2017年06月09日 (金) | 編集 |
平成29年6月15日追加(オレンジ文字)致しました。
平成29年6月13日追加(青文字)致しました。

2017年6月1日、泉南市某所に耳先Vカットがないのに去勢手術済みと思われる黒(黒茶)のオスがいます。

野良猫ではなく飼い猫で迷子・脱走・半外猫・捨てられた可能性があるので情報を募集しています。

20170601_170341.jpg

野良猫でないと思う理由は

・去勢手術しているのに耳先Vカットをしていない
・とにかく人懐こく誰にでも甘えて着いてくる。
・建物にも普通に入ってくる。

迷子や家出なのか、それとも捨てられたのかわかりませんができる限り飼い主さんのところに戻してあげたいです。

【仮名】アニキ銀ちゃん オス

【色柄】黒(黒茶)

【年齢】生後1年以上の生猫

【体重】特に痩せておらず標準 大柄

20170601_170336.jpg
[続きを読む...]

テーマ:動物保護
ジャンル:福祉・ボランティア
2016年11月08日 (火) | 編集 |
泉南市某所にて第41回TNR活動(2016/11/2)にTNRしたところ耳先Vカットがないのに不妊手術済みだったチャトラのメス。一度リリースしましたが11月6日に保護しました。

野良猫ではなく飼い猫で迷子・脱走・半外猫・捨てられた可能性があるので情報を募集しています。

20161106_193237.jpg

野良猫でないと思う理由は

・不妊手術しているのに耳先Vカットをしていない
・2016年10月25日前後から餌場に急に現れ他の仔達と馴染めていない
・とにかく人懐こく人が大好きで耳、毛並み等が綺麗

迷子や家出なのか、それとも捨てられたのかわかりませんができる限り飼い主さんのところに戻してあげたいです。

【仮名】チャトラちゃん メス

【色柄】茶トラ アメリカンショートヘア寄り

【年齢】生後1年前後、もしくは1年以上(推定)

【体重】保護時3.4kg 小柄

【健康状態】食欲旺盛。11月2日のTNR時にレボリューション投与済み。保護翌日の11月7日に病院にてウイルス検査の結果FeIV・FIVともに陰性。6種ワクチン接種。検温時に取れた少量の便での検便ですが寄生虫なし。

【特徴】アメリカンショートヘア寄りの楕円形の顔。小柄。全体的に茶トラで口周りは白。シッポは真っ直ぐ長い。瞳はイエロー。声は高め。すでに不妊手術済みだが耳先Vカットがない。
※現在はTNR活動の一環で左耳先にVカットが入っていますが11月2日まではカットされていませんでしたのでご注意下さい。

【性格】人が大好きで常にゴロゴロスリスリ。足も歩きながらモミモミ。寝てても座っててもモミモミ。現時点では人大好き猫大嫌いな性格。膝乗せや抱っこは好きでないよう。顔、首、背中、おなか、お尻、しっぽ、足などどこを触られても嫌がりません。

【発見から現在まで】2016年10月25日前後に泉南市某所に姿を現す。11月2日に不妊手術を受けさせに病院に連れて行くもすでに不妊手術済み。11月7日に警察やその他施設に問い合わせたものの届け出はなし。保護しているという届け出を提出し現在は自宅にて保護中。

飼育されていた可能性がとても高いので飼っている人を知っている、似た猫をここでよく見かけていたなどどんな小さな情報でも結構ですのでお待ちしています。

情報はコメント欄に入れていただけたらと思います。『管理者にだけ表示を許可する』にチェックをつければお名前やアドレス、内容は私にしか表示されません。

よろしくお願い致します。

20161107_124002.jpg
20161107_125615_006_01.jpg
20161107_212407_001_01.jpg

他の画像はアルバムをご覧下さい


テーマ:動物保護
ジャンル:福祉・ボランティア
2016年10月01日 (土) | 編集 |
昨年7月に私の職場に突如現れ、奇跡のような縁でとてもいいおうちのご家族の一員になったタヌーさんこと三郎が、2016年7月11日に天国へ行きました。

6月始め頃から熱が出たりひいたりし食欲がなくなり、血液検査で白血球の数値が高くコンベニアを打ったりと治療をされたそうですが熱がひいても食欲が出ず、腹水が溜まりFIP(猫伝染性腹膜炎)と診断されたそうです。それからは輸液やステロイド注射など最善の治療も。

それでも食事をせず強制給餌はとても嫌がり、最後は三郎の好きにさせようと嫌がることはせずに過ごされたそうです。トイレ以外で粗相をしてしまう仔だったのですが掃除すればいいしとケージから出して過ごされたと。

食べないからどんどん痩せていくのに腹水でお腹が重くなり歩く時にフラフラしているのは見ていてとても辛かった。最後は私を呼ぶので撫でてあげていましたとメールに書いており、読んでいるだけで私も泣いてしまいました。そんな三郎の姿を間近で1ヶ月見続けたAさんはもっともっと辛かっただろうなと。

三郎はここにいて幸せだったのかなとも書かれていましたがもちろん幸せだったに決まってます。

元々野良猫だったのか飼い猫から家出したのかわからない仔でしたが、私の職場は車の通りも多く色んな人が来る場所だったので危険も多くとても心配していました。そんな危険な場所から猫の楽園のようなAさんのおうちの仔になりAさん達ご家族に愛されて過ごした9ヶ月は短い時間だけどたしかに幸せだったと。

里親募集もしておらずAさんからご連絡をいただいた時はこんな事があるのかと。いくつかの条件をクリアしてトイレの粗相などAさんご家族に妥協していただいたりと決してスムーズにはいかなかったけど、正式にご家族の一員になった時には私も幸せになりました。

Aさん、Aさんご家族には感謝の気持ちしかありません。三郎も今はお庭からAさん達を見守っていると思います。本当にありがとうございました。

そして三郎、頑張ったね。ゆっくり休んでね。幸せをくれてありがとう。おやすみ。

20151230.jpg


テーマ:動物保護
ジャンル:福祉・ボランティア
2016年07月29日 (金) | 編集 |
2016年5月28日に波太神社付近の自宅(阪南市石田212周辺)から家を出たまま行方不明になった『黒猫のネオくん』を探しています。

NEO2.jpg NEO3.jpg
[続きを読む...]

テーマ:動物保護
ジャンル:福祉・ボランティア
2015年12月22日 (火) | 編集 |
2015年10月4日(日)に縁付いたタヌー。引き渡し後に起こった問題とは・・・。

翌日いただいたメールではケージ内の座布団とクッションにオシッコしてしまったとのこと。術後とワクチン接種、いきなり初めてきた場所など慣れない環境のせいなのでそれは仕方ないと思っていました。

そこから2日ほどケージ内で生活してもらい、ちゃんとトイレで用を足したのを確認し晴れておうちの中をフリーで生活となったようです。そしてAさん家でいただいた名前は『三郎』。なぜでしょうか、洋猫の風貌のはずのタヌーなのにめちゃくちゃ合ってます(笑)。

引き渡して2日間のタヌー改め三郎の様子
151005_093301.jpg

ご飯もしっかり食べ、トイレも問題なし。押し入れの上が気に入ったようでそこで過ごしていたそう。可愛い・・・。

この近況をいただき、『トイレも大丈夫!先住猫との関係も大丈夫!』。ハッピーエンドや!と思っていたのですが・・・。

9日以降に色々と問題が出てきました。
・トイレ以外での粗相。座布団やリビング、ソファの上でウンチをしたり。
・上記のことがありタヌーを再びケージ内へ。出してくれとかなり抵抗して鳴いていたよう。
・タヌーの影響で先住猫の誰かが普段しないAさんのベッドでウンチ。その他でも粗相が見つかる。

どうしたらいいものかとAさんよりお電話いただきました。私よりも多くの猫と長い時間過ごしてきたAさんでも悩んでしまうような状況です。

猫と一緒に暮らす上で一番大事なのはトイレトレーニングだと思います。トイレにしないということは猫はそのトイレや環境に不満を持っているし、人も毎日の粗相の片付けはかなりの手間になります。しかも先住猫がおり、その仔達に粗相が波及してしまったらもうお手上げです。そんな最悪な状況になってしまったようです。

始めの数日は順調だったものの環境に慣れてきたからか。私はタヌーは元々家猫もしくは家兼外猫だったと思っていたんですが、そうだとしても去勢していない状態で数年以上生きてきたことを考えると縄張りの主張の為にスプレーや粗相をしてしまってもおかしくない。臆病で先住猫を怖がっていたらこんな事もなかったかもしれませんが、喧嘩をせず大人しくしていたようなので上下関係もなく色んな場所に粗相してしまったのではと私は思いました。

さて、こうなったらもう選択肢は二つしかなくなってしまいました。以前いた私の職場へTNRとして戻すか、このままケージで生活するか。ケージでもトイレ以外に粗相するんであれば最終TNRしかありませんが。

私からの提案と希望としては『ケージでの生活』でした。TNRすればAさん家は以前のように問題がなくなるだろうけどそれでは三郎が・・・ととても悩まれていたので、それならまずこれを試してもらえないかとお願いしました。

実は三郎を迎えていただく時にAさんの方で以前からお使いの3段キャットケージと同じものを三郎用に新たに購入していただいていました。引き渡し時に入れたケージと同じものです。ただこれも大きいですがもし一生このケージでとなると正直窮屈だと思うので、私の方でそれより大きいケージを購入しAさん宅へ届くようにするのでぜひご家族と検討してほしいと。

ネットでいくつか大きめのキャットケージを調べ翌日メールを送り返事を待ちました。

ただ正直TNRになるかなぁと不安のほうが大きかったです。候補にあげたキャットケージはどれも横幅も高さも100cm越え。一度設置したら簡単に収納できるものでもなく、Aさんの大きなお宅でも一定の場所を取ってしまう。しかもケージでの生活もやってみないとわからず、Aさんとご家族の協力と理解があって初めてできる事だから。

なんとか三郎に家猫として生涯をまっとうしてほしい。その思いから上記の提案は私のエゴを押し付けたようなもので、ケージ代を負担したからといっても簡単にお願いできるものではなかったと思います。

後日Aさんよりご連絡が。Aさん家で家族会議をしてもらった結果、TNRがいいのではというご家族とTNRは可哀想というご家族で分かれてしまいました。先住猫のことを考えたらTNRするのが一番いい方法であるのは最もです。私も何頭もいる先住猫と新しく引き取った仔のどちらを優先するかと言われたらやはり先住猫を優先すると思います。

それでもAさんは『ケージでの生活』を選択してくれました。その時は本当に安堵しました。もちろん先からどうなるかはわかりませんが。

三郎の新しいケージはこれ
CAT3.jpg

早速ネットで注文しAさん宅へ届くよう手配しました。注文から3日で届いたようでAさんお一人で組み立てに3時間かかった模様・・・申し訳ない。しかし・・・

ジャーン!三郎の城出来上がり!
151022_1557.jpg

内寸が幅:166、奥行:56、高さ:129のビッグサイズ!3段目は大柄な三郎が寝転んでもまだまだ余裕があり、追加で板をはめればもっと広いスペースになります。上下運動もしっかりでき、一番下は食事とトイレに特化したスペース。右の写真ではお水でも飲んでるのでしょうか。三郎が縦になっても全然大丈夫ですね。

棚にクッションや毛布を置いてもらい、トイレの上にはハンモックも。肝心の三郎は気に入ったようでケージ生活2日目も出してコールもなくくつろいでいたそうです。そして他の先住猫さん達が羨ましそうにして入りたがっていたそう(笑)。それを聞くと嬉しくて嬉しくて!

12月上旬の三郎。ケージの上で先住猫ちゃんとお昼寝。
20151207_1119111.jpg

2016年4月13日追記
年末にいただいた画像。口内炎がひどいようですが愛されて暮らしています。
20151230.jpg

今現在は監視付き(粗相防止)でケージから出してもらってのんびりしてるみたい。この記事を書いている12月下旬時点では胃腸炎になったり口内炎がひどいことがわかったりと心配な点はありますがすっかりAさん家の三郎となっているようで安心。

今回の三郎の縁付き、本当に今年一番びっくりして一番嬉しい出来事でした。仔猫でもない野良猫状態の三郎を見初めていただけるなんて。でも最近以前保護したシュシュ(シャム氏)を亡くした今ならわかります。私もシュシュにそっくりな仔やシュシュを思わせるような仔がいたら気になって何も手につかなくなるだろうなぁ。あぁまた涙が。

タヌー時代に一緒にいた茶トラさんは現在も私が職場近くでご飯をあげています。巨体には似合わない甘い声で頭突きしてくれるとても甘えたの仔です。車に突進してくるのはやめていただきたいですが。

また画像など送っていただけたらこちらにアップしたいと思います。Aさん、Aさんのご家族様、本当にありがとうございます。これからも三郎のことよろしくお願い致します。


2015年12月10日 (木) | 編集 |
なんとなんとなんと!迷子猫・家出猫ではないかと情報提供を求めていたタヌーですが、この度2015年10月4日(日)に新しい里親さんのところへ縁付きました!
当ブログを拝見していただき、以前いた猫ちゃんに似ていて里親になれないかとずっと悩まれていたそうで9月下旬にご連絡をいただきました。

職場で初めて会った頃のタヌーさん
20150727_172311.jpg

お話を聞くと現在ご自宅には12頭の猫ちゃんがおり、いただいた写真などでは猫にとっては楽園ではないかという環境・・・。条件が合えばぜひお願いしますとお話を進めていきました。

ただ元々は家猫だったかもしれないけど現在は野良生活。里親になっていただける条件が『猫白血病ウイルスが陰性である』という事と『他の猫達と仲良くできるか』でした。

仲良くできるかは茶トラと喧嘩もせずご飯も分け合っているしそれぞれの相性があるからそこまで心配ではなかったのですが、問題は猫白血病ウイルス・・・。こればっかりは検査してみないことにはわからないし、どうやって検査するか。

色々考えた結果情報提供もないしそろそろTNRしようかと思っていたので、
・去勢手術時にウイルス検査してもらい陰性なら5種ワクチンを打ってその日にお届け
・検査が陽性なら耳先VカットしてTNR
となりました。

そうと決まった日から予定日までの一週間は気が気じゃなかったです。事故に合わないか、この間にウイルス感染しないかなど気にしてもどうしようもないことばかり考えて、とにかく検査が陰性であるようずっと祈っていました。

予定日の朝、いつもどおりタヌーと茶トラのところへ。2頭ともご飯くれーと甘えた声を出して寄ってきてくれます。まずはタヌーの捕獲を優先。初めて持ち込んだキャリーケースに警戒していましたがなんとか入ってもらいました。あとは茶トラにご飯をあげ、もしかしたらもうお別れかもしれないよと2頭に声をかけました。茶トラはご飯に夢中だったけど。

タヌーを連れて大阪市内の天神橋バンビの森どうぶつ病院さんへ。こちらは10月からどうぶつ基金さんの無料不妊手術チケットの協力病院になり9月下旬に開院されたばかり。開院されたばかりでも安心できる病院さんであることは知っていました。事前に電話で『ウイルス陰性だったら耳先カットなし、陽性だったらTNR』というややこしいお願いをしたんですが快く承諾していただきました。

9時頃に預け12時頃に引き取りに。検査結果は陰性!良かった~。

術後すぐで瞳孔が開きっぱなし
20151004_122221_001.jpg

里親になっていただけるAさんへご連絡し箕面市へ。お邪魔すると大きなご自宅、猫達の事を考えた環境・・・素晴らしい!
20151004_152837.jpg
15-10-09-07-47-15-413_deco.jpg

タヌーをキャリーケースからケージへ移したんですが術後の為グッタリ。キャリーケースにもおしっこしてしまっていました。私が帰った後もグッタリしたまま2回ほどトイレ以外におしっこしたそうで。これは後に麻酔からの覚醒を早める為の薬のせいだったとわかりましたが不安でした。

20151004_161127.jpg
20151004_152617.jpg

疲れているからかわかりませんがタヌーは他の先住猫達に威嚇したりせず、何頭かの猫ちゃん達も興味津々でタヌーのケージへ近づいたり。タヌーは人好き猫好きだと思うので問題なさそう。

Aさんは本当に猫が好きで猫の事をすごく考えている方でした。環境を見ただけでも安心しましたがAさんの猫についての考え方も共感できることばかりでさらに安心。

猫の話をしていたらあっという間に1時間が経過していました。タヌーは翌日ぐらいまで本調子ではないと思うので経過をまた連絡してもらうようお願いし、タヌーとお別れの挨拶。同じ大阪だからいつでも来れる距離だけど直接会う事はもうないかもしれないねと声をかけながら撫でお別れしました。

Aさんから里親になれないかという連絡をいただき検査結果までの一週間はドキドキしっぱなしでしたが、帰り道は本当に嬉しくて心がぽかぽかでとても幸せな気持ちでした。こんな奇跡みたいな素敵な事があるんだなーって。

里仔に出して問題がなければこれでハッピーエンド・・・となるんですが数日後問題が起こってしまいました。

その問題とその後は次回のその2で。


テーマ:動物保護
ジャンル:福祉・ボランティア
2015年09月15日 (火) | 編集 |
なんと!ドラちゃん、縁付きました♪
2016年5月15日(日)写真と近況を追加しました。

泉南市某所にて2015年8月上旬頃から見かけるようになった仔。

野良猫でないと思う理由は『去勢しているのに耳先Vカットをしていない。もしかしたら首輪をしていたかもという首元の薄毛。現在は腹見せして甘えてくる性格』からです。

迷子や家出なのか、それとも捨てられたのかわかりませんができる限り飼い主さんのところに戻してあげたいです。

【仮名】茶トラ オス

【色柄】茶トラ

【年齢】生後1年以上(推定)

【体重】5kg前後

【健康状態】大柄で食欲も旺盛。首周りは元首輪の跡か自然に抜けたかはわからないが薄毛。猫風邪もなさそう。

【特徴】5Kg以上ありそうな大柄な仔。全体的に茶トラ。シッポは真っ直ぐ。瞳はグリーンの混ざったイエロー。鼻に黒い斑点が数個有り。去勢手術されているが耳先Vカットがない。声は低い時もあれば高い時も。

【性格】初見時は少し近づいただけで低姿勢で逃げていたが、ご飯をあげていくうちに2週間ほどで撫でれるようになり現在では近づくと甘えた声を出し足に擦り寄ってくる。足元で腹見せなどもする。

【発見から現在まで】2015年8月上旬に泉南市某所に姿を現す。本日9月15日現在でも同じ場所でおり、別のお尋ね猫のタヌーとご飯をもらっている。

飼育されていた可能性もあるので飼っている人を知っている、似た猫をここでよく見かけていたなどどんな小さな情報でも結構ですのでお待ちしています。

情報はコメント欄に入れていただけたらと思います。『管理者にだけ表示を許可する』にチェックをつければお名前やアドレス、内容は私にしか表示されません。

よろしくお願い致します。

20150914_174138.jpg
20150914_173623_007.jpg
20150914_174032_001.jpg
20150914_173956.jpg
20150914_173757.jpg
20150905_174212.jpg
20150912_181651.jpg
20150912_181700.jpg

【追記】(2016年5月15日)
茶トラくんが現れて早9ヶ月。現在の様子はというと・・・

バーーーーーン!!!!!
20160402_180710.jpg

めっちゃ太りました。

私や他の方がご飯をあげてくれているみたいでブクブクブクブクと。私は勝手にドラと呼んでます。

20160507_181041.jpg

基本は1人でいますが第23回TNR活動でTNRしたクロネコ(通称ボブ)と一緒にご飯を待っていたりします。

ただボブはどの仔にも攻撃的みたいでよく喧嘩してたりお互いをけん制し合ったり。初めの頃に比べるとだいぶ落ち着いたので安心していますが。

20160306_133612.jpg

しかしドラは人懐こくて人見知りしない。酔拳のようにゴロゴロと甘えたり、食べるのに夢中で肛門と元玉袋を人の顔の前にさらけ出したり・・・。おなかの肉が下についてるで。

人懐こさと去勢済みのタマタマを見るとやっぱり元家猫なんだろうなぁ。

毎日ご飯をあげるのは苦ではないんですが、姿が見えなかったり車にひかれたりしていないか心配で。外の仔にご飯をあげていくと情が移ってしまって大変なんですけどね。

もしかしたらこの太った体型が元の家から出た(?)時の体型なのかも。もし何か情報がございましたら引き続き募集しておりますのでよろしくお願い致します。


2015年08月02日 (日) | 編集 |
2016年7月11日(月)永眠致しました
2015年10月4日(日)縁付きました
2015年8月9日(日)追記(青文字)
泉南市某所にて2015年7月18日(土)頃から見かけるようになった仔。

野良猫でないと思う理由は『首輪をしていた跡が残っている。初めて会った時から撫でさせてくれ、少し調べた限りではノミもいなかった』からです。

迷子や家出なのか、それとも捨てられたのかわかりませんができる限り飼い主さんのところに戻してあげたいです。

【仮名】タヌー オス

【色柄】顔と体はタヌキっぽい茶色・ベージュ。シッポは茶色の縞模様

【年齢】生後1年以上(推定)

【体重】5kg~(推定)

【健康状態】初見時に体を触った時は痩せている感じはなく食欲も旺盛。首周りを見たがノミなどは見当たらず。

【特徴】5Kg以上ありそうな大柄な仔。全体的に茶色とベージュでどちらかというと長毛種に近い。シッポは茶色の縞模様。瞳はホワイトに近い薄いブルー。初めての人でも撫でさせてくれるおっとりとした性格から飼われていた可能性が高い。おっとりしていますが近づくととりあえずシャーと威嚇。威嚇だけで撫でれて甘い声でご飯をおねだりします。

【発見から現在まで】2015年7月18日(土)に泉南市某所に姿を現す。本日(8/1)までに2日に一度のペースで姿を目撃されている。私はここ数日会えていませんが見つければ捕獲することはできると思います。8月9日現在でも数日に一度のペースで目撃しています。

毛もフサフサなので飼育されていた可能性を考えるとこの季節に外での生活はとても辛いと思います。飼っている人を知っている、似た猫をここでよく見かけていたなどどんな小さな情報でも結構ですのでお待ちしています。

情報はコメント欄に入れていただけたらと思います。『管理者にだけ表示を許可する』にチェックをつければお名前やアドレス、内容は私にしか表示されません。

よろしくお願い致します。

20150727_172311.jpg
2015-07-31-12-08-13.jpg
2015-07-31-10-54-59.jpg
2015-08-01-09-17-37.jpg


テーマ:動物保護
ジャンル:福祉・ボランティア