2017年05月14日 (日) | 編集 |
3月21日に捕獲できず約3週間後に再会した時にまさに臨月を迎えていたチャトラシロ。次こそ捕獲できなかったら出産するという状況だったので急遽4月19日に手術予約を入れました。

20170321_175751.jpg
捕まらないからね!

手術予約日前日の4月18日。よく見かける時間帯に現場へ。4月14日は見かけたものの判断を誤ってその場を離れてしまいその後会えずでしたがこの日はいてくれました!息子だと思われる同じチャトラシロジュニアと一緒でしたがジュニアが母チャトラシロにスリスリしにいくと毎回威嚇。もう次の仔を妊娠しているから母は仔離れしたけどジュニアは母離れできていないよう。

20170418_194449.jpg

そして早速捕獲器を設置するも画像のように絶対に捕獲器の手前までしか来てくれない。でもおなかは空いてるから私の近くにはいるけど2メートル以内には近寄らせてくれず。捕獲器を放置して車で待機するも車のそばで出てくるのを待ってるし。

やっぱりこの仔は捕獲器では無理な仔なんだなぁと絶望的に。捕獲器での捕獲を諦めて、というか捕獲自体ほぼ諦めて今後の為に残りのご飯をちみちみあげること数十分、手を伸ばせば触れれる距離まで近づいてくれるように。

20170418_201353.jpg
[続きを読む...]

テーマ:動物保護
ジャンル:福祉・ボランティア
2017年04月30日 (日) | 編集 |
私たちは公益財団法人どうぶつ基金が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回泉南市のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から2頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。

banner.jpg



2017年4月5日(水)に第48回TNR活動を行いました。4月はどうぶつ基金様より無料不妊手術チケットを2枚いただくことができました。どうぶつ基金様、ご寄付いただいた皆様ありがとうございます。

今回はまず職場の北側。以前にも書きましたがほぼ毎日ご飯をあげに行ってたんですがこのキジシロは4兄弟の中で一番警戒心が強くで顔だけ見せてすぐ逃げる仔。でも顔つきからオスっぽいし最悪TNRできなくてもいいかと思っていたんですが、2月14日久々に全身が見れた時になんかおなかが膨らんでるような・・・。たぶん妊娠してるな、でも冬毛のせいでそう見えるのかもと思いつつ第46回(2017/2/19)では全く相手にされず捕獲失敗。またもご飯をあげる日々。本当に少しずつ慣れてきて3月10日にじっくり全身を見る機会が。

20170310_143037.jpg

デブーン。確実に妊娠してるー。女の子と言われたらそんな顔つきに見えてしまう不思議。毎日会いに行っているにもかかわらず5メートル以内には近寄らせてくれないのでこの日から仕掛けを解除した状態の大きいタイプの捕獲器を置いて慣らすことに。

20170327_173800.jpg

キジシロは私の姿が見えているとなかなかご飯を食べないので捕獲器の中のご飯はどの仔が食べているのかわかりませんでしたが毎日なくなっていました。せっせせっせと通い他の仔達も前より多少慣れてきました。とはいえ一番慣れているハチワレくんでも1メートルの距離までしか詰めれないし触れないのでいい警戒心を保ったまま。キジシロも顔だけじゃなく姿を見せてくれるようになってきたので順調ではあったもののどんどん大きくなるおなかに私の焦燥感は募る一方でした。
[続きを読む...]

テーマ:動物保護
ジャンル:福祉・ボランティア
2017年04月16日 (日) | 編集 |
2017年3月20日(月)、仕事の帰り道に第46回(2017/2/19)で捕獲に失敗したチャトラシロがいたので今後の為にちょこっとだけご飯をあげることに。相変わらず一定の距離は保たれつつご飯は素早く食べるかくわえて持っていくか。オスだけど今年中には…と思いバイバイしようとすると横からもう1頭チャトラシロの姿が。その仔と真正面から目が合ったんですが・・・

neko1.png


( ゚д゚) !? (つд⊂)ゴシゴシ ( ゚д゚)・・・ (;゚Д゚)!?

腹にラクビーボール入ってんのかってぐらい横にデーンと出っ張ってました。見た瞬間の衝撃が忘れられません。

20170320_163713.jpg

奥の仔ですね。痩せてるから余計に出っ張りが目立つ。もう急いで連れていかなくては!と前回のサビちゃん同様脳内スーパーコンピューターでいろいろ考えてまずは予約だと病院へ電話。ありす動物病院は月曜日はお休みなので電話は繋がらないのはもちろんなんですが、次の水曜日は休日出勤で手術当日に連れていくことができず。なのでありす動物病院さんではお願いできないので前日火曜日の仕事帰りに病院へ連れていき一泊。水曜日に手術してもらいその日の夜に引き取りという形ができる病院が必要に。
[続きを読む...]

テーマ:動物保護
ジャンル:福祉・ボランティア
2017年04月09日 (日) | 編集 |
2017年2月22日(水)に第47回TNR活動を行いました。第46回(2017/2/19)の翌日、いつもの現場回り兼ご飯あげに。

20170220_192820.jpg

右のキジシロ。今はまだ妊娠していないかもしれないけどそのうちおなかも大きくなると思うのでできるだけ早くTNRせねば。通っている甲斐あって少しずつ距離も縮まってきてます。

何ヶ所か周っていつも最後に行くB地点。ほぼいつものメンバーがいてご飯をあげていると・・・

20170220_194544.jpg

!? 探し求めていたサビ!いきなり過ぎてテンパりまくり。だってB地点には2日に1回来ているもののサビに会えるのは過去を振り返ると15回に1回とかぐらい、ひと月に1回会えるか会えないかでした。普段私が行っている時間帯がある程度固定なのでそれ以外の時間帯なら簡単に会えるのかもしれませんが。

20170220_194826.jpg

滅多に会えないのに軽く撫でさせてくれたりとそれなりに人懐こいサビ。息子のシロクロくん・チャトラくんと戯れたりご飯を食べたり。その様子を眺めテンパりながらも頭では一瞬でいろんなことを考えてました。『このおなかの膨らみは確実に妊娠してるやん!次いつ会えるかわからんからその時にはもう出産してるかも。これは絶好のチャンスちゃうか。明日は仕事休まれへんし病院の予約取れるかもわからんけど今日捕獲できるならしたほうが・・・。水曜に連れていくとしてうんぬんかんぬん・・・』とスーパーコンピューターばりに計算してすぐに捕獲器を取りに車へ。
[続きを読む...]

テーマ:動物保護
ジャンル:福祉・ボランティア
2017年03月31日 (金) | 編集 |
2017年2月19日(日)に第45回TNR活動を行いました。今回も「番外編やるで!大阪さくらねこプロジェクト2017!」に5頭を申請。2月時点で未TNRのサビが2頭、キジシロが2頭でメスは計4頭を確認。オスもクロネコなど数頭。とにかくメスを最優先に捕獲する予定でした。

手術前日の仕事終わりの夕方から捕獲活動開始。まずは第35回(2016/7/13)第39回(2016/10/5)でTNRした4兄弟の残りの1頭。

20170214_171510.jpg

キジシロかな?職場内なのでちょくちょくご飯をあげに行っていましたがなかなか姿を現さない仔でした。顔つきからオスかな~と思っていたのですがなんとなくおなかが大きい…。冬毛かもと思いましたが横にポコッと膨らんでるような。いつも一瞬ですぐに逃げ尻尾のおろしたままなのでオスかメスが把握できずでしたがたぶん妊娠してるだろうと捕獲最優先。しかし4兄弟の中で一番警戒心が強くご飯を用意してもなかなか寄ってこず。1時間ほど粘りましたが無理だと判断しこの日は撤退。後日捕獲機を作動しない状態で放置しその中にご飯を置いて慣れさせている状態です。

そしてお次は第44回(2016/12/20)でミケちゃんをTNRさせてもらったKさん宅へ。最近ちょこちょこご自宅にムギワラ柄の仔が出入りしているそう。成猫らしんですが自分より小柄な仔にも負けちゃう仔らしい。耳先Vカットはないものの首輪をしているところも見たことがなく、Kさんにご飯をねだるので野良猫の可能性が高い。というか半外猫でも首輪してなかったら私は野良猫と判断します。『首輪してないけど飼い猫なんです!』と言われてもはっきり言って『知らんがな』です。Kさん宅は私の職場のすぐ近くでいずれ私が出会ってTNRしているであろう仔だったのでご自宅の敷地内に来るようであればTNRさせていただく予定でした。

Kさん宅へ伺うとうまいことムギワラさんとご対面。臆病だけど一目散に逃げずご飯の誘惑に弱い仔でした。

20170218_175412.jpg
[続きを読む...]

テーマ:動物保護
ジャンル:福祉・ボランティア
2017年02月06日 (月) | 編集 |
私たちは「公益財団法人どうぶつ基金」が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回泉南市のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、「公益財団法人どうぶつ基金」から2頭の不妊去勢手術費・ノミダニ駆除薬の全額を、その他を「大阪ねこの会」に負担していただきます。
「公益財団法人どうぶつ基金」ならびに「大阪ねこの会」に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。

banner.jpg



2017年1月23日(月)に第45回TNR活動を行いました。「公益財団法人どうぶつ基金」と「大阪ねこの会」の協賛事業である「やるで!大阪さくらねこプロジェクト2016!」は前回の第9回で終了しましたが、昨年秋の妊娠・出産が少なかったことから1月~3月の遅めの出産ピークを懸念して「番外編やるで!大阪さくらねこプロジェクト2017!」をされるとのことで前回のTNR活動時に5頭を申請していました。実費とはいえ手術3,000円、ノミダニ駆除薬500円は安い!

現在私がわかっている餌やり場では妊娠してるっぽい仔はいないんですが餌やり場や周辺を含め手術がまだのメスが数頭、成猫のオスも数頭いたので今回はその仔達を捕獲予定でした。

今回は月曜日が手術日だったので祝日に出勤した分の代休をもらい捕獲は前日の22日(日)から。前日丸々1日捕獲に費やすことができるので5頭でも大丈夫だと思っていました。しかし・・・捕獲日の泉南市の天気は曇り時々雨、風速5メートル前後、そして最高気温6度・・・最悪の捕獲日和でした。ただ始終雨が降るわけではなかったので猫さえ姿を現してくれればと気を取り直しお昼前から捜索活動開始。

いつも捕獲対象にしている場所では点々と各猫の定位置があり、特定の時間になると現れる仔や週に1度見れるかどうかのレア猫も。A地点の仔猫のクロネコのところへ行く前にまずは近場からと車を走らせて探しているとミケを発見!ひと月に数回見かけている仔でした。

柵で囲まれた草むらへ入ったので見にいくと私の反対側を向いて軽く威嚇中。別のキジトラの姿が。

20170122_124100.jpg
[続きを読む...]

テーマ:動物保護
ジャンル:福祉・ボランティア
2016年12月31日 (土) | 編集 |
私たちは「公益財団法人どうぶつ基金」が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回泉南市のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、「公益財団法人どうぶつ基金」から3頭の不妊去勢手術費・ワクチン・ノミダニ駆除薬の全額を、その他を「大阪ねこの会」に負担していただきます。
「公益財団法人どうぶつ基金」ならびに「大阪ねこの会」に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。

banner.jpg



2016年12月20日(火)に第44回TNR活動を行いました。「どうぶつ基金」よりいただいた12月分のさくらねこTNR不妊手術無料チケット2枚は前回のTNRで使用済み。今回は「公益財団法人どうぶつ基金」と「大阪ねこの会」の協賛事業である「やるで!大阪さくらねこプロジェクト2016!」の第9回に参加させていただきました。

「どうぶつ基金」のチケットに関しては11月は6頭分申請に対し5頭分のチケットが交付されましたが申請数より交付が少ないということは希望の動物病院の都合か予算の問題かだと思われ、きっと12月も申請に対して少ないもしくは交付されないと予想していました。なので今回は「やるで!大阪さくらねこプロジェクト2016!」にも参加申請を出していました。結果、やはり「どうぶつ基金」のほうは予算の関係でチケット5枚申請に対して2枚の交付。チケットが届いた時点では「やるで!・・・」のほうはまだ結果が出ていませんでしたが12月上旬に封書で3頭分の参加が認められました。

「やるで!・・・」は手術費・ノミダニ駆除薬に加えワクチンも全額負担していただけるありがたいプロジェクト。しかし参加日が固定だった為、仕事の休みが水曜日だった私は「どうぶつ基金」のチケットのほうが融通が利いたのでなかなか参加できませんでした。ただ今回はチケットの交付も少なく1度は参加しておきたいという気持ちがあり参加申請した次第です。参加といっても私が何かをするわけではありませんが。

そんなこんなで12月2回目のTNR活動。いつもどおり手術前日から捕獲開始。仕事が終わって日が暮れてからまずは前回の第43回TNR活動(2016/12/14)でチャトラ2頭を捕獲した場所へ。しかしパッと見猫の姿はなし。いつも来ているであろう餌やりさんのほうが先に来てご飯をあげてしまっていると思われます。

でも周辺に必ずいるのでご飯を持って待機。するとすぐに用水路からこちらを見ている2頭のチャトラシロを確認。近寄ると一定の距離は取るもののご飯は欲しいという感じ。すぐに捕獲器を持ってきて用水路に設置。ここの用水路は雨じゃない限り水が流れないのか乾いており綺麗で捕獲器がちょうど入る幅だし普段から通っているところだから警戒心もそれほどでもなさそう。

早速捕獲器に興味津々の2頭。立派な体格の成猫で柄・大きさ・行動からして兄弟だと思われます。すぐ捕獲器の中に入ったり出たりしてくれたんですが1頭が入りきる前にもう1頭も入ろうとする。しかしそうなると捕獲器が作動しても2頭目で扉が閉まるのが阻まれ2頭とも脱出、もう寄ってこないの最悪の結末に。もう1つ捕獲器を数メートル離れたところに設置しなんとか2頭を引き離しつつ誘導。しかしこれもまた難しい。同時に捕獲できればいいけど1頭が捕獲されたところを見たり鳴き声を聞くと残りの仔は警戒して逃げていくことが多く・・・。でも遠くに引き離すことはできないので見守ることに。

すぐに1頭を捕獲。パニックにはなりつつも鳴き声はあげずで素早く車へ。もう1頭はそれを見ていたけど食欲に負けたのかこの仔もすぐに捕獲器へ。

20161219_190504.jpg
[続きを読む...]

2016年12月23日 (金) | 編集 |
私たちは公益財団法人どうぶつ基金が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回泉南市のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から2頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。

banner.jpg



2016年12月14日(水)に第43回TNR活動を行いました。12月はどうぶつ基金様よりさくらねこTNR不妊手術無料チケットを2枚いただくことができました。どうぶつ基金様、ご寄付いただいた皆様ありがとうございます。

12月はチケット5枚申請に対して2枚の交付。どうぶつ基金様ですでに予定していた頭数をオーバーしてさらにチケットを交付されている状態のようです。いただけただけラッキー。というかすごく助かります。

今回は以前から目星を付けていた仔のうちで捕獲できたらという感じでした。7日にも予定していたんですが仕事の疲れでできず今回に持ち越したんですがそれが失敗に・・・。6日なら強風ですんでいたのに13日は雨・・・。仕事を終えまずはA地点に。ここでは前回の第42回TNR活動(2016/11/16)でTNRしたチャトラシロくんとシロクロくんの母猫であるミケとたぶん兄弟のクロネコ、あと成猫のクロネコとキジシロがまだできていない状態でした。なのでどれか2頭を捕獲できればと。

A地点へ行くとキャトラシロ兄弟などのTNR組がちらほら。その中に仔猫のクロネコと成猫のクロネコもいたので捕獲開始。成猫のクロネコは人懐こいものの前回は捕獲器に入ってくれずだったので今回こそ!と思っていたんですが・・・ん?、よく見ると右耳先にVカットが入ってる!なんということでしょう!?どなたかがTNRしてくれたんですね!嬉しい・・・。

私が今主にTNRしているこの場所(中心部から半径500メートル内)は猫が生息しやすい環境で餌やりさんも多くご飯だけをあげる方がほとんど。それでも私以外にTNR活動されている方もおられるようでお会いしたこともなくどなたかわかりませんがこうやって私がTNRした仔以外のTNR済みの仔を見るととても嬉しいです。

第39回TNR活動(2016/10/5)でTNRしたハチワレの様子を週に数回見にいっているんですが11月中旬に生後4ヶ月前後と思われるチャトラが現れ一緒にご飯を食べていました。この仔もしなきゃな~と思っていたんですが次に会ったのが11月下旬。オスだと思うけど確認させてね~とご飯に夢中のところ尻尾を上げて確認するとすっごく小さいタマタマ。成長が遅れているのかなと顔を見るとなんと右耳先にVカットが!もしかしたら初めて会った時にすでにTNR済みだったのかもしれませんがいつも夜に会っていて少ししか見れなかったのでわかりませんでした。

20161124_180011.jpg
[続きを読む...]

テーマ:動物保護
ジャンル:福祉・ボランティア
2016年12月02日 (金) | 編集 |
私たちは公益財団法人どうぶつ基金が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回泉南市のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から2頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。

banner.jpg



2016年11月16日(水)に第42回TNR活動を行いました。11月はどうぶつ基金様よりさくらねこTNR不妊手術無料チケットを5枚いただくことができました。どうぶつ基金様、ご寄付いただいた皆様ありがとうございます。

11月2回目のTNR。今回はA地点に成猫と仔猫ともにまだ未TNRの仔が数頭いたのでここで2頭予定していました。

残業でいつもより遅くなり19時頃A地点へ。11月中旬頃から急に寒くなってきてこの日も結構な風が吹いていました。ご飯片手に近づいてみると前からいて捕獲できていないキジシロや初めてみるクロネコの大人組が出てきたので捕獲準備。

クロネコは可愛い声でご飯を催促してきて触れれる手前までは近づいてくるので楽勝かと思ったんですが捕獲器には近寄らず。捕獲器手前のご飯を食べて近くに私がいると私の方へご飯をもらいにくるのループ。車で待機して様子を見ても入ってくれませんでした。

とりあえずクロネコと捕獲器をそのままにしてキジシロをターゲットに。この仔はもう半年以上前から捕獲に挑むものの捕まえられず、クロネコのように捕獲器には入ってくれません。ただ近づいてスリスリしてて撫でさせてくれるし持ち上げることもできるので抱っこして捕獲器に入れることに。タオルをかぶせて抱っこしたんですが途中で暴れてしまい失敗。かなりお口が臭っていて歯肉炎か歯周病になってしまっているようなので捕獲したかったんですが。次回以降にあまり良くないですが首をしっかり固定して捕獲しようと思います。

楽勝と高をくくっていたせいか成猫2頭とも捕獲できず。どうしようかと思っていたら10月から姿を見かけていたミケの母猫と生後4ヶ月前後のチャトラシロとシロクロの仔猫がご飯の匂いに釣られて出てきてくれました。今まで数回見かけましたが仔猫は2頭しか確認できておらず。できるなら仔猫2頭と母猫も一緒に捕獲しようと捕獲器設置。

少しずつ捕獲器に慣れてきて出たり入ったり。様子を見ていると2人組のJKに声をかけられました。男じゃないけどJKと話すの嬉しい(笑)。TNR活動のことを話すと少し離れた公園でおじいちゃんとおばちゃんがご飯をあげていてその時はものっすごい猫が集まるとの情報をゲット。お礼を言って2人を見送り再び捕獲へ。

私が近くにしゃがんでいても捕獲器に7割方まで入ってくれるようになったので手動ではありますが扉を閉めて2頭とも捕獲成功!

20161116_080410.jpg
[続きを読む...]

テーマ:動物保護
ジャンル:福祉・ボランティア
2016年11月08日 (火) | 編集 |
私たちは公益財団法人どうぶつ基金が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回泉南市のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から3頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。

banner.jpg



2016年11月2日(水)に第41回TNR活動を行いました。11月はどうぶつ基金様よりさくらねこTNR不妊手術無料チケットを5枚いただくことができました。どうぶつ基金様、ご寄付いただいた皆様ありがとうございます。

11月1回目のTNR。今回も以前から捕獲できていない仔を継続と新しい仔を捕獲予定で挑みました。

今回のTNR予定日から一週間ほど前、いつものB地点の様子を見に行き缶詰をおすそ分けしていると上の方から声が。見上げると木に登っているチャトラが。見たことがない仔で耳先Vカットもありませんでした。缶詰あげるよ~と地面付近に差し出すと3メートルほどの高さを降りようとしては落っこちかけ登りまた降りを繰り返し何とか地上へ。しかしいつものメンバーを威嚇したり威嚇されたりなのでつい最近このB地点に来たよう。その後はB点で見かけることはありませんでしたが捕獲日の前日にB地点から少し離れたところでまた見かけました。が、やはりそこにいる別の仔とうなり合い。

別の場所から流れ着いたのかなぁ、うまくやっていってくれないかなぁと心配ながら捕獲日にこのままいたら捕獲しようと決めました。そして捕獲日、前日に見かけた場所へ行くとチャトラではなくキジシロの姿が。

この仔は私がTNRを始める前からいる仔。餌やりさんにご飯をもらっているのである程度定位置が決まっていてよく見かけていました。撫でさせてくれる仔なので過去に2回捕獲を試みましたが捕獲できず。以前は風邪をひいて顔が汚れていましたが今回は綺麗。良かったよぉ。そしていざ3度目の捕獲に挑戦。

以前から捕獲器には入らない仔だったので今回も抱っこで捕獲することに。美味しいご飯をちょびちょびと与え試しに持ち上げてみるとすんなり。これは大丈夫そうだと大きい捕獲器を縦に置いて上から入れることに。しかし道路の反対側に行ってしまいこっちに戻るよう促すも戻ってくれず。仕方なくバスタオル越しに抱っこし道路を横断して捕獲器へIN。暴れることなく捕獲できました。

20161102_085113.jpg
[続きを読む...]

テーマ:動物保護
ジャンル:福祉・ボランティア
2016年10月16日 (日) | 編集 |
私たちは公益財団法人どうぶつ基金が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回泉南市のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から2頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。

banner.jpg



2016年10月12日(水)に第40回TNR活動を行いました。10月はどうぶつ基金様より無料不妊手術チケットを7枚いただくことができました。どうぶつ基金様、ご寄付いただいた皆様ありがとうございます。

さてさくらねこ不妊手術無料チケットは残り2枚。この2枚分は捕獲できたらこの仔達にと目星を付けていました。日が落ちてからまずはいつものB地点へ。

まずは第36回TNR活動(2016/9/7)でTNRしたシロクロ・チャトラの5兄弟の残り。この時点で5頭中2頭がTNR済、2頭が姿を確認、1頭が姿は未確認の状態。姿を確認しているチャトラシロとシャム系のどちらかでもいてくれたらなぁと見にいくといつものメンバーの中にシャム系が。

この仔は初めて姿を確認した10/4の時にすでに風邪気味だったんですがこの日も目や鼻が怪しい状態。会うのは3回目ですがこの日はとても人懐こかったので普通に撫でさせてくれました。ご飯を使って捕獲器へ誘導。入ってくれたので手動で扉を閉めて捕獲完了。

20161011_185800.jpg
[続きを読む...]

テーマ:動物保護
ジャンル:福祉・ボランティア
2016年10月09日 (日) | 編集 |
私たちは公益財団法人どうぶつ基金が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回泉南市のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から5頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。

banner.jpg



2016年10月5日(水)に第39回TNR活動を行いました。10月はどうぶつ基金様より無料不妊手術チケットを7枚いただくことができました。どうぶつ基金様、ご寄付いただいた皆様ありがとうございます。

10月1回目のTNR。TNR当日はまたまた台風が近畿を通過するタイミングでした・・・。それでも前日は曇りで捕獲はしやすい日和。今回はある程度どの仔にするか目星を付けていたもののうまくいくかわかりませんでした。

まずは職場北側。第35回TNR活動(2016/7/13)でTNRしたハチワレくんの兄弟と思われる2頭。これまでに数回ですがグレーキジトラとシャム系を確認していました。お昼休憩の時に捕獲器を3台セット。ハチワレくんも捕まってしまうかもしれませんがそこは仕方なし。

仕事が終わって17時過ぎに行ってみるとあの独特の『ナァーォ』という声が。3台中2台に捕まえたかった2頭が入っててくれました。

20161004_171208.jpg
[続きを読む...]

テーマ:動物保護
ジャンル:福祉・ボランティア
2016年09月22日 (木) | 編集 |
私たちは公益財団法人どうぶつ基金が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回泉南市のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から1頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。

banner.jpg



2016年9月21日(水)に第38回TNR活動を行いました。今回は9月分チケットの残り1枚分。TNRできる日がこの日のみだったので捕獲は絶対でした。

TNR前日より捕獲開始。前回は小雨で天気が悪い中捕獲が難航しましたが今回は台風がドンピシャ・・・。しかし夕方前までは結構雨が降っていましたが夕方以降はほとんど降らず。まずは職場北側へ行きましたが雨は降ってないけど風がすごい。ここで今年の春先に生まれたであろう生後半年前後の仔を数頭見かけていたので来年の発情期までになんとか全頭済ませたい。

捕獲器を1台設置し30分ほどで現場へ戻る。捕獲器設置時はまだ明るかったけどたった30分で日が落ちて真っ暗に。懐中電灯を照らすと3頭分の目が。そのうち1頭は第35回TNR活動(2016/7/13)でTNRしたハチワレくんでした。30メートルほどの距離でも近づくと逃げていくので警戒心はしっかり持ってるよう。捕獲器を見てみると仕掛けの引っ掛かりが悪かったらしくご飯を全部食べられて捕獲失敗・・・。もう一度設置して数時間放置することに。

職場北側を離れいつもの中心部へ。天気も悪いのでB地点のサビ2頭は今回見送り。何度かの下見で未TNRの仔がいるのを確認していたので向うとTNR済みのゴージャスなグレーの長毛の仔がスリスリと。去年から見かける仔ですが私がTNRした仔ではないのでどなたかがしてくれたんだろうなぁ。嬉しい。この仔が寄ってきてくれると他の仔も徐々に近づいてくれるので助かります。

ここでは第22回TNR活動(2015/11/11)でTNRしたグレーシロのハチワレちゃんがおり、その兄弟と思われる仔とキジトラが未TNRなのでどちらかをと思っていると少し離れたところにグレーシロの姿が。ただTNR済みの仔かまだの仔がわからず。

近づいてきてくれたらと待っているとキジトラの姿が。近づくと少し警戒しているように見えましたが私が仲良くしたい雰囲気を醸し出すと途端に甘えた声で寄ってきてくれました。設置していた捕獲器に誘導するとおなかが空いていたのかスルスルと捕獲器へ。

20160921_082905.jpg

ビックリ顔が可愛い。ていうか美人さんだなぁ。顔も毛並みも綺麗。

目標の1頭が捕獲できたので職場北側の捕獲器を回収しに。もし未TNRの仔が入っていたら自費でTNRする予定でしたが入っておらず。捕獲活動は無事終了しました。

翌日ありす動物病院に10時前に到着。2時間ほどで完了の連絡があり引き取りに。

20160921_160223.jpg

『この仔手術済みでした』

ガーンΣΣ(゚Д゚lll)!!!そんな!!!

耳先Vカットなし、首輪も直近までしていたような跡もなし。可能性としては
・家猫だったのが家出か捨てられたかで野良猫に
・以前にも耳先Vカットなしで手術済みの仔の情報があるのでこの仔もそうかも
・飼い主のいる半外猫
でしょうか。

こればっかりは現状ではわかりませんがとりあえず耳先Vカットとレボリューションをしてもらいました。しかし可哀想なことをしてしまった。オスなら外見から確認できますがメスは開腹しなければわからないので耳先Vカットは必須だなと実感。

意識もハッキリしていたので夕方にリリース。足取りはしっかりしていましたが夜様子を見に行くも会えず。また他の術後経過組とともに様子を見ていきます。

これで9月のTNR活動は終了。10月はチケットをどれだけ発行していただけるか現時点ではわかっていませんが申請した数だけいただけたとしたら3回か4回は行く必要があるので体調と時間とお金に余裕を持って行動したいと思います。


テーマ:動物保護
ジャンル:福祉・ボランティア
2016年09月18日 (日) | 編集 |
私たちは公益財団法人どうぶつ基金が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回泉南市のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から1頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。

banner.jpg



2016年9月14日(水)に第37回TNR活動を行いました。9月分の無料不妊手術チケットは残り2枚。前回2時間弱で5頭捕獲できたこともあり今回もサクサク♪と余裕をぶっこいて活動開始。

まずは前回4頭捕獲したB地点へ。サビが2頭いるのでできれば今年妊娠するまでTNRしたいところ。前回のシロクロ・チャトラ兄弟の母猫のサビは警戒心強め。もう1頭のサビ2は手を伸ばせば触れる距離まで近づいてくれるけど触れない。今回はサビ2が捕獲器の中頃まで入ってくれたものの捕獲には至らず。心配していた雨もパラパラと降ったり止んだり。うまくいかず徐々に捕獲器に慣れさせていく為に今回サビ2は断念。次回大きい捕獲器でチャレンジすることにしました。

TNR済み組やサビ達にご飯をあげているとキジシロが現れました。この仔は私が2ヶ月前に捕獲したくてできなかった妊娠中期~後期の仔・・・なのか確信が持てず。ただご飯に貪欲でガツガツきてたのでとりあえず捕獲を。いつものごとくTNR済み組と離しながら捕獲成功。

20160914_114822.jpg

ブレブレですが。捕獲前からB地点の他の仔達を威嚇していたのと術後経過で数回見に来た時も見かけたことがなかったのでたまたま通っただけなのかも。メスなのでおっぱいを見ましたが乳首の周りははげているものの直近で授乳中ではないと判断しTNRすることにしました。

1時間かかることなくキジシロは捕獲できましたがその後小雨が止むことなく続け始めました。残りはあと1頭。姿さえ見つければ捕獲はそこまで大変じゃないだろうと挑んだものの雨のせいか猫の姿を見かけることなくその後は2時間ほど捜索しましたが断念。

TNR当日、雨は止み曇りの天気。タイムリミットの11時ギリギリまで探してみようと9時前から2時間ほど頑張りましたが見つからず・・・1頭のみで出発となりました。残りチケット1頭分はまた次回・・・こういう時交通費がもったいないのでもうちょっと頑張っとけばよかった。

12時前にありす動物病院さんに到着。必要であればコンベニアをとお願いし終わるまで時間つぶし。1時間半ほどで電話があり引取りに。

20160914_145446.jpg

メスで妊娠なし。授乳も最近している感じはないそうなので安心。地元へ帰り日が暮れてからリリース。しっかりと走っていきました。

これにはこの日のTNR活動は終了となりました。

残りの1頭は次週予定。1頭ではもったいない気がするので可能であればもう1頭捕獲できたらチケットなしでTNRしようと思います。しかし次週は台風。しかもTNR予定日に近畿地方を直撃するかもしれなく1頭捕獲ももしかしたら難しいかも。前日昼ぐらいから職場周辺の目ぼしいところに捕獲器を設置して早めの捕獲に挑みます。


テーマ:動物保護
ジャンル:福祉・ボランティア
2016年09月13日 (火) | 編集 |
私たちは公益財団法人どうぶつ基金が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回泉南市のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から5頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。

banner.jpg



2016年9月7日(水)に第36回TNR活動を行いました。

9月分でいただいた無料不妊手術チケットは計7枚。この日は4~5頭の捕獲を予定していました。手術前日夜より捕獲開始。

第33回TNR活動(6/22)で確認した仔猫の母猫のサビや他の仔がいないかとB地点へ行くと何頭かのTNR済みの仔とサビ2頭、キジシロの仔猫1頭、あと5頭はいるらしい兄弟のうち私が確認していた仔猫2頭がいました。

20160621_200533.jpg

上記の画像は6月21日時点。この時で推定生後1ヶ月~40日ぐらいなので今で3ヵ月半~4ヵ月ぐらい。にしては小さくて体重が心配でしたがTNRはできる年齢。ただこの仔達を見て今回はTNRよりもコンベニアを打たせたいから捕まえたいになり捕獲開始。

20160906_201656.jpg

捕獲器を持っていくと仔猫3頭が興味津々に寄ってきました。触れる距離に近づくと逃げますが警戒心は弱め。仔猫だから仕方ないですが本当に心配です。

仔猫3頭のうちの兄弟のシロクロとチャシロは猫風邪気味で瞬膜も出て顔も汚れていました。別の仔猫は綺麗ですが来年明けには子供を作れる年齢になりそうなので3頭とも捕獲したい。しかし1頭目の捕獲器の扉が閉まる音を聞いたら警戒して2頭目以降無理そう。1頭ずつ引き離して捕獲したくても3頭とも寄ってくるし。四苦八苦しながらもうまいこと抱っこしてシロクロを捕獲。捕獲器に入れても鳴かないでいてくれたのでその後のチャトラもキジシロも捕獲できました。

キジシロを車に運んでいる時に何かの気配。常に私から数メートル離れたところにおりその距離を保ったまま私の跡をつける姿が。何気に近づくとその分離れる警戒心。しっかりと姿は見えませんでしたがたぶんTNRはまだの初めましての仔。捕獲器を車に載せたり荷物を探す振りをしながらそのストーカーを見て私は思った。この仔、すぐ捕獲できる、と。

車の後ろに捕獲器を設置しB地点に置いてある荷物を取って戻ること3分。やっぱり捕獲器に入ってました。成猫のキジトラで耳先カットも首輪もないので一緒に連れていくことに。

20160907_075914.jpg

粘ればB地点でもう1頭いけそうでしたが今回はどうしても連れていきたい仔がいたのでその仔のいる中心部へ。その仔は第35回TNR活動(7/13)でTNRしたシロクロ3ちゃんと同じ場所にいるキジシロ。シロクロ3ちゃんの術後経過を見に行っている時に一緒にご飯をあげたりしていたんですが猫風邪のせいかご飯をほとんど食べずガリガリ。声もかすれていてとにかく弱ってる。この仔もコンベニアを打たせたくて次のTNR時には絶対に連れていこうと決めていました。

現場へ行くとシロクロ3ちゃんやサビ、そしてキジシロが寄ってきました。ここはたぶん餌やりさんが毎日ご飯をあげているようで特定の猫が一定数がおりある程度人馴れした仔も多い。捕獲器での捕獲も考えましたがキジシロは人懐こいしご飯を食べないので抱っこでの捕獲に。抱っこする為に撫でたりしていたんですが、ガリッガリに痩せている。背骨も薄皮一枚越し、でもそれよりもお尻の骨がくっきりと浮き出ていて本当に脂肪がほとんどない感じでした。以前からちゅーるは食べていたのでちゅーるを与えて程なく抱っこして捕獲。

20160907_075942.jpg

目や鼻は綺麗だけど臭いがひどく本人もとても不快そう。前足もとても汚れていて粘度と濃度の濃いベージュのヨダレも垂らしていました。その原因は術後わかることに。

予定数の5頭に達したので捕獲活動は終了。この日は2時間弱で終われました。

翌日8時半頃出発。堺で一度高速を降りると前の車に見覚えが。Mさんでした(笑)。Mさんもありす動物病院に向うところだったようでお互いドンピシャの時間に高速に乗ったみたい。TNRするから一緒に連れていくよと連絡しておいたらよかった。申し訳ない。

9時半頃に到着しお預け。兄弟仔猫2頭と成猫のキジシロにコンベニアをお願いし夕方までネットカフェへ。まだまだ日が落ちるまではエンジンを切った車で待機させるには暑いので夕方まで病院にいてもらってます。

4時過ぎに病院へ。オス4頭、メス1頭で全頭問題なく手術も終了。

20160907_180538.jpg
20160907_180342.jpg

心配だった成猫のキジシロくんですがひどい歯肉炎だったようで前歯と上下の犬歯を残して奥歯等は全て抜歯となりました。口の中がボコボコだったそう。あのひどい臭いも食欲のなさも全てこれが原因。口の中が痛くて固形物を口に入れることすらできず、だからちゅーるしか食べなかった。前足の汚れも顔を洗ったり口元を気にして触ったりするから汚れていたんですね。先生の話だとコンベニアとステロイド注射が有効とのこと。もしコンベニアで改善が見られなかったらステロイド注射をさせることにしました。画像、よく見たら下の口が全体的に腫れてますね。

ていうか何やってんだろう私。固形物を食べない、ひどい臭い、粘度と濃度の濃いヨダレ、前足の汚れ。これだけの情報があれば歯肉炎、口内炎だとわかるだろうに。うちも歯肉炎の仔いるし。捕獲までにこの仔には4、5回は会っていてその時点ではひどい臭いは感じず固形物を食べないという情報だけだったけどよく考えたらわかるやん。

食欲ない=猫風邪という考えがこびり付いてしまっていました。しっかりと考えていれば捕獲までの数回のご飯を全てスープやペースト状のものを与えてここまで痩せさせなくて済んでいただろうに。申し訳なさ過ぎて。これからはもっと猫達のことを観察して行動していかねば。

地元に戻り夜のリリースまでの数時間はご飯を与えて車で待機。成猫のキジシロくんにはペースト状の介護食を与えました。違和感があるだろうけど1袋を早々に食べ2袋目に。おなかすいてたよね、ごめんよ。

捕獲後からほぼ24時間後に全頭リリース。翌日雨の予報だったので悩みましたが降ってないうちにリリースしました。その後捕獲器等の洗浄をしてTNR活動は終了しました。



TNRの翌日の夜、様子を見にそれぞれの場所へ。

1日目は仔猫3頭のうちチャトラくんとキジシロくんを確認。シロクロくんは現れず。この日の朝は結構な雨が降ったのでTNR当日にリリースしたのを後悔しましたが2日目には3頭とも姿を確認できました。

20160909_200946.jpg

下の画像は3日目の様子。コンベニアが効いてきているようで目も開いてきて顔の汚れもなくなってました。完治してくれればいいんですが。あとこの仔達を保護し里親募集も検討していますがどうしても踏ん切りが付かず。いつもの悩むならやれよ精神はそろそろ限界で。保護活動されている方はみなさん同じ悩みだと思いますが、確実に里親見つかるならそれまで保護することは全然かまわない。ただ里親が見つからなかった時は自分んちの仔にしなければならず。私ももうキャパがいっぱいで尚且つ保護しようか迷っている別の仔もいる状態。しばらく悩みたいと思います。

20160910_201016.jpg

お次は成猫のキジシロくんと一緒にいるシロクロ3ちゃん。顔の傷は完治!

20160906_214203.jpg

そして今も細身とはいえガリッガリの域は脱しほぼ健康体。毛並みもサラサラでめちゃくちゃ綺麗です。そしてかなり懐いてくれてる。でも私がその場を去る時顔を見ながら離れると一緒についてくるけど背を向けて歩くとついてこずその場でお座り。2、30メートル離れて振り返るとまだこっちを見つめています。連れていけないことをわかっているんだと思います。この仔も保護したい。でも今は無理なんだよ。どうしたらいいんだろうな。

20160907_205551.jpg

そしてキジシロくん。術後1日目にペースト状のウェットフードを持参。行くとかすれた声を出しながら近寄ってきてくれました。ご飯をあげると2、3口ごとに首をかしげ食べにくそうにしながらも食べ・・・途中からは隣りのシロクロ3ちゃん用のドライフードを食べ始めました。お口の中の痛みがマシになりウェットだけだと逆に食べ辛かったのかな。ドライをウェットに混ぜてあげるとガツガツバクバク。用意したのがなくなりそうになって慌てて追加。とにかくすごい食欲でした。それを見て嬉しい反面悲しいのと後悔とでない交ぜ。目の前にご飯があるのに食べたくても食べれなかったであろう日々を思うと申し訳なくて。ここにはとりあえず餌やりさんがいるみたいですがもう少しふっくらするまでは栄養のあるものを食べさせたいと思います。

20160908_212804.jpg

この記事をアップする本日で術後6日。5日目まではオス4頭は確認済みですがメスのキジトラははっきりとは確認できていません。術後1日目にその仔っぽい姿を見かけたんですが確証がなく。そもそも捕獲した時もたまたま通ったところを捕獲したのかもしれないので本来の住み処は遠いところかも。できるだけ捕獲した時間帯に注意深く周りを伺ってみようと思います。

昨日(9/12)の夜は強い雨だったので心配ですが今まで生きてきた野良ちゃん達なので大丈夫であってほしい。またしばらくの間は様子を伺う予定です。


テーマ:動物保護
ジャンル:福祉・ボランティア
2016年08月08日 (月) | 編集 |
私たちは公益財団法人どうぶつ基金が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回泉南市のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から2頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。

banner.jpg



2016年7月13日(水)に第35回TNR活動を行いました。

前日夜8時頃から捕獲開始。今回はB地点を覗かず中心部へ。まずはずっと相手にされていないシロクロを今回も挑戦することに。・・・無理!本当に捕獲器に入りません。というかやっぱりご飯にがっつくことがないので空腹の時を狙うしかないけど時間帯もわからず。

捕獲器を置いて様子を見るもすぐにどこかへ消えていきました。と思ったら別のシロクロ2の姿が。もしかしたらこの2ヶ月の間に見ていたシロクロはシロクロ1だったのかシロクロ2だったのか、はたまた交互に見ていたのか。暗いし写真も撮れていなかったのでわかりませんでした。しかしこれでこの場所にはシロクロは最低でも2頭いることがわかりました。

今回もこの場は無理かなと捕獲器を置いたまま周辺を歩くとすぐ近くにまた別のシロネコ3が。見るととても痩せている。しかも左目から膿が出ていてひどい状態でした。近づいた分だけゆっくりと逃げ1メートルぐらいの距離を取られる。

ご飯を近くに投げたりその場で見つめていると近づいてきて手や足にスリスリしてくれました。しかし口元にご飯を差し出すも軽く匂いを嗅ぐだけで食べず。別のご飯にしても食べず。風邪で鼻が利いていないのかなと思いましたがとにかく痩せていて歩き方もフラフラ。

この仔は体調次第で手術できなくてもコンベニアだけでもさせなくてはと急いで捕獲器を取りに行きいざ挑戦。しかしご飯に全く興味を示さないので猫自身に入ってもらうことはできず。咬まれる覚悟でタオルをかぶせて抱き上げるも抵抗せず。抵抗する体力もないじゃないかというぐらい軽かった。

20160713_091733.jpg

うーん、左目はひどいけど右目は綺麗で鼻もグジュグジュしてる様子もなく。風邪や結膜炎がひどくなったのかと思ってたんですが。コンベニアで改善してくれるのを祈るばかりです。

その後は周辺を捜索・捕獲に挑むも一向に捕まえることが出来ず。食欲のあるクロネコもいましたがうまいこと捕獲器の前のご飯にだけ手をつけて颯爽と去っていきました。この時点で深夜0時過ぎ。7月はチケットを3枚いただき残り2枚。今回はシロクロ3のみで行くかなぁと悩みましたがあとちょっと頑張ろうと職場まで足を延ばしました。

職場周辺はいないので職場北側へ。深夜0時過ぎは猫達にとってはお昼のようなものらしくで普段見かけない猫が数頭集会をしていました。その中にはノミ取り首輪をしている長毛の猫も・・・。完全室内飼いでお願いします!

私の姿を見てシャーと威嚇する仔が。たぶん第32回TNR活動の時に捕獲したものの授乳中かもとリリースした仔ではないかな。あれから1ヶ月は経ってるからまた捕獲器に入っていただきたいものですが今回は警戒して入らず。

ご飯の匂いにつられて他にも数頭の猫が。興味津々に捕獲器に近づいて匂いを嗅いでました。2、3頭が捕獲器にちょっかいを出したりして中に入らず扉が作動しそうになり何度か調整しつつウトウトしながら待っているとやっと1頭入ってくれました。

20160713_021804.jpg
20160713_091801.jpg

か、か、か、可愛いー!ハチワレです。ぶちゃいくと言われる風貌の仔でも私にとっては猫ならどの仔も可愛いですがこの仔は私の好みというか。まだ生後3~4ヶ月ぐらい。でも痩せてる感じはないのでちゃんと食べれてるのかな。

無事残りチケット分の頭数を捕獲完了。終了し家に帰ったのは2時15分。長かった。お風呂に入りすぐに就寝。

手術当日は9時半頃に出発。特に混雑もなく10時半にはありす動物病院へ到着。シロクロ3にコンベニアをお願いし久しぶりに漫画喫茶へ。引き取り完了の電話は12時過ぎにいただきましたがパック時間までゆっくり過ごして15時半に引き取りに。

20160713_164811.jpg

シロクロ3はメス、ハチワレはオスでした。ハチワレは特に問題なし。シロクロ3は風邪や結膜炎ではありませんでした。左目の下に何かを刺されたもしくは刺さったかでぽっかりと穴が空き膿んでいたとのこと。咬まれたんであれば傷口は2個あるはずだから喧嘩で爪で引っかかれたのかもしれない。私にすぐに寄ってきてくれたことを考えると人に何か刺された可能性は低いんじゃないかなぁ、というか人にされたと思いたくないなぁ。

左目を覆うぐらい傷口から膿が溢れてしまっていたそうです。傷口を洗浄し薬を詰めてもらったらしっかりと左目が開きました!白濁してる感じは元からなのか治るのかは経過次第です。あとはとにかく元気がないとのこと。怪我のせいで食欲もなく食べれていなかったからだとは思いますが。

病院を出て地元へ着いたのは16時半。まずはハチワレくんのリリース。術後4時間以上経過しており様子を見ると捕獲器内でも元気にしているのでリリースしてみることに。もし出なかったら再度夜にと思いましたが扉を開けた瞬間100メートルぐらい一気にダッシュして逃げていきました。もし前回のキジサバトラ的な感じになったら迷わず保護しちゃうところでしたが嫌われてしまったよう。

遠めで仲間らしき猫と合流したのを見届けてシロクロ3ちゃんの捕獲場所へ。ちょっと心配だったんですが麻酔はしっかり覚めておりリリース。足取りは相変わらず力ない感じですが両目が見えている分捕獲時よりは元気に見えました。

シロクロ3ちゃんに関しては術後数回様子を見れているので8月中に術後経過の記事をアップする予定です。

これで今回のTNR活動は終了です。7月は暑すぎてチケットも3枚しか申請せず。8月は私も猫も辛いと思うので申請しませんでした。急遽TNRが必要な仔が現れない限りは8月はTNR活動はお休み。9月のチケットは申請済みなのでいただければまた頑張ります。


テーマ:動物保護
ジャンル:福祉・ボランティア
2016年07月29日 (金) | 編集 |
私たちは公益財団法人どうぶつ基金が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回泉南市のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から1頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。

banner.jpg



2016年7月6日(水)に第34回TNR活動を行いました。

7月に入りますます暑くなってきたので前日夜に捕獲して車で一晩待機はしんどいかなぁと思い当日朝からの捕獲にしました。しかしこれが大失敗。朝4時半から開始したもののすでにムワッとくる暑さ。それに加えて寝不足でかなりやる気が出ませんでした。

前回出会った仔猫連れのサビネコさん。前は仔猫は2頭しか確認できませんでしたが今回新たにもう1頭を確認。残り2頭は姿を見せず。この日はサビネコさんはおなかいっぱいなのかご飯を差し出すも一口も食べず。仔猫もまだ小さめなのでまた次回以降に。
次はずっと挑んでは失敗しているシロクロさんのところへ。失敗というか相手にされていないというか。ここは2ヶ月ぐらい前から数回通ってちょくちょく別の仔をTNRできているんですがこのシロクロさんはうまくいかず。捕獲器も怪しんで手前までしか来てくれません。

現場に行くとシロクロさんの姿が。目が合っただけでトトトと手の届かないところへ。捕獲器を設置するも近寄らず。少し周辺をうろうろして戻ると今まで全く見たこともない仔猫が捕獲器の周辺のご飯をムッシャムッシャ食べている姿が。キジトラとサバトラの中間?どっちつかずな感じの毛色です。近づいても逃げず、新しいご飯を差し出すとバクバクモグモグ。警戒心のかけらもなく撫でさせてくれ抱っこもOK!周辺を見ても同じ年頃の仔猫はおらず。痩せ気味でしたがTNR可能なサイズだったので連れていくことに。抱っこして直接捕獲器へ。

20160706_050006.jpg

推定生後4~5ヶ月ぐらい。歯もまだ乳歯のままです。

20160706_070512.jpg

捕獲器の中で出して~と訴えかけてきます。かなり人懐こい。もしかしたら少し前までは人の元で暮らしてたのかも。

結局その後は暑さとだるさで続けられずキジトラのみ。今回もMさんにありす動物病院に連れていってもらうことに。Mさんありがとうございます。

念の為にコンベニアを打ってもらって手術は問題なく済みお昼過ぎには私の元へ。オスっ仔で術後3時間は経過しており見る限り麻酔も覚めていそうなので14時頃に一旦リリースしてみることに。

20160706_124634.jpg

バーーーーン!

20160706_140855.jpg

これ、ほんとに捕獲器から出した直後なんですがいきなり目の前でグデーンと寝転がり伸びたり転がったり。心配ながらもその場を離れようとすると足にまとわりついて離れず。ただ歩道から車道に行くと足を止めこちらに向かって鳴いたりその場をうろうろしたり。車道は怖いということを知ってるんですね。

この人懐こさは野良猫としては利点でもあり欠点でもあるのでかなり心配。一向に草むらの方へ行く気配もなく・・・。覚悟を決めて里親を探す為に連れて帰ろうとしたところでいつものシロクロさんが。もしかしたら仲が良くて付いていくかもと思い離そうとしたタイミングで学生の下校時刻とかぶってしまいました。歩道をブンブンちゃりんこで通るし、この人懐こさで確実に誰かがかまってくれるけど連れて帰ってくれることもないだろうし。とりあえず一旦自宅へ連れて帰り夜にもう一度リリースすることに。

自宅へ帰りケージにトイレやら寝床やらを用意していたらあっという間に夜に。その頃にはもう一度リリースしに行く気も体力もなくなってしまい結局うちでいてもらうことになりました。この仔のその後はまた別の記事にて。

今回のTNRはこれにて終了です。


テーマ:動物保護
ジャンル:福祉・ボランティア
2016年07月17日 (日) | 編集 |
私たちは公益財団法人どうぶつ基金が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回泉南市のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から2頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。

banner.jpg



2016年6月22日(水)に第33回TNR活動を行いました。

6月分のチケットは残り2枚。最低でも2頭捕獲し緊急の仔がいたら追加の予定で捕獲開始。

実は前の週にもTNRを予定しており捕獲に挑んだんですが、以前から妊娠しているサバトラシロの仔をあと一歩のところで捕獲し損ねて凹んでしまい断念しました。今回こそと思ったんですが姿を現さず。記事を書いている今日の時点ではもう出産してそうです。

そして今回同じ場所でとうとう見つけてしまいました。生後1ヶ月~40日ぐらいと思われる仔猫。この時は2頭しか確認できませんでしたが実際は5頭いるそう。母猫のサビは近寄ってきてくれるんですが捕獲器の中までは入ってくれず。まだ仔猫も小さいし今回は粘らず諦めました。

20160621_200533.jpg

次は中心部へ。以前から見かけているシロクロのメスですがこちらも捕獲器の中までは入らずに周辺をうろうろ。捕獲器前のご飯にもあまり興味を示さないので私が来る前にご飯を食べているよう。と思っていると近くの茂みにクロネコの姿が。見ると茂みには大量のキャットフードが。毎日置かれているわけではなさそうですが特定の猫達がいるので定期的にご飯をくれる人がいるんだろうと予想。

見る限りTNRはまだしていないようなので近くに捕獲器を設置。キャットフードを食べているので無理かなと思いましたが入ってくれました。車に載せていると次はサビちゃんが。同じ流れでこの仔も捕獲完了。

20160621_213348.jpg

2頭とも確認しましたがたぶん授乳中ではなさそう。首輪等のチェックもしTNRすることに。今回もMさんにお願いし翌日ありす動物病院へ。サビちゃんは目が白濁しておりこれは幼少期からのだろうなとは思いつつコンベニアをお願いしました。

夕方Mさんから2頭を引き取り。サビちゃんは妊娠しており堕胎となりました。結構細身だったから初期だったのかな。コンベニアをお願いしてて良かった。クロネコもメスで授乳中では1ヶ月以上経過してるのではとのこと。やっぱりおっぱいだけでの判断は難しいなぁ。

20160622_180042.jpg

これで6月のTNR活動は終了。現在保護猫というか家猫が増えたり仕事が忙しかったりとてんやわんやですがなんとか頑張っていきたいです。


テーマ:動物保護
ジャンル:福祉・ボランティア
2016年07月10日 (日) | 編集 |
私たちは公益財団法人どうぶつ基金が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回泉南市のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から5頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。

banner.jpg



2016年6月8日(水)に第32回TNR活動を行いました。

6月はどうぶつ基金様よりチケットを7枚いただきました。今回は4頭予定。いつものようにTNR前日からの捕獲。この日は生憎の雨模様。少し前なら雨は降らんといて!と天気予報を見て祈っていましたが最近は小雨がいいなと。雨が降ってると人通りが少なくて少し楽な気持ちでTNRできるからです。

今日もB地点から。妊娠してるかな?という仔を以前から見かけていたのでその仔を探しにきたのですが見つからず。シロブチがいたのでその仔を捕獲することに。2週間ほど前に下見に行った時に初めて会った仔ですがその時は姉妹と思われるサビと一緒にこちらに近寄ってきたんですが今回は警戒モード。フードをかぶっていたのが悪かったのかそれともこの2週間の間に人に何か嫌なことでもされたのか。見る限り怪我や足を引きずっているような様子はないけど。

ひと回り大きい捕獲器で挑戦。何度も少しだけ入っては出てを繰り返しましたがなんとか捕獲。捕獲後も大きな声で鳴いていました。

20160607_190049.jpg

サビの姿が見当たらず他に未TNRの仔も出てこず。雨だからかな。雨も良し悪しです。B地点をあとにし中心部へ。少し前から数回姿を見かけていたと思われるシロネコが。ほとんど出てこないので同一の仔かわかりませんが通りすがりの方にご飯をもらっていた仔。この仔も捕獲器で捕獲。

20160607_193407.jpg

その後は第30回TNR活動で目の前で交尾を始めたオスの元へ。この仔もすぐに捕獲器へ入ってくれました。

20160607_194912.jpg

実はTNRした時はあのオスだと思っていてリリースする時に改めて見たら違う仔でした。と思ってたら今回この記事を書く際に写真を見返してみるとやっぱりあのオスでした。

20160518_093921.jpg

下にある画像と見比べると顔の柄で同一だとはわかるのですが、上の画像は5月18日撮影、そして今回6月7日。20日しか経ってないんですがずいぶん痩せてしまってる?それとも夏毛に生え変わったりで毛が少なくなったのか。ヨタヨタと弱い足取りではなかったのでただの毛の生え変わりで見た目が変わったと信じたい。また同じ時間帯に見に行く予定です。

その後Mさん組を2頭連れていくので引き取りに。その前に職場に仕掛けていた捕獲器を見に行くと1頭が。しかし乳首が少し長めで授乳中?の為リリース。引き取り後もう一度見に行くとまた別の仔が捕獲器に。その仔も同じような乳首だったのでリリース。

もう一度中心部へ。通りすがりの人や定期的にご飯をあげる人がおり朝も昼も特定の猫がいる場所。TNR済みの仔をご飯で散らしながらキジトラを捕獲。この仔は慌ててて写真を撮り忘れました。

なぜ慌ててたかというと2ヶ月以上前からTNRしてコンベニアを打たせたかった仔を見つけたからです。その仔はチャトラのオスでこれまでにも何度か捕獲しようと思ったんですが風邪のせいかご飯にもあまり反応してくれず。微妙に触れるか触れないかという距離まで近づくと離れる感じでした。

キジトラを車に載せてもう一度行くも姿はなく探し回っていると雨に打たれながらコンクリートに横たわっていました。雨だし捕獲器に入ってくれるような状況でもなくたぶん今捕まえないと死んでしまうと本気で思い、抵抗されて最悪咬まれてもいいからタオルに包んで捕獲器に入れることにしました。

抵抗らしい抵抗もせず大人しく捕まってくれ無事捕獲器へ。

20160607_224713.jpg

わかりにくいですが鼻づまりもひどく特に目は目ヤニや膿でドロドロ。苦節数ヶ月・・・長かった。

予定数より1頭増えましたがTNR前日に捕獲終了。

20160608_094304.jpg
20160608_083842.jpg

7頭とも車で一夜を過ごしてもらい翌日ありす動物病院へ。10時頃に到着。もし全頭オスだとしても結構時間がかかるだろうと思いネットカフェで待つことに。猫達を引き渡してから40分ぐらいしてからありす動物病院より電話が。『白い女の子ですが麻酔後も呼吸が荒いのでもしかしたらもしかするかもと思って下さい』と。

数十分後に再度着信。やはり駄目だったと。術後は落ち着いたそうですがしばらくして亡くなってしまいました。私ははじめは麻酔アレルギーかと思っていたのですが先生の見解では『横隔膜ヘルニア』ではないかと。本来麻酔をすると呼吸は穏やかになるはずがこの仔はならず。

私は『横隔膜ヘルニア』がどういったものか知りませんでした。『ヘルニア』と聞くと腰痛しか思い浮かびませんでした。調べると『ヘルニア』とは『体内の臓器があるべき部位から逸脱した状態』をいい、『横隔膜ヘルニア』とは『お腹と胸を分けている横隔膜という薄い膜に穴があいている病気で、この穴から小腸・大腸・胃・脾臓・肝臓などが胸に入り込み肺を圧迫するために呼吸困難が発生する』病気。生まれつきの先天性と交通事故や衝撃なので起こる後天性がある。

肺が圧迫されていた為麻酔をかけても呼吸が穏やかにならず、開腹したことによりさらに臓器が杯を圧迫したのではないかと。もちろん別の疾患の可能性もあるが症状から考えるとこの判断になったそうです。

そう言われれば思い当たる点が1つありました。病院に行く前にみんなの様子を見たんですがこの仔だけ瞳孔が開いていて呼吸が早く、興奮したような感じだったので車のバックドアを開けたのに驚いたのかと思っていたんですが実はこれが原因だったんだなと。

引き取りの際に先生いわく卵巣もおかしいところがあったからもし妊娠してたらそれはそれで辛い状態になってたかもと言っていただきましたが、彼女の死期を早めてしまったのは間違いなく私がTNRしたから。もしこの仔の呼吸が早く異常なことに以前から気付いていたとしても治療してあげられる経済状況ではなかったですが、わかっていたらTNRしなかったり何か策を考えたりできたのかなと。

真っ白で小柄で可愛い顔の仔でした。本当にごめんね。

20160608_083806.jpg

私が主にTNRしている所は野良猫達の無法地帯で個体ごとに長期に観察することは難しく、人手・時間の確保が一番のネックですが今後別の方法を取っていけないか考えていきます。

シロネコちゃんの電話以降は引き取りの電話のみで少し安心。シロネコちゃんは段ボールに入れていただいていて丸まっていました。泉南市では亡くなってしまった仔は火葬場へ連れていってくれますが今回のシロネコちゃんはありす動物病院さんが懇意にされている寺院で引き取ってくれるとおっしゃっていただきお言葉に甘えました。号泣してご迷惑をおかけしたうえにこれ以上にない弔いです。ありす動物病院さん、本当にありがとうございます。

風邪気味のチャトラくんにはコンベニアと以前から尻尾の根元がひどいスタッドテイルのような疥癬のような状態だったので診ていただいてアドボケートという駆虫薬を投与してくれました。お顔も綺麗に拭いてくれてます。これで良くなってくれればいいんですが。

他の仔達は特に問題がなく引き取り帰路へ。高速に乗って帰っている間もシロネコちゃんのことが頭をグルグル回っていて泣いていたんですがふと他の4頭のことを思い出すと・・・なんか車に載せた捕獲器の数が少ないような・・・。慌ててありす動物病院に電話するも話中。切ってまたすぐかけると『すみません、○○ですが』と名乗ると同時に『○○さーん!猫ちゃん1頭忘れてるーっ!!』と。さっきちょうどお互いその電話をかけて話中になってしまったようです。結局高速は1区間だけ乗って次の出口で降りるというもったいないことに。

忘れてしまっていた仔を引き取り再度確認して出発。

20160608_143845.jpg

Mさん組の2頭を引き渡してから地元に戻り夕方まではそのまま車で待機してもらいリリース。みんなふらつくこともなく戻っていきました。

今回メスを2頭捕獲したものの乳首が長めでもしかしたら授乳中かもしれない仔を結局TNRせずリリースしましたが今後は下記の画像や他の画像や話を元に判断していこうと思っています。左が授乳中ではない妊娠経験のあるメス。右が授乳開始から1ヶ月以内のメス。はじめは乳首の長さばかり気にしていましたが左のように授乳中でなくても結構な長さが。右の仔は乳首が長いだけじゃなく乳首の周辺、人間で例えると乳輪の場所が吸われて毛が生えていなかったりそこがふっくらとしている。そういった仔は授乳中の可能性が高いようなので捕獲後しっかり確認していこうと思います。

1466893247217.jpg

今回のTNRで私が凹むのは筋違いですが嬉しいこともありました。第30回TNR活動でTNRしたシャム系母猫の姿をTNRした場所で20日ぶりに見ることができました。もちろん仔猫は生きているかわからないし生きていてもまだ歩き回るような年齢でもないので確認はできません。その後も1度ほぼ同じ場所で目撃できたのでTNRした場所が生活しているテリトリー内の可能性が高くなりました。もし仔猫達が生きていたら1ヶ月もしないうちに目撃できるかもしれません。

20160607_182649.jpg


2016年06月05日 (日) | 編集 |
私たちは公益財団法人どうぶつ基金が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回泉南市のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から4頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。

banner.jpg



2016年5月25日(水)に第31回TNR活動を行いました。

日が暮れる時間が日に日に遅くなり、仕事終わりすぐの捕獲は結構目立つ感じに。とりあえず捕まえれていないサビーズが集まる駐車場へ行くも姿はなく。一旦帰宅して日が暮れてから捜索しようと自宅へ。家に入る前に自宅周辺の猫達の様子を見ている時にMさんから電話が。

今回は元々Mさん組の仔を一緒に連れていく予定だったんですがちょうど今その仔と一緒にいるとのこと。うちの仔達にご飯をあげてからMさん達のところへ。到着すると人懐こくめんこい仔達がお出迎えしてくれました。

そこで猫達にご飯をあげたり様子を見られている餌やりさんとMさんと猫談議。風邪をひいている仔が本当に多くてかなり憂鬱。ご飯は多いけど衛生面や健康面が心配な場所でした。お話をしながらも今回連れていく予定だったキジトラの長毛のメスを捕獲。元飼い猫らしくとても穏やかで人懐こい。キャリーケースに入ってからは時々切なげに鳴いていました。

私の5月分のチケットは残り4枚。私側での4頭の捕獲自体が大変そうなのと前回の情報不足による出産間もない母猫のTNR、そして無計画な捜索で足を痛めてしまっていたので今回はこちらの猫達をTNRさせてもらうことにしました。

さて残り3頭、こちらではそれぞれの猫達の健康状態や性格をある程度把握されている餌やりさんとMさんからどの仔にするか聞き捕獲開始。

まずは生後半年ほどとまさに妙齢のキジトラのメス。お母さんが警戒心が強いらしくこの仔も近くまでは寄ってくるものの手を伸ばすと逃げる。何度か挑戦し捕獲器に入ってくれました。

20160524_191025.jpg

可愛い・・・。まだ小柄ですが半年後にはしっかりとした成猫になっているんだろうなぁ。

お次は初めましての私でもお触りし放題のチャトラのオス。この仔もキジトラ長毛と同じく捕獲器ではなくキャリーケースへ。

あとはMさんのところで怪我しているオスを夜捕獲する予定なので3頭を預かり、夜または明日受け取るということで解散。生後3ヶ月にもなっていない仔猫も多く、今後こちらでもTNRしていきます。

解散して数時間、Mさんより『全頭こっちのん(私よりMさんの方が関わっている仔達)やから明日は私が連れていくよ』とLINEが。たしかに。もし逆の立場だったら私も同じように言ったので今回はお願いすることに。

結局怪我しているオスではなく別のオスを捕獲となり無事4頭を連れていくことが出来ました。

1465007520988.jpg

キジトラ長毛は初期の妊娠の為堕胎となり、全頭コンベニアを打って麻酔が覚めてからリリースしてもらいました。

今回は本当に助かりました。捕獲が難しいのもありますが歩き過ぎて足を痛めていたので捜索・捕獲がいつもより大変になっていたと思うので。年だし体重も落とさねば・・・。

次回6月分のチケットは7枚いただきました。今回のようにMさんと私で交互に病院へ走る予定。最近覗いていなかったB地点などで新しい仔も見かけるのでそこを中心に捕獲していく次第です。


テーマ:動物保護
ジャンル:福祉・ボランティア