませんでした。

20150404_192922111.jpg

ごめんねと声をかけながら撫でてその日は一旦お別れ。体への影響が大きそうなので心配ですが幸いこの日は夜も暖かくサビーもクロちゃんもいるので任せました。

翌日出勤すると3匹の姿が。
20150406_073341111.jpg

肝心のミケちゃんは昨日の頼りない足取りからしっかり走るまでに回復しているようでした。術後は毛並みもボサボサだったのが以前のような元気な姿です。この記事を書いているのは術後3日目ですが、今日も走り、食べ、撫で撫でさせてくれてます。この3匹は私がしっかり見守ろうと決めたので体調なども今後気をつけて見ていきます。

今回思ったのはメス猫はとにかく妊娠前にTNRをということ。手術や堕胎による体への影響が著しいので、TNR予定の場所や猫の状況をしっかりと把握するのが重要です。本当なら毎日でも様子を見たりTNRできたら最善なんですが。資金面やスケジュールに色々問題はありますが今できる限りのTNR活動を積極的に行っていこうと思います。

次回TNRは4月14日(火)を予定。Nさんと合同で大阪市内の病院に連れて行く予定です。


2015年04月01日 (水) | 編集 |
仔猫が退院し自宅へ来てから一週間が経ちました。これまでの経過です。

3月19日は仔猫の退院の日。自宅には簡易サークルや猫ハウスなどある程度の物は揃っていたので特に何も買い足さず。午前中に退院できるかの電話をし、問題ないようだったので仕事が終わってから引き取りに行きました。先生のお話では『ノミももういないしご飯も良く食べる。まだ目やには出るから治まるまで点眼を。ただ人を怖がり咬んだり引っかいたりはしないが威嚇する。もしかしたらもう人には馴れないかもしれないが家猫を通して人は怖くないとわかれば馴れるかも』とのこと。お話の間も小さなダンボールに隠れるように入っていて、キャリーケースに移してもフリースやペットシーツを掘り掘りして潜っていました。他に点眼方法などお聞きして会計をしていざ自宅へ。

20150326_191346222.jpg

臨時で仔猫の自宅を作成。キャリーケースから移動させる時もフーシャーケッケと威嚇と空気砲。サークルに入れた途端猫ハウスに入っていきました。とりあえず元気なら何よりなのでこの日はご飯とミルクを置いて近寄りませんでした。

翌朝様子を見に行くとご飯もミルクも食べてる♪ただ...オシッコもウンチも猫ハウスとトイレの後ろにしてる...。ペットシーツを何枚か敷いていましたが掘り掘りしていたので意味もなく。こればっかりは今の状態では仕方ないなぁと始めは思ったのですが、2日経っても一度もトイレでしてくれず。見に行く度にシーツを取り替えて除菌スプレーの繰り返し。もうサークルに匂いがしみ込んでしまったのかも。これはやばいと思い、アマゾンで大至急ペットケージを購入。

別室から移動し、私と家猫3匹と同室に。本当は匂い→ケージ越しの対面を数日かけてする方がいいんでしょうがそうも言ってられず。ケージ越しとはいえ3匹側が威嚇したら余計に萎縮するかもしれないので賭けでしたがこれが大成功でした。

20150328_193831111.jpg

一番下の黒猫のロク助が興味津々で近寄り仔猫が威嚇しても気にせずクンカクンカ。他2匹は唸ってるけど手は出さない。とりあえず同室で生活していけばそのうち馴れてくれそうな雰囲気でした。肝心のトイレは一度失敗。トイレを深めのタイプにして紙砂にしたらそれからはちゃんとしてくれました!もしこのまま威嚇し続ける仔だとしてもトイレをちゃんとしてくれてしっかり食べてくれたらそれだけでいいと思っていたので本当に安心しました。

あと猫じゃらしはやっぱりすごかった。猫ハウスに隠れっぱなしだったのにちょっと目の前で揺らしたら徐々に出てきて無我夢中で遊んでいました。そしてこの日から今日まで急激に成長。

20150330_191642111.jpg
いっちょまえに毛繕いをし
20150331_081816111.jpg
ロク助にじゃれあいの指導をしてもらいだいぶ猫らしさが出てきた

まだ私にはフーシャーしますがそれもかなり減ってきました。このまま人に馴れて立派に里親に送り出せるようになればいいなぁ。ただ肝心の里親は容易に見つからないと覚悟はしてますが、里親サイトに登録など地道に募集していこうかと思います。